2015

11

Mar

クルマの上手な買い方

【新米パパママ必見!】小さな子供と快適に乗れるクルマ選びのコツ!

小さな子どもがいるファミリーにピッタリの車は?

ファミリーにピッタリ

子どもが小さいうちは荷物が多く、買い物や外食に出かけるだけでもお母さんは一苦労です。子どもを乗せるベビーカー、オムツ、お尻拭き、着替えはもちろん、長時間お出かけするならお腹が空いた時の為にミルクや哺乳瓶、離乳食も必要になります。

退屈しないようにオモチャも・・・となると、マザーズバッグがパンパンになってしまいますよね。そんな時に車があると便利なので、車の購入や買い替えを検討しているパパとママもいるのでは?でも、車によって装備などが違うので、どれにしようか迷ってしまうものです。小さな子どもと快適に乗れる車とはどんな車なのか、必要なポイントを確認していきましょう。

1番大切な安全面を確認!

安全面を確認

車選びのポイントはいくつかありますが「安全面」は絶対に外してはいけない条件だと言えます。

安全面が充分でいないと、もしもの時が心配なので、大切なわが子の為にも必ずチェックして下さい。もちろん、見た目・燃費・予算も重要なので、いくつか候補を選んでから安全装備を比較してもいいでしょう。

まず、後ろの席に3点式ELRシートベルト(ゆっくり引けばベルトを引出せるが、一定以上の勢いで引くとロックし引出せない)があるのか、アンチロックブレーキ(通称:ABS※急ブレーキをかけた際、車輪のブレーキを安全に止まれるようにした装置)やエアバッグ(衝撃緩和する装置)の有無もチェックします。他には、衝突回避支援システムや横滑り防止装置なども備わっているとより安心です。

購入後に装着できない機能をチェック!

装着できない機能

小さな子どもと一緒にドライブする時に心配なのが「ウインドウやドアの挟み込み事故」です。勝手に開閉できないように、チャイルドロックがついていると安心です。

また、大きな荷物を持っていたり、子どもを抱っこしたままだと、鍵をバッグやポケットから出すのが難しいですよね。そんな時は、ドアにタッチするだけで解錠できる機能があると便利です。この機能は、スマートエントリーシステムやスマートキーなど、メーカーごとに名称が違います。

紫外線を対策したいならUVカットガラスは外せないですし、快適に運転できるように、チルトステアリングやシートリフターといった、ハンドルやシートの高さを調整できる機能があると便利です。これらは購入後に付け足すことができないので注意しましょう。

『我が家にとって快適な車』とは何かを考えよう!

我が家にとって快適

どんな車が快適なのかは家族構成や様々な状況によって違うものです。

8つのこだわりポイントを紹介するので、その中から「これがあったら便利!」だと感じるポイントをピックアップして、車選びに役立てて下さい。

「車なら何でもいっか」「見た目が良かったらそれでいい」とテキトーに選んでしまったら、後々不便な点が出てくる恐れが…。

車は大きな買い物になるので後悔しない為にも、8つのポイントを踏まえて検討することをおすすめします。

 

【1】荷物を載せるカーゴスペース

ベビーカーやマザーズバッグ、買った物などが積めるのか、使い勝手は?アウトドア派のファミリーも要チェックです。

【2】ドアの開き方

乳幼児の子どもを抱きながらでもスムーズに乗せたり降ろしたりできると便利です。乗車口が狭いと大変なので、できるだけドアが広く開く車にしたいところ。

【3】おむつ交換

外出先におむつ替えができるトイレや場所があるとは限りませんし、移動中にやむを得ず停車して、おむつを替えることもあるでしょう。そんな時におむつ交換ができるくらいの広さがあると、パパもママも快適です。

【4】チャイルドシートの乗降ろし

車内の広さと高さによっては、チャイルドシートがキツキツに…。スペースに余裕があるかどうかをチェックしましょう。

【5】ステップの高さ

子どもが小さい場合、ステップが高いと一人で乗り降りできません。

【6】収納スペースの場所

使い勝手のいい場所に収納スペースがあると便利です。

【7】運転席の視野

運転席からの視野が広いと、駐車場や狭い路地でもラクチンです。逆も言えることなので「運転しやすいのか」を確認して下さい。

【8】A型ベビーカー

A型ベビーカーとは、生後1か月から赤ちゃんを乗せることができるベビーカーです。生後7か月以降から乗せられるB型ベビーカーよりも大きいので、広いスペースが必要になります。

「広さだけ」「安さだけ」と1つのメリットだけを見るのではなく、総合的に納得できる車を選択することをおすすめします。

「もう一人子どもがほしい」と思っているのなら、必要な数のチャイルドシートを設置できるのかも重要なポイントです。できるだけ長く乗れるように、先のことも考えておいたほうが良いです。

最近では軽自動車も室内が広く、安全性が高いものが増えているので一昔前よりも選択の幅が広くなりました。ファミリー世帯向けのコンパクトカーも続々登場していますし、安全性・広さ・スペース・燃費などの機能や性能を比較するといいでしょう。

いくつかポイントを挙げていきましたが「ママとパパが快適に運転できて、子どもへの思いやりが詰まった車」が一番だということです。

以上のポイントを参考にして、家族のお出かけをより快適に楽しんで下さい。