2015

15

Sep

クルマの上手な買い方

【初心者必見!】キャンプを思いっきり楽しむなら「ミニバン」?「ワンボックス」?

カンタンにまとめると!

  • 道中を楽しく快適に過ごすなら代表的なファミリーカーの「ミニバン」
  • 遊びの充実が最優先なら頑丈でアウトドアにもピッタリの「ワンボックス」
  • オートキャンプにオススメの3台をご紹介

【夏到来!初心者必見!】キャンプを思いっきり楽しむならミニバン?ワンボックス?

年に一度、一泊くらいのキャンプならステーションワゴンやSUVでも良いですが、頻繁に出かけたり連泊するのであれば、やっぱり大きく人も荷物もしっかり乗る車が理想的。そこで選択肢に挙がってくるのが、「ミニバン」「ワンボックス」です。

見た目はよく似ていて、「そんなに違いがあるの?」と思われるかもしれませんが、実は少し性格が違います。今回は、それぞれのタイプがどんな場合にオススメか紹介します。

<類似記事>キャンプにオススメの車、ファミリーカー編軽自動車編

道中を楽しく快適に過ごすなら「ミニバン」

道中を楽しく快適に過ごすなら【ミニバン】

ミニバンは、今や代表的なファミリーカー。各メーカーが競うように次々と新車を開発しているクルマです。

そのため、デザインは洗練され、乗り心地もなかなか。スマートキーやバックモニターなどの便利な装備のほか、後部座席にテレビやDVDを楽しめるディスプレイなどをオプション設定しているモデルも多く、旅の道中を楽しく、快適に過ごすことができます。

また、ボディサイズに関しては、3ナンバーから軽自動車までさまざまなものがありますが、ワンボックスに比べれば小さなものが大半。細い山道などを走る時も安心です。立体駐車場やタワーパーキングでも、駐車できる場合が多く、普段の使い勝手も悪くありません。

長距離の移動を伴うことの多いアウトドアレジャーでは、燃費も気になりますが、最近、燃費性能の向上が最も目覚ましいのが、このジャンル。かつては「他のボディタイプに比べて、断然、燃費が悪い」と言われましたが、今や、セダンやコンパクトカーにも迫るモデルがいくつも登場しています。ハイブリッドカーが最も増えてきているジャンルであり、今後更に燃費が改善されていくことは確実です。荷室に関しては、3列目シートを格納することで、荷物をたっぷり積むことができますので、4人家族であれば問題ナシ5人以上で乗る場合には、少し手狭になるケースが出てきます。

遊びの充実が最優先なら「ワンボックス」

遊びの充実が最優先なら【ワンボックス】

ワンボックスは元々、商用車として作られたモデルがほとんど。設計や装備がシンプルで、荷物がたっぷり積めることと、大きさの割に安価であることが最大のメリットです。

ミニバンより大きめボディであることが多い上に、室内装備がシンプルで余計な突起物も少ないので、大量の荷物を積むのはもちろん、車中泊にも最適。ハードユースを前提とした商用車ならではの頑丈さは、アウトドアにもピッタリです。

大きなボディでありながら、実はコンパクトカーよりも小回りが利くモデルが多いのもこのタイプの特長。最初は怖いかもしれませんが、慣れてしまえば、峠に時々あるヘアピンカーブのような所もスイスイと走れます。

気を付けたいのは車高制限のある道や駐車場。一部の大型モデルでは、制限に引っかかるものがあります。しかし、そういったハイトな(全高が高い)ワンボックスは、悪いことばかりではなく、大人が立って車内を移動できたり、車中泊の時に圧迫感がない、といったメリットがあります。
5人乗って、荷物をしっかり積めるというレイアウトが基本なので、お子さんの多い家庭にもオススメ。

キャンピングカーのベースなどになることも多いため、例えば、釣り竿やサーフボードの室内ホルダーや網戸など、アウトドアで便利なグッズが多く販売されていることも、ワンボックスの有利な点です。

燃費については、他のボディタイプに比べて劣るモデルが多いのですが、注目したいのは、ディーゼル車が多いこと。ガソリンに比べ軽油は低価格のため、燃料費が抑えられます。走りが力強く、悪路にも向いているという点も嬉しいところです。

 

キャンプにオススメの3台

4人家族とたっぷりの荷物が乗る
<マツダ・MPV>

4人家族とたっぷりの荷物が乗る<マツダ・MPV>

3列目シートを格納した時の荷室の奥行きは1390mmとクラス最大級。アウトドア向きの4WDモデルは、走行状況に最適なシフトを選択する「AAS」機能を搭載した電子制御6速ATを採用し、スムーズな運転をサポート。大きくゆったりとした2列目シートは足下にも余裕があり、ロングドライブでも疲れません。

マツダ MPV

005 00050350 20080205 01 a

3.9点

実際の燃費

大きい車なので一人で乗るようにはならないですね。うちはハイオクなのですがそんなに悪くないとおもいます。家族で移動などがとてもいいかとおもいます。ナビなどで注意を呼びかけてもらうのでだいぶ変わると思います。

10代/男性 コクサッキーウイルスさん

MPVの口コミをもっと見る

防犯性や使い勝手の良いワンボックス
<日産・NV350キャラバン>

防犯性や使い勝手の良いワンボックス<日産・NV350キャラバン>

国産ワンボックスの中でボディサイズは最大級。電子暗号化技術を採用したエンジンイモビライザーや、スマートキーなどを早い段階から導入し、商用車ながら防犯性や利便性にも定評のあるモデル。エンジンスターターは、従来型のキーを差し込むタイプに比べ、走り出すまでの時間を5秒短縮してくれます。

日産 NV350キャラバンワゴン

002 00020249 20160216 01 a

3.9点

車内装備

私はどちらというとハイエース派なのですが、このNV350キャラバンワゴンも決して悪くはありません。昔は断然ハイエースの方が上でしたが、今のNV350キャラバンワゴンは、改良を重ねて、乗り心地やデザインも良くなりました。

40代/男性 mihiさん

NV350キャラバンワゴンの口コミをもっと見る

スタイリングや走りも楽しめるミニバン
<ルノー・カングー>

スタイリングや走りも楽しめるミニバン<ルノー・カングー>

2列シート5人乗り、元々は商用車として作られたミニバンです。全幅が1.83mもあるため、荷室は広大。1.2Lのターボエンジンは実にパワフルで、MTも選べるため、走りを楽しみたい人という人にも最適です。フランス車らしい独特なスタイリングと200万円台前半の買いやすい価格も人気のポイント。

ルノー カングー

081 00810125 20120404 01 a

4.3点

車内の快適さ

まず、シートのできがいいです。フランスでは商用車ですが、国産車の商用車シートとは違ってとても快適なシートです。柔らかすぎず、固すぎず、長時間乗っていても疲れが少ないです。また、広さも十分で、車中泊も快適にできました。

40代/男性 ちゅんちゅんさん

カングーの口コミをもっと見る