2015

14

Jul

試乗レポート

<ホンダ>新型【シャトル】試乗レポート

カンタンにまとめると!

  • フィットの上級を表現したモデル
  • 燃費、快適性、積載能力の圧倒的な高さがウリ!
  • リーズナブルな価格設定が嬉しいファミリーカー
    

【超実用】ホンダ新型シャトルを試しました。 #LOVECARS       


 

【シャトル】フィットの上級を表現。燃費性能に注目

新型【ステップワゴン】フィットの上級を表現。燃費性能に注目

ホンダから登場した「シャトル」は、先代までは「フィット・シャトル」の名前で販売されていたモデル。つまり、ホンダのコンパクトカーであるフィットをベースにした派生版ワゴンという成り立ちを持っていた。

そうした成り立ちは今回のシャトルでも継承されているが、名前からフィットを取った理由は、今回からこのモデルをフィットよりも上級な存在として位置づける狙いがあったからだという。

そうして実際にクルマを見てみると、なるほど確かにフィットよりも上級を狙った感覚が分かる。例えばデザインにおいてそれは顕著で、顔つきはフィットよりもメッキパーツを多く使用するなどしている他、インテリアでも細かな部分でフィットを凌ぐ丁寧な作り込み等を行っており、全体的に上級を表現しようとしていることが分かる。

シャトルには、1.5Lエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドと、1.5Lのガソリン・エンジンという2種類のパワーソースがある。ハイブリッドは最大で34.0km/Lという燃費性能もウリとなっており、主役は当然ハイブリッドとなる。実際の販売の8割以上を占めるという
 

静粛性と快適性の高さが大きな魅力

今回も実際にハイブリッドの売れ筋モデルである「X」というグレードを中心に試乗を行った。

走らせてまず印象的なのが、室内の静けさだ。ハイブリッド車では、フロントガラスにフィルムを挟み込んだ遮音タイプを採用するほか、様々な音や振動を低減する工夫を施し、1クラス上のクルマと比べても負けない静粛性の高さを実現している。

さらに快適と感じるのは乗り心地の良さ。これはサスペンションに振幅感応型ダンパーという機構を採用したことで、走っている時のヒョコヒョコした動きや、フワフワした動きを抑制してくれている。これによってフィット・ベースのクルマながらも、上級セダンのような乗り心地が実現されている。

またハイブリッド・システムに関しても、フィットのものと比べると大分改良が施されたようで、変速時のギクシャクした動きも払拭された。また街乗りではモーターの出足が気持ちよく、爽快な感覚を得られる。

シャトルの走りには「楽しい」という感覚は薄いが、実用モデルとしては抜群に優れた気持ちよさはある。特に先に記した快適性の高さは大きな魅力といえるだろう。
 

実用性抜群な積載能力の高さ

新型【ステップワゴン】実用性抜群な積載能力の高さ

シャトル最大の魅力は、なんといってもその積載能力の高さに尽きる。

フィットをベースとしたコンパクトなワゴンでありながらも、荷室は広大。特に2列目のシートを倒すと、奥行きは184cm、幅方向には151cmで、570Lという容量のラゲッジスペースが生まれることになる。

しかも荷室の作りそのものが秀逸で、2列目シートはワンタッチで倒せる他、2列目背もたれの後ろにはマルチユースポケットというアイデア装備がなされる。また床下収納を備えている上に、掃き出しも低く設定されているため、使い勝手の良さは相当に優れているといえるだろう。

それだけに残念なのは、安全装備が物足りないところ。特に先進安全技術であるホンダ・センシングの設定がないのは、今後の商品性という部分において若干心配だ。
 

2モデルどちらでもリーズナブルな価格設定

とはいえその分、価格が安いのが魅力でもある。事実売れ筋のハイブリッドXは車両価格が219万円。最上級のハイブリッドZでも238万円と、諸費用込みでそれぞれ250万〜300万円以下に収まる嬉しい設定だ。またガソリンモデルはさらにリーズナブルで、169万円と諸費用込みで200万円以下を実現できる価格帯にある。

生活の道具、趣味の相棒と考えるとシャトルは実にリーズナブルで使い勝手の良い1台としてオススメできる。