2015

24

Sep

クルマの上手な買い方

みんなの車選びのこだわりポイント:送迎向け車選び編

子供の送迎に最適な車選び

子供の送迎に最適な車選び

ポイント

独身時代のクルマ選びは、単純に見た目のカッコ良さや可愛らしさや、趣味に使えるかどうかの機能面、異性に気に入って貰えるような内装の雰囲気、はたまた人によってはパワーや走りといった性能重視など、あくまでオーナーの主観だけで選り好みすることが可能です。

しかしある程度の年齢になり、結婚をして子供が生まれ、と家族が増えていくと、なかなか前述したようなクルマの選び方ができなくなるのも事実です。

もっと単刀直入に言うなら『子供を乗せて走るのに、どんなクルマを選ぶべきか?』という考えに落ち着きます。そこでこのページでは『子供の送迎に最適なクルマ選び』と題し、特に子供を乗せて走る際に都合が良くなるような機能や装備についてを考察します。

お勧めとなる機能や装備は次の3つです。

まず1つ目は、なるべく広い車内空間を持つ車種。さらに言うなら、後部座席のシートアレンジに自由度のあるものだと非常に良い良いです。

そして2つ目が、後部座席用のテレビの装着と、ハードディスクナビ

そして3つ目が、子育ての現場に上がる声で最も多かったスライドドア装着車です。
それぞれの理由については下記のポイントにて詳しく紹介しているので、ぜひ確認してみてほしいです。

子供を送迎するクルマに対しての考え方や求める性能は人それぞれなので、もっと違う機能面を重要視したい場合もあるかもしれません。

ただ、以下3つのポイントを押さえておくと、子供と一緒にクルマでの移動が楽しめるようになるはずです。

送迎に最適な車選びのポイント

広い車内空間

広い車内空間

子育ての最中は、とにかく手荷物がかさばるものです。さらに、チャイルドシートを装着すると車内空間は想像以上に狭くなってしまいます。
そのため、とにかく車内の広さをウリにしている車種を選ぶと後悔が少ないです。
また、後部座席が後方にスライドする車種はさらに好都合で、車内を更衣室代わりに使えたり、急な悪天候などの際の休憩スペースにできたりなど、使い勝手がさらによくなります。

後部座席用テレビ

後部座席用テレビ

走行中の車内で、子供が落ち着かなくなると運転に支障が出ます。
できれば大人しくしていて欲しいものです。 そこで大活躍なのが後部座席用のテレビです。
お気に入りのアニメなどを流し続ければ、かなり高確率で放映内容にかぶりついてくれること請け合い。また似たような理由で、子供のお気に入りの音楽を用意するという意味で、大量の音楽がストックできるハードディスクナビもお勧めとなります。

スライドドア

スライドドア

意外と多いトラブルで、子供が勢いよく空けたドアが、隣に止まっていたクルマにゴン!! というものがあります。
もちろん、子供のミスは親の責任となり、余計な鈑金代を支払うことになります。
この手の事故を未然に防ぐためにも、圧倒的な乗降性の良さのいいとこ取りができるスライドドアを強くお勧めしたいです。 なお、開閉時の事故を限りなくゼロにしたい場合には、パワースライドドアをチョイスしよう。

専業主婦の鈴木さんが購入した車

(名古屋市在住 | 主婦30歳 |子供:5歳の女の子と3歳の男の子)

「福祉車両」を購入しました、鈴木さん一家

子供のことを考えてワンボックスタイプを選びました。

結婚をして二人目の子供ができた頃まではポピュラーな軽自動車に乗っていました。

でも下の子が幼稚園に上がる頃に、チャイルドシートを2つ搭載するのが厳しくなったこともあって、普通乗用車のワンボックスタイプに乗り換えたんです。

とにかくシートアレンジが豊富な車種で、チャイルドシートの脱着がラクラク行えるほか、アウトドアで遊んだ後の身支度が、車内で広々とできるようになった点は、今までの軽自動車以上です。

