2015

1

Jul

クルマの上手な買い方

オートキャンプに強いクルマを賢く選ぶ!「水辺」編

カンタンにまとめると!

  • レジャーの内容を絞って、デイキャンプを重ねてみるのがオススメ
  • 車高が高すぎない・ルーフの面積が広いなど、遊び方に合わせてクルマを選ぶ
  • オートキャンプで役立つオススメの3台、エクストレイル、ハイエース、ジェイド

【はじめてのオートキャンプ!】賢くクルマを選んで楽しむ方法~水辺編~

「はじめてのオートキャンプ」第二弾は、海や湖、川での遊び方。(関連記事:第一弾の山編はこちら)水遊びや釣り、マリンスポーツなど、アクティブな内容になることが多く、道中も山とは事情が異なりますので、求められるクルマも変わってきます。それでは、楽しみ方やクルマ選びのポイントを見ていきましょう。

デイキャンプから始めよう

デイキャンプから始めよう

水辺でのオートキャンプは、テント泊をする人は少なく、その分、宿泊施設が充実。デイキャンプで利用できる施設も多く、初心者にやさしい環境が整っています。唯一、初心者にとってネックとなるのは、道具がレンタルしにくいこと。海水浴やバーベキューから釣り、各種マリンスポーツと遊び方がさまざまで、道具も大がかりなものが多いため、レンタル用品だけで済ませることは難しいのです。

このため、テントを持ち込まなくても、意外と荷物が多くなってしまいがち。最初のうちは欲張らず、レジャーの内容を絞って、デイキャンプを重ねてみるのがオススメです。特に専門的な道具はキャンプ場の近くで買い足せるとは限りませんので不足なく用意するのはもちろん、壊れやすいものなどは予備も持って行くのがベターです。

遊び道具の用意以外で必要なことは、まず、水や泥汚れの対策。車内のフロアを汚さないためのレジャーシート、手や足をさっと洗い流すための水を入れたポリタンクなどがあると便利です。

次に、窓の日よけ。太陽の光を遮るものが少なく、気温も下がりにくい水辺は、クルマの中が異常な高温になることがあります。カーテンのないクルマは、サンシェードなどを準備しましょう。海に頻繁に訪れる場合は、レジャーの後の早めの洗車も大切。海風でクルマが錆びるリスクを軽減できるからです。

遊び方に合わせて変わるクルマ選び

遊び方に合わせて変わるクルマ選び

山よりは走りやすい道が多いため、クルマの選択肢は広め。例えば、湖畔のオートキャンプ場でロッジに泊まり、湖水浴やバーベキュー、花火を楽しむといったケースなら、セダンやスポーツカーだって可能です。

ただ、レジャーの内容や宿泊場所によって、ピッタリなクルマは大きく変わってきますので、どう楽しみたいのかをハッキリさせる必要があります。

 

《クルマ選びのポイント》

【1】車高が高すぎない

車高が高すぎない

荷物をたくさん積みたいキャンプでは、車高の高いクルマを選びがち。でも、強い横風に煽られるケースが多い海辺では、車高が高いほど影響を受けやすく、デメリットにもなります。

 

【2】ルーフの面積が広い

ルーフの面積が広い

カヌーやサーフボードのように、クルマの室内に収まらないものは、ルーフの上に積むのが基本。ルーフがある程度広く、平らなクルマがベストです。

 

【3】本革シートを避ける

本革シートを避ける

本革シートは座り心地で快適ですが、水に濡れるとカビなどの原因になるため不向きです。できれば、防水加工のものを選ぶと、後の手入れが簡単です。

 

【4】セキュリティ装備が充実している

セキュリティ装備が充実している

海や川に入る時、荷物をクルマに残すことになり、しかも、クルマに目が届かなくなります。そのため、車上荒らしや車両盗難に遭いやすくなってしまいますのが、セキュリティが充実したクルマなら、狙われにくくなります。 

【5】必要以上の電装品がない

必要以上の電装品がない

海水の塩分やシャワーの塩素はクルマの電装品にとって大敵。パワーウインドウのスイッチ等のように、直接触れる部分は特にその影響を受けます。必要以上の電装品がなく、簡素な作りの方が故障のリスクが軽減されます。

 

オススメの3台

汚れたってへっちゃら!

<日産 エクストレイル>

スバル・レガシィ アウトバック

荷室の広さ、走りの安定感も魅力ですが、一番の注目点は防水仕様のシート。子どもが泳いで、十分に体を拭かずに乗り込んだとしても、シートはサッと拭けば大丈夫。また、悪道も苦にしないため、スキューバダイビングなどの目的で未整備の道を走る人や、山のキャンプも楽しみたい人にも向いています。

日産 エクストレイル 2007年モデル

室内空間と視認性が魅力!

アクティブに使える室内空間と、運転しやすい視認性が魅力。また、サイズも使い勝手も良いラゲッジルームもよい。

20代/男性 所有者

エクストレイルの口コミ一覧へ

サーフボードや釣り竿が室内に!

<トヨタ ハイエース>

トヨタ ハイエース

天井が広く、ホルダーを備え付ければ、サーフボードや複数の釣り竿が室内に収納可能。サーフボードは屋根上の選択肢もありますが、室内なら高速走行時の風切り音が防げ、積み下ろしもカンタン。セキュリティ面の強化は必要ですが、商用車ゆえのシンプルな装備と丈夫さが水辺のレジャーには向いています。

トヨタ ハイエース 2005年モデル

揺れも少ないし素晴らしい!

車体の背が高くて視野が広くてバックも見やすく運転しやすい。揺れも少ないし素晴らしいです。そのため駐車時にも安心でき、安全性も高いです。

40代/男性 所有者

ハイエースの口コミ一覧へ

乗る、積む、走るのバランス良し!

<ホンダ ジェイド>

ホンダ ジェイド

アウトドアを想定するなら3列目シートを床下に収納して、4人乗りステーションワゴン、荷物を積まない街乗りなら、6人乗りのミニバンとして使えます。ドライビングポジションはセダン並に低く、走行性も抜群。低燃費のハイブリッド、力強さのガソリン、2種類のパワーユニットがあるのもポイントです。

ホンダ ジェイド 2015年モデル

ディーラーで見て一目ぼれ!

一か月前くらいに私の友人が勤めている県内のディーラーで見て一目ぼれして購入したのであります。見た目や性能がいいのにこの値段で販売できるのは素晴らしいことだと思います。

20代/男性 所有者

ジェイドの口コミ一覧へ