車選び

更新日: 2022-07-21

ミニバンおすすめランキング!サイズ別に人気車種17選を徹底比較

ミニバン

家族連れや大きな荷物を持ち運びたい人に、根強い人気があるミニバン。外観・内装・安全装備など、魅力と個性あふれる車種が多数存在します。

購入を検討されている方は、そんな万能感あるミニバンを所有することにワクワクしていることと思います。

しかし、ミニバンと一言で言っても様々なサイズが存在し、車種の数も豊富なため、車選びで迷う方も多いでしょう。「人気な車種」というだけで選ぶと、あなたの理想とする使い方とミスマッチする可能性があるためおすすめしません。

ミニバン選びでよくある悩み・疑問

  • どのサイズのミニバンが一番合っているんだろうか?
  • 外観は好みだけど、サイズや安全装備はこれでいいんだろうか?
  • たくさん荷物を積みたいけど、大きすぎて運転しづらいのではないか?

本記事では、まずミニバンの特徴を紹介した上で、ミニバンをサイズ別に分類し、サイズごとの特徴や向いている方を解説します。後半では、サイズ別のおすすめ車種ランキングを掲載。人気車種の特徴や価格をひと目でわかるようにまとめています。

読み終わった時には、あなたの希望にあった理想のミニバンが見つかることを期待していただければと思います。ぜひ参考にして下さい。

 

ミニバンとは?ボディタイプとしてのミニバンの特徴

まずはじめに、ボディタイプとしてのミニバンの特徴に触れておきましょう。

ミニバンとは何か?という方は下記の図をご覧ください。初めてミニバンを検討する方でも分かりやすいよう、ミニバンの細かい定義ではなく、特長と注意点をまとめています。

ざっくばらんではありますが、ミニバンがどんなボディタイプかという大枠をつかんでいただくことができるでしょう。

ミニバン特徴

3列シートを保有し、多人数乗車ができるというのがミニバンのスタンダードです。

スライドドアを装備することで乗降性も高めており、両側スライドドアを初めて実装した日産・セレナは使い勝手を大きく向上させ人気となりました。

車内空間の広さと合わせてシートアレンジにも幅がある車種が多く、3列目を格納することで広い荷室にするなど、多人数乗車だけでない使い方が可能です。

その一方で、車体重量があるためエンジンによっては動力不足を感じる面もあります。また座面=視点の高さから前方側面に死角ができることもあります。

各メーカーはミニバン特有の死角や事故のリスクをなくすため、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせた自動ブレーキなど、安全装備にも力を入れています。

ミニバンの特徴と注意点まとめ

  • 背の高いボディに3列シートを配置し多人数乗車が可能
  • 後列のシートをたたむことで広い荷室を確保できる
  • スライドドアを装備したモデルは乗降性に優れる
  • 注意点:ボディが重く動力性能が不足することも

ミニバンのサイズ分類:SS~LLサイズごとの特徴

ミニバンの中で、さらに3ナンバー・5ナンバーなど、さらにサイズ別に分類されます。この記事では、サイズ分類をSS・S・M・L・LLの5種類としてお話しします。

サイズ分類ごとにも大まかな特徴や適した使い方があるため、前もって知っておくことで自分に合った車種をスムーズに選ぶことができます。

各サイズごとの特徴をかんたんにまとめました。

ミニバン各サイズごとの特徴

  • SSサイズミニバン:コンパクトカーをベースとした小回りの良さが魅力
  • Sサイズミニバン:乗用車感覚の低全高サイズでも荷室の広さは優秀
  • Mサイズミニバン:一番人気のサイズ・取り回しよく車内空間も広いバランスの良さが売り
  • Lサイズミニバン:全長・全幅を広げ、全高は下げて運転の楽しさを追求したサイズ
  • LLサイズミニバン:ミニバンの中で最大サイズ・質感も高く豪華な内装

また、それぞれのサイズに向いている方と費用感(新車の場合)を図解します。次章から、サイズ別のおすすめミニバンランキングをご紹介していくため、自分にはどのサイズが合いそうかの参考にぜひご覧ください。

ミニバンサイズ別特徴

人気ミニバンをサイズ・価格の関係図で紹介

さて、ここまでの話を踏まえて、ミニバンの人気車種の関係性を図にしてみました。

これまで、この車種ってどんな位置づけなのか?という疑問を持っていた方も、車種ごとのサイズや位置関係を把握できるのではないでしょうか。

ミニバンサイズ別マップ

サイズ別・ミニバンおすすめランキングを徹底解説

ここからはいよいよ本題として、サイズごとにおすすめミニバンをランキング形式でご紹介していきます。

「全部をまとめてランキングにしても、予算に届かなかったりしてあまり参考にならない…」という方も少なくないでしょう。

そこで本記事では、あなたにとって最適な一台が見つかるように、サイズ別のおすすめランキングという形でご紹介します。

選定ポイントは、先ほどお話ししたような「サイズごとの魅力や特長」を高いレベルで備えているかどうか、家族や大勢で使う上での使い勝手が良いかどうかを基準としています。

気になるサイズのミニバンから見たい!という方はこちらからどうぞ。

サイズ別のおすすめミニバン

※新車価格・定員:2022年7月時点に販売中の車種は公式ページ、販売終了の車種は価格.comを参照
※中古車価格・燃費:2022年7月時点のカーセンサーを参照

Mサイズミニバンのおすすめ車種6選を紹介

おすすめミニバンの最初は、全ミニバンの中でもっとも車種が多く、人気車種も豊富にあるMサイズについてです。全部で6車種をご紹介します。

M(1)トヨタ・ヴォクシー:迷ったらこれ!居住性と乗降性を高いレベルで備えた優等生ミニバン

ヴォクシーの画像

ミニバンの中心層であるMクラスの中でも本命と呼べるのが、トヨタ・ヴォクシーです。現行モデルでは、強みである乗降性の良さをさらに高めています。

さまざまな工夫で高い乗降性を実現

  • 低床設計フラットフロアの採用
  • ホイールベースの拡大
  • スライドドアの開閉幅の拡大

低床設計によって、2列目以降でも頭上のスペースが広くなっており、乗降性と居住性を高いレベルで実現しています。

荷室の使い勝手については、3列目シートを使用している状態でも、小さな荷物であれば問題なく積むことができます。多彩なシートアレンジによって、広大なラゲッジスペースを確保できます。

これといった欠点がない優等生的なミニバンですので、「結局どれにするか決められない…」という方はヴォクシーを選んでおけば間違いないでしょう。

項目 車種情報
新車価格 309~396万円
中古車価格 298~519.8万円
定員 7~8人
燃費
(WLTCモード)
14.3~23km/l

新車検討の方には:トヨタ・ヴォクシー公式HP

M(2)トヨタ・ノア:ヴォクシーの兄弟車は同じく高い完成度とフロントの存在感が魅力

ノアの画像

上記でご紹介したヴォクシーの兄弟車であるトヨタ・ノア。基本的な構造はヴォクシーと同様のため、高い乗降性と居住性も引き継いでいます。

分かりやすい違いは外観、特にフロント周りのデザインです。現行モデルではフロントグリルの存在感をより強め、新車販売台数も伸ばしています。

ヴォクシーとどちらがいいか迷った場合は、以下を基準に選ぶのがおすすめです。

ヴォクシーとノアで迷っている際の判断基準

  • 外観、フロント周りが好みなのはどちらか
  • 2列目まで格納した際のラゲッジスペース奥行はノアが70mm短い:その使い方を求めるか

低床設計のため重心も低くなり、走行安定性にも優れています。家族での乗車で山道を走る際にも揺れが少なく、快適なドライブができるでしょう。

項目 車種情報
新車価格 267~389万円
中古車価格 254.9~453万円
定員 7~8人
燃費
(WLTCモード)
14.3~23km/l

新車検討の方には:トヨタ・ノア公式HP

M(3)ホンダ・ステップワゴン:走行性能のよさとリアゲートの使い勝手に特化した人気ミニバン

ステップワゴンの画像

Mサイズミニバンの中でも、走行性の高いミニバンとして人気なのが、ホンダ・ステップワゴンです。

ホンダ得意の低床設計による広い車内空間と、ダウンサイジングターボによる力強い加速と低燃費を実現しています。

低床設計のため重心も低くなり、走行安定性にも優れています。家族での乗車で山道・高速道路を走る際にも揺れが少なく、快適なドライブができるでしょう。

現行モデルでは、後方ドアに3段階で横開きができる「わくわくゲート」を装備しており、車両のうしろが狭くなる場所で後方ドアが開けにくいという悩みを解消しています。ペットを乗せて運転する機会が多い方等と相性がいい装備です。

人気のMサイズミニバンは完成度の高いモデルが多いのですが、ステップワゴンと他の人気Mサイズを比較すると以下のようにいえるでしょう。

ステップワゴンと他ミニバンの比較

  • 走行性能はステップワゴンがヴォクシー・ノア・セレナなどに対して勝る
  • シートアレンジはセレナが勝る
  • 座り心地やシートの格納操作はヴォクシー・ノアが勝る

ステップワゴンは、家族での高速道路走行が多い家庭には安心しておすすめできるモデルです。

項目 車種情報
新車価格 299.9~384.7万円
中古車価格 312.6~443万円
定員 7人
燃費
(JC08モード)
14.5~15.4km/l

新車検討の方には:ホンダ・ステップワゴン公式HP

M(4)日産・セレナ:多彩なシートアレンジでファミリーカーに一押し!

セレナの画像

日産・セレナは家族向けの様々なシーンに対応できる自在なシートアレンジと、広い車内空間が魅力のミニバンです。

2016年8月にフルモデルチェンジをした現行モデルでは、もともとの強みであるシートアレンジの実用性に加え、狭い場所でも荷物の積み込みができる機能が備わりました。

早くも2023年8月には、再びフルモデルチェンジが行なわれる予定です。より現代らしいデザインが採用され、車内Wi-Fi機能の搭載や、全方位運転支援システム 「360°セーフティアシスト」を標準搭載するなどで注目を浴びています。

中古車での購入を検討している方にも先代モデルのシートアレンジの万能性、広い車内空間による使い勝手の良さはおすすめできます。

新型・先代問わず、お子様がいる家庭で買い物やレジャーなどに利用することが多い方には特におすすめです。

項目 車種情報
新車価格 257.6~419.2万円
中古車価格 83~429.9万円
定員 7~8人
燃費
(JC08モード)
15~26.2km/l

新車検討の方には:日産・セレナ公式HP

次に、Mクラスミニバンの中では独特のポジションを担っており、おすすめしたい方がはっきり分れるMサイズミニバンとして「トヨタ・エスクァイア」「マツダ・ビアンテ」の2車種をご紹介します。

M(5)トヨタ・エスクァイア:Mクラス最上級の豪華な内外装が魅力

エスクワイアの画像

ヴォクシー/ノアをベースにしている兄弟車ですが、豪華な内外装で独特の存在感を放っているのがトヨタ・エスクァイアです。

フロント全面を覆うほどのT字型のメッキグリルを使用した迫力ある外装は、LLクラスの人気車種、アルファード・ヴェルファイアを思わせます。内装もインパネ・ドアトリム・シートに合成皮革を使用するなど、こちらもLLクラスに引けをとりません。

エスクァイアは、以下のような方に一押しのミニバンといえるでしょう。

残念ながら新車の生産は2021年12月で終了となってしまったため、気になる方は「ナビクルの中古車検索」やトヨタ公式の認定中古車、お近くの販売店にてお買い求めください。

エスクァイアがおすすめの方

  • アルファードやヴェルファイアのような豪華で迫力あるミニバンが欲しい方
  • 費用面でLLサイズは手が届かないという方
  • 駐車スペースや日ごろの運転で、LLサイズでは持て余すという方
項目 車種情報
新車価格
(販売終了)
259~346万円
中古車価格 90~438万円
定員 5人
燃費
(JC08モード)
14.8~23.8km/l

M(6)マツダ・ビアンテ:中古車で安く購入するなら一押し!装備に対してお得な価格が魅力

ビアンテの画像

Mサイズミニバンの中で人気車種とは言えませんが、装備に対してお得なミニバンとしておすすめなのがマツダ・ビアンテです。

同サイズの中でも1,770mmと最大級の全幅を備えており、マツダならではの巧みな足回りの設計で走行性も良好です。走りを楽しめるミニバンといってもよいでしょう。

サイズ感に対して割安に購入できる点も魅力です。特に中古車の場合、両側スライドドアを備えた高年式ミニバンが100万円以下で購入できる、というのはビアンテならではのおすすめポイントです。

注意点として、荷室を優先して作られていないため、荷室の奥行きは2列目まで格納して最大でも1mほどです。大きな荷物を載せることを重視したい、という方には不向きです。

新車の生産は2017年9月で終了となってしまったため、気になる方は「ナビクルの中古車検索」やお近くの販売店にてお買い求めください。

項目 車種情報
新車価格
(販売終了)
213~292万円
中古車価格 9.9~204万円
定員 8人
燃費
(JC08モード)
9.4~14.8km/l

Lサイズミニバンのおすすめ車種2選を紹介

次にご紹介するのは、種類はそこまで多くないものの、全幅・全長は長く、全高は抑えた低重心によって走りも楽しめるLサイズミニバンです。

L(1)トヨタ・エスティマ:スタイリッシュなエッグシェル(卵型)デザインが魅力のミニバン

エスティマの画像

トヨタ・エスティマは初代から一貫した卵型の流線形デザインで人気があります。エスティマを選ぶ方は、この定番となったデザインに惹かれる方が多いように思います。

LサイズミニバンはMサイズ・LLサイズに比べると全高を抑えているためラゲッジスペースの天井は低いですが、奥行き・幅ともに充分です。現行型は3列シート使用時でも奥行き530mm、3列目を格納すると奥行き1,200mmのスペースがあります。

新車の生産は2019年で終了となってしまったため、気になる方は「ナビクルの中古車検索」やトヨタ公式の認定中古車、お近くの販売店にてお買い求めください。

項目 車種情報
新車価格
(販売終了)
266~523万円
中古車価格 9.8~388万円
定員 7~8人
燃費
(JC08モード)
9.1~11.6km/l

L(2)ホンダ・オデッセイ:動力性能と居住性の両立にこだわる方におすすめ!

オデッセイの画像

ホンダ・オデッセイは国産ミニバンの先駆けとして登場し、現行型で5代目となります。ある意味ステーションワゴン的な装いの強かった先代型から、Lサイズミニバンへのサイズ感アップ、ヒンジ式からスライドドアを採用しました。

これによって、運転好きな方に喜ばれるドライバーズミニバンとしてではなく、ラグジュアリーミニバンとしての評価を得たといえます。

全高はLサイズミニバンの共通項として抑え気味ですが、ホンダ得意の低床設計を併用することで車内の居住性も上々かつ低重心の走行安定性を実現しています。

シートの座り心地も快適で、全体の居住性はLLサイズのアルファード・ヴェルファイアにも劣りません。居住性重視の方は、価格が割安になる分、オデッセイの方が買い得といえるでしょう。

項目 車種情報
新車価格 358.3~458万円
中古車価格 49.8~509.9万円
定員 7~8人
燃費
(JC08モード)
11.6~26km/l

新車検討の方には:ホンダ・オデッセイ公式HP

LLサイズミニバンのおすすめ車種3選を紹介

LLサイズミニバンは、そのサイズからくる迫力もさることながら、内外装の豪華さと車内の広さが魅力です。多人数でもくつろいで過ごせることを重視するならこのサイズが一押しです。

ただし新車の場合は、価格帯がLサイズよりも1ランク上がることを覚悟しなければなりません。

LL(1)トヨタ・アルファード:憧れの上級ミニバン!高級感・装備・乗り心地はどれも最上級

アルファードの画像

トヨタ・アルファードは後述でご紹介するヴェルファイアの兄弟車です。LLサイズを最大限に活かした広々とした車内空間と、分かりやすく豪華さを追求したデザインが人気です。開発コンセプトに「大空間高級サルーン」を掲げたことも納得の上質感と広さを備えています。