また、子供達がお気に入りのアニメをいつでも見られるようにと、純正オプションの後席専用モニターを選んだのですが、これが大正解!! 今までは姉妹喧嘩をしたり、大人しくしてくれなかったのが嘘のようにテレビにかぶりついています。

おかげで安全運転に集中できるようになりました。それから、大きいクルマを選んだ結果がスライドドア車だったのですが、駐車場でのドア開閉であまり神経質にならずに済んでいる点は非常に嬉しいです。

「コンパクトカー」口コミランキング

※口コミの投稿が多い車のランキングを集計するものとなり、車の売上や性能を順序付けるものではありません。

トヨタ ウィッシュ 2009年モデル

運転のしやすさは特におすすめ!

視界も広く、ハンドルも座席も運転がし易いので女性にもおすすめです。座席も細かく上下左右シートが動かせるので、背が高い私でもリラックスして安全運転ができています。運転のしやすさは特におすすめのポイントです。

40代/男性 所有者

ウィッシュの口コミ一覧へ

トヨタ ヴォクシー 2014年モデル

難なく運転できるほど視界が広々!

車高もあり、フロントガラスが大きいので初心者や、女性でも難なく運転できるほど視界が広々してます。実際私も以前のヴォクシーの運転しやすさがどうしても忘れられず、セダンに替えた後直ぐにまた新型ヴォクシーにかえました!

40代/女性 所有者

ヴォクシーの口コミ一覧へ

ホンダ フリード 2008年モデル

快適に過ごせる車内環境!

車内は運転席と助手席、そして2番目の間の席は足元がとても広いです。快適に過ごせる車内環境ではないかなと思います。 いちばん後ろの席になるとすこし狭いのと、後ろにスピーカーがあるのでややうるさく感じます。

20代/女性 所有者

フリードの口コミ一覧へ

マツダ プレマシー 2010年モデル

大きな荷物の積載もラクラク!

広くてフラットな荷室は大きな荷物の積載もラクラク行なえ、荷室床下にアンダーボックスを用意しています。2列目中央のカラクリ7thシートによって、7人乗りと6人乗りが簡単に切り替えられることができます。内装はシックでカッコイイ。

50代/男性 同乗者

プレマシーの口コミ一覧へ

トヨタ エスクァイア 2014年モデル

街乗りも高速も20km/L超えます!

街乗りも高速も20km/L超えます。大きい車なのにさすがですよね。前の車がガイアで、10km/Lいけばいい方。しかもなぜかハイオク仕様でしたので、それと比べるとほんとに優等生です。この燃費の良さにお金払ってるみたいなもんですからね笑

20代/男性 運転経験者

エスクァイアの口コミ一覧へ

送迎に最適な車選びの注意点

車選びのプロが「スライドドア」で注目すべきポイントを独自にアドバイス。また意外な落とし穴や注意点もお教えします。

送迎に最適な車選びの注意点

セダンやクーペなどの一般的なクルマと異なり、今回お勧めとなっている車内の広い車種は、開放的な車内デザインを採用していたり、ウォークスルー機構であったりと、とにかく車内を移動しやすい構造になっています。

その分だけ、走行中に子供が勝手に車内を動き回ってしまうリスクが伴うので、一般的なクルマ以上に注意が必要といえます。
正しい乗車姿勢ではないと本当に危険で、例えば、急ブレーキを踏んでしまうと、転がってしまい余計な怪我の危険が高まり、さらに万が一の事故の際には、車外放出という最悪の事態に陥る原因となってしまいます。

必ず、チャイルドシートに正しく座った状態での走行を心がけてください。また、クルマの操作上の注意となりますが、シートアレンジやスライドドアは『指づめ』をしやすい機構といえます。操作している本人もさることながら、操作中に子供が近づいてしまい、挟まれてしまわないような配慮も大切といえます。