エコの時代

エコの時代

現代は、エコの時代です。

限りある資源を有効活用するため、そして、環境に悪影響を与える物質を少しでも減らすために、世界中で様々な取り組みが行われています。

そのような社会の動きを受けて、2005年に制定されたのが「自動車リサイクル法」です。

日本では、1年間に約360万台もの車が廃車として処分されています。ただの「ゴミ」にしてしまうと、自動車ほど厄介なものはありません。毎年360万台の自動車をスクラップにしていたら、埋立処分場は、あっという間に廃車で埋め尽くされてしまうでしょう。

ですが、自動車を適切な方法でリサイクルすれば、ゴミの量を大幅に削減することができます。自動車に使われている部品の多くは金属でできているので、もともと自動車はリサイクル率が高い製品なのです。

ただし、リサイクルを行うためには、処理費用がかかります。自動車リサイクル法では、自動車の所有者がリサイクル料金を負担することを義務付けることによって、自動車の適切なリサイクルを促進しているのです。

環境と人を守る

自動車リサイクル法には、自動車の部品を再利用してゴミを減らすことの他にも、大切な目的があります。

1つは、オゾン層の破壊や地球温暖化につながる物質を含む部品を、適切に処理するということです。

自動車のエアコンには、冷却のための物質としてフロンが用いられています。フロンは、適切に処理しなければオゾン層の破壊や地球温暖化といった環境問題を引き起こす恐れがあります。

自動車リサイクル法では、自動車メーカーや輸入業者に対して、製造・販売した自動車からフロンを回収し、適切に処理することを義務付けています。

もう1つは、自動車解体作業に伴う事故を防ぐということです。

自動車のエアバッグは、事故が起こった時に運転手や乗員を守ってくれるものですが、解体作業を誤ると爆発する危険性があります。

自動車リサイクル法が制定されたことにより、エアバッグも適切に回収・処理することが義務付けられました。専門的な技術を持った人が正しい方法でエアバッグを処理するので、事故の防止につながります。

リサイクルの流れ

自動車リサイクル法に則った場合、廃車になった自動車はどのような運命を辿るのでしょうか。

廃車がリサイクルされて生まれ変わるまでには、様々な業者と人の手を経る長い道のりがあるのです。

廃車は、自治体の認可を受けた引き取り業者に引き渡されます。

その後、フロン類の回収業者の手に渡り、フロン類が回収されます。回収されたフロン類は、その自動車を製造・販売したメーカーや輸入業者の元へ届けられ、適切に処理されることになります。

続いて、廃車は解体業者に引き渡され、パーツに分解されます。中古部品として再利用できる部品は選り分けてリサイクルに回され、エアバッグ類はメーカーや輸入業者の元へ届けられます。

最後に、廃車のパーツたちは破砕業者の手に委ねられます。専用の機械で破砕処理され、バラバラになった破片は金属類とシュレッダーダストに分別されます。シュレッダーダストとは、自動車を破砕した後に残るプラスチックなどの破片を指します。

現在、自動車リサイクル法に則って適切に処理された自動車のリサイクル率は、約99%に達しているそうです。 リサイクル部品は、中古部品として自動車の補修などに使われる他、原料として新たなパーツに生まれ変わります。

リサイクル料金

自動車リサイクル法が制定されたことにより、私たちは、自分の車のリサイクル料金を負担しなければならなくなりました。 気になるリサイクル料金の額ですが、これは、自動車の車種やメーカーによって異なります。リサイクル処理にかかる費用は車によって異なるので、各メーカーや輸入業者が一台ごとにリサイクル料金を設定しているのです。

なお、リサイクル料金を左右する条件として、シュレッダーダストの発生量、フロン類の量、エアバッグ類の個数や回収しやすさなどが挙げられます。

参考までに、一般乗用車のリサイクル料金の目安をご紹介します。

軽自動車やコンパクトカーなどの小型自動車の場合、リサイクル料金は7000円~1万6000円程度です。普通自動車の場合、リサイクル料金は1万円~1万8000円程度です。

各自動車の正式なリサイクル料金は、自動車メーカーや輸入業者がホームページ上で公開していることがあります。新車を購入する際には、チェックしてみると良いでしょう。

いつ、誰に支払うの?

自動車のリサイクル料金は、車を購入する時に、購入した店で支払うのが一般的です。

車の販売店は、客から支払われたリサイクル料金を、自動車リサイクル促進センターに納めます。自動車リサイクル促進センターとは、資金管理法人として国から指定された公益財団法人です。

なお、リサイクル料金を支払うと、リサイクル券が発行されます。リサイクル料金を支払ったことを証明する書類なので、失くさないように保管しておくことが大切です。

売却時には返ってくる

中古車買取を利用するに当たって、リサイクル料金のことを気にしている人は多いのではないでしょうか?

心配する必要はありません。中古車買取で売却した場合、車を購入した時に支払ったリサイクル料金は、返してもらうことができます。車を売却する時、元の所有者には、新しい所有者からリサイクル料金相当額を受け取る権利があるのです。

ただし、注意しなければならないことが2つあります。

1つは、リサイクル料金が全額戻ってくるわけではないということです。リサイクル料金の内、「資金管理料金」に当たる部分は元の所有者の負担となります。

もう1つは、中古車買取業者が提示する査定金額に、リサイクル料金が含まれている場合とそうでない場合があるということです。車の査定結果を提示されたら、査定金額とは別にリサイクル料金を受け取れるのか、それとも査定金額にリサイクル料金