3列目シートまで足元空間や頭上が広く、大人数乗車で長距離を移動するような使い方に適しています。

注意点として、以下のようなことが挙げられます。

アルファードの注意点

  • 2.5l直4のエンジンの場合、車体重量によって上り勾配などでは物足りなさを感じる
  • 腰高な印象で乗降性に難あり
  • ボディが大柄な分、取り回しや視界は良くない

しかし全体の豪華さや広さに振り切った結果ともいえ、総合的にはヴェルファイアと並んで最上級ミニバンの1角と言えるでしょう。この2車種で迷った場合は外観の好みでどちらを選ぶかというスタンスがおすすめです。

アルファードとヴェルファイアを選ぶコツ

  • 高級感・上質感で選ぶならアルファード
  • 上記に加えてより迫力のある「ワル感」で選ぶならヴェルファイア
項目 車種情報
新車価格 359.7~775.2万円
中古車価格 189.9~2,399万円
定員 7~8人
燃費
(JC08モード)
9.1~19.4km/l

新車検討の方には:トヨタ・アルファード公式HP

LL(2)トヨタ・ヴェルファイア:豪華な内外装と圧倒的な広さで大人気!アルファードと並ぶ最上級ミニバン

ヴェルファイア画像

上述のアルファードの兄弟車であるトヨタ・アルファードはエアロが映える精悍なスタイルで人気を獲得しました。現在では、LLサイズミニバンの代表的車種となっています。

豪華な内外装と車内の圧倒的な広さはアルファードと同様ですが、顔つきはヴェルファイアの方が精悍かつ「ワル感」があります。

注意点も共通しており、以下のような点があります。

ヴェルファイアの注意点

  • 大柄なボディによって取り回しや視界は良くない
  • 腰高な印象で乗降性に難あり

しかし、ミニバンの中でも圧倒的に広い豪華な車内空間がその弱点をカバーしています。アルファードと同様、町中の運転より、大人数を乗せた長距離移動に適したミニバンです。

価格は新車のエントリーグレードでも424万円と決して安くはありませんが、所有する価値を大いに感じられるモデルです。

項目 車種情報
新車価格 424万円~508.8万円
中古車価格 178万円~1,299万円
定員 7人
燃費
(JC08モード)
9.1~19.4km/l

新車検討の方には:トヨタ・ヴェルファイア公式HP

LL (3)日産・エルグランド:LLサイズの中でも乗降性と走行安定性に優れたモデル

エルグランド画像

ヴェルファイアのライバル車種で、セレナと並ぶ日産ミニバンの代表車種です。

特徴かつおすすめのポイントは以下になります。

エルグランドのおすすめポイント

  • 低床設計によってLLサイズの中で乗降性に優れている
  • 低重心でもあるため、走行安定性・加速に優れる

しかし、内装の豪華さも備えているものの、その他の機能や居住性では他の人気車種に劣るのが現状です。

上記2車種との関係をまとめると以下のようになります。

エルグランドと他人気車種の比較

  • 走行安定性・乗降性ならエルグランドが勝る
  • 居住性や積載性ではヴェルファイア/アルファードが勝る
  • 現行型エルグランドは登場してから7年経過しており、安全装備では大きく劣る

年配の方が乗車するため乗降性を重視したい方、居住性より走りの良さを重視したい運転好きの方に向いているミニバンです。

項目 車種情報
新車価格 369.5~759.3万円
中古車価格 29.8~499万円
定員 7~8人
燃費
(JC08モード)
9~10.8km/l

新車検討の方には:日産・エルグランド公式HP

Sサイズミニバンのおすすめ車種4選を紹介

Sサイズミニバンの魅力は取り回しのよさです。3列で大人数乗車ができて、かつ街中をスイスイ走りたいという方、Mサイズ以上は大きさ的に持て余してしまう、という方にぴったりです。

Lサイズミニバンにもいえることですが、多くはステーションワゴンのような外観をしており、低重心で走行安定性が良いことも特徴です。

S(1)マツダ・プレマシー:マツダ得意の「運転が楽しい」ミニバンはスライドドアの実用性も魅力

プレマシーの画像

プレマシーは、マツダ得意の走りの楽しさを実現する「ミニバンなのに機敏に曲がるクルマ」として登場しました。運転操作を直で反映し、キビキビ曲がる気持ち良い運転感覚はマツダならではです。

また走りの良さのみではなく、両側スライドドアを装備して、ミニバンとしての実用性・乗降性も高めています。

3列目は膝が持ち上がる程度は床と座面の間隔が狭くなっていますが、大人の多人数乗車も問題なく行えます。Sサイズミニバンの中でも、走りの楽しさとミニバン的な実用性を兼ね備えているため、特におすすめできます。

同じくマツダのビアンテと同様、両側スライドドアを装備したミニバンでは新車・中古車価格ともに割安なのもおすすめポイントです。

新車の生産は2018年で終了となってしまったため、気になる方は「ナビクルの中古車検索」やお近くの販売店にてお買い求めください。

項目 車種情報
新車価格
(販売終了)
179~241万円
中古車価格 9.7~185万円
定員 7人
燃費
(JC08モード)
10.6~16.2km/l

S(2)トヨタ・ウィッシュ:走りの良さと手頃な価格が魅力のステーションワゴン型ミニバン

ウィッシュの画像

ウィッシュは低全高のステーションワゴン型のミニバンで、その軽快な走りが魅力です。

ミニバンというよりはセダンに近い運転視界で、取り回しも上々、走行安定性にも優れています。またボディが軽量のため、Mサイズ以上のミニバンに時々見られるような登り勾配でのエンジンの力不足も感じません。1.8lのエンジンでも十分です。

注意点として以下があります。

ウィッシュの注意点

  • 3列目シートは大人が座るには窮屈
  • 登場して7年を経ており、安全装備などの古さは否めない

以下のような方にはおすすめなモデルといえるでしょう。

ウィッシュがおすすめな方

  • メインは3列目格納で広い荷室として使い、時々多人数乗車がある方
  • 扱いやすく気楽に運転できるミニバンがほしい方

新車の生産は2017年で終了となってしまったため、気になる方は「ナビクルの中古車検索」やトヨタ公式の認定中古車、お近くの販売店にてお買い求めください。

項目 車種情報
新車価格
(販売終了)
184~259万円
中古車価格 14.9~238万円
定員 6~7人
燃費
(JC08モード)
14.4~16km/l

S(3)トヨタ・アイシス:Sサイズでも「ミニバン」として使いたい方に!使い勝手の良い車内空間が魅力の実用的ミニバン

アイシスの画像

ここまでご紹介してきた2車種は、ステーションワゴン的な特性に振り切ることで、走りの良さを実現してきました。

しかし、Sサイズミニバンにも「ミニバンらしい」実用性を備えたモデルもあり、それがトヨタ・アイシスです。2004年から12年以上、大きな変更もなく生産されロングセラーとなったミニバンです。

サイズ感はヴォクシーなどのMサイズミニバンとウィッシュの中間といえるもので、左側にはピラーレスで開口の広いスライドドアも装備しており、乗降性も良好です。このスライドドアはポルテ・スペイドにも引き継がれていますね。

3列目もMサイズミニバンとまではいえないものの、座り心地は悪くありません。Sサイズミニバンの中で特筆すべきポイントでしょう。

安全装備の古さは否めませんが、Mサイズより手軽に買えて、気軽に乗れるミニバンとしておすすめです。

新車の生産は2017年で終了となってしまったため、気になる方は「ナビクルの中古車検索」やトヨタ公式の認定中古車、お近くの販売店にてお買い求めください。

項目 車種情報
新車価格
(販売終了)
178~277万円
中古車価格 10.3~178.8万円
定員 7人
燃費
(JC08モード)
13.6~15.4km/l

S(4)ホンダ・ジェイド:RSターボの軽快な走りと「メインは4人乗り」の使い方が特徴

ジェイドの画像

ストリーム・オデッセイと、立体駐車場でも使える低全高のミニバンをリリースしてきたホンダが、ストリームとオデッセイを統合して誕生したのがジェイドです。

1,530mmの全高による低重心が特徴で、さらにステップワゴンと同等の1,500ccターボを搭載することで、軽快な加速と走行安定性を実現しています。

しかし3列目シートはウィッシュよりもいっそう狭く、人が座れる最低限の空間と考えた方が良いでしょう。いわゆる「補助的に座れる緊急席を備えたステーションワゴン」という選び方がおすすめです。

走りの質は文句なしですので、ミニバンというよりむしろ、ドライバーズカー的なステーションワゴンとして選びたい方におすすめしたいモデルです。

新車の生産は2020年で終了となってしまったため、気になる方は「ナビクルの中古車検索」やお近くの販売店にてお買い求めください。

項目 車種情報
新車価格
(販売終了)
244~314万円
中古車価格 72万円~265万円
定員 6人
燃費
(JC08モード)
17.6~25km/l

SSサイズミニバンのおすすめ車種2選を紹介

SSサイズミニバンは「プチバン」とも呼ばれることもあり、Sサイズ以上の取り回しのよさが特長です。コンパクトカーをベースとしており、たとえばフリードの派生車種であるフリード+(先代のフリードスパイク)はコンパクトカーに分類されています。

このサイズは使い勝手の良さと家族で乗れることを両立した「ちょうどいい」ミニバンとして、近年さらに人気を高めています。

SS(1)ホンダ・フリード:「ちょうどいい」サイズと使い勝手が魅力のコンパクトミニバンの人気車種

フリードの画像

フリードと、次にご紹介するシエンタの魅力はコンパクトなサイズ感と、それに対する広い車内空間を両立させていることです。Mサイズ以上のミニバンでは持て余す方に「ちょうどいい」使い勝手・乗り心地を提供しています。

特に、街中での運転が多い方には、ある程度大きなサイズのミニバンは運転しにくかったり、お子様はいるものの最後席まではあまり使わない、という方におすすめです。

3列目シートはやはり小柄な方でないと厳しいですが、7人乗りを実現したうえで広い荷室を備え、スライドドアで乗降性も優れるなど、小さくともミニバンとして完成度の高いモデルとなっています。2016年9月にフルモデルチェンジを行い、最新の安全装備や走行性が向上しました。

ちなみに派生車種として、より広い荷室を確保することで趣味性を高めたフリードスパイク(新型:フリード+)があります。こちらはコンパクトカーに属するモデルで、車中泊にも活用できる実用性の高い車です。

項目 車種情報
新車価格 227.6~327.8万円
中古車価格 98~334万円
定員 4~6人
燃費
(JC08モード)
16.4~28km/l

新車検討の方には:ホンダ・フリード公式HP

SS(2)トヨタ・シエンタ:トヨタ最小ミニバンは取り回しの良さと低燃費が強み

シエンタの画像

トヨタ・シエンタは上記のホンダ・フリードのライバル車であり、ともに「プチバン」とも呼ばれるスタイルを確立したコンパクトミニバンブームの立役者でもあります。

アクアをベースにして、ホイールベースを拡張することでミニバンとして3列シートを備えます。燃料タンクを薄型にすることで、車内空間を広く確保しています。3列目シートを床下に格納できるため、たたんだ際に荷室を効率よく使うことができます。

走行安定性が高く、最小回転半径が5.2mに抑えられているため、街中での運転にも適しています。軽いボディでガソリン車でもJC08モード燃費20.6km/lを達成し、いざというときに7人が乗れるミニバンとしての機能と、低燃費・走行安定性と、クルマに求められるポイントをうまく凝縮したのがシエンタといえるでしょう。

項目 車種情報
新車価格 181.9~258万円
中古車価格 58~258.8万円
定員 5~7人
燃費
(JC08モード)
15.2~28.8km/l

新車検討の方には:トヨタ・シエンタ公式HP

主要ミニバンの関係図をおさらい

最後に、冒頭でご紹介したミニバンの人気車種の関係性を振り返っておきましょう。

複数の車種が気になった方や、各サイズに属する車種が分からなくなってしまった方など、自分に合ったミニバンを判断する際の参考にしていただければ幸いです。

ミニバン関係図マップ

まとめ

いかがでしたか。今回の記事では、多くの中から理想のミニバンを見つけ出すための、サイズ別おすすめ車種をご紹介しました。

使い方や車種ごとの特徴から、あなたがこれ!という1台を見つけることができれば幸いです。

ちなみに、新車でミニバンを購入するメリットには、最新の装備を搭載した新しい車を購入できる、ということがあるでしょう。しかし、ミニバンは人気ボディタイプの中でもSUVと並んで価格が高い車種となります。

今回の記事でも中古車情報を合わせてご紹介してきましたが、希望の車種も決まった上で「ミニバンをコスパ良く購入したい!」という方は、中古車という選択肢もおすすめです。

ミニバン中古車に迷ったら!価格別おすすめ車種とお得に買う為の全知識」の記事もぜひご覧ください。ミニバンのおすすめ車種とともに、ミニバンを中古車で購入するうえでのおすすめ価格帯や失敗しないミニバン中古車の選び方もお話ししています。

  • 公開日: 2022-07-21

一括査定で複数社の見積りをカンタン比較!
愛車の最高額を今すぐチェック!

フォームステップ1 入力

ビッグモーター オートバックス カーチス カーセブン ネクステージ
シーボーイ ユーポス ラビット オートベル カーズネット

一括査定なら、愛車の査定額が平均17万円もお得に!
申込み後すぐに相場額をお知らせいたします。
※複数社査定されたお客様の、査定最高額と査定最低額の差額平均額を算出
(当社実施アンケートより 2019年2月回答145件)

車種情報入力

45秒入力で、カンタン査定依頼。査定額を比べて、最高額で売ろう!

メーカー名

必須

車種名

必須

年式不明の場合はだいたいでOKです。

必須

走行距離不明の場合はだいたいでOKです。

必須

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

お名前

姓: 名: 必須

お住まいの地域によって査定額が異なる場合がございます

郵便番号

必須 〒番号検索

住所

郵便番号入力後、住所が自動入力されます  

Q 早めの売却をご予定ですか?(3ヶ月以内) 必須

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

希望連絡先(電話番号)

必須

いたずら、なりすまし防止のために利用します。正しい番号をご入力ください。

メールアドレス

必須

key icon

当サイトのご利用により、個人情報が許可無く公開されることは一切ございません。

東証プライム市場のロゴ

株式会社エイチームライフデザインは、
株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)の
グループ企業です。証券コード:3662

ご利用かんたん3STEP

STEP1無料一括査定に申し込む

お車情報とお客さま情報を入力するだけ!
45秒で申し込み完了!
愛車の相場額をチェック!

無料一括査定に申し込む

STEP2愛車を査定

最大10社の査定会社からメールまたは、電話にてご連絡し、査定いたします。

愛車を査定

STEP3最高額で売却

各社からの査定金額を比較して、最高額の売却先を見つけます。

最高額で売却
※お申込み後、簡単なアンケートにご回答いただくと査定相場をご覧いただけます。
ただし、中古車市場での実際の取引額に基づく参考金額のため、一部の車種は、結果をお知らせできない場合がございます。予めご了承いただけますよう、お願い申し上げます。

フォームステップ2 確認

一括査定なら、平均14万円もお得!

SMS認証

入力内容に問題がなければ
認証コードを入力してください

の電話番号に4桁の数字(認証コード)を送信しました。
携帯電話のメッセージアプリに届いている4桁の数字(認証コード)を
以下のフォームにご入力ください。

認証コード(4ケタ)

電話番号を修正する

※2分以内にSMSが届かない場合、通信エラーの可能性があります。

こちらから再送してください

再送可能まであと

利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

電話認証

認証が確認できました。

まだ申し込みは完了しておりません。
入力内容に問題がなければ、
「【無料】査定を依頼する」ボタンを
押してください

利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

査定依頼先

    もうすぐ  の相場がわかる!!

    ???万円

    利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

    入力情報確認

    車種情報

    メーカー名

    車種名

    年式

    走行距離

    お客様情報

    お名前

    電話番号

    郵便番号

    住所

    早めの売却をご予定ですか?(3ヶ月以内)

    メールアドレス

    キャンペーン

    入力情報を修正する

    利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

    電話認証

    指定電話番号への発信による認証を行います。
    登録した電話番号から、下記の番号へ電話をおかけください。
    認証完了ガイダンスが流れたら[認証確認]を押してください。
    ※通話料かかります

    認証確認中

    Now Loading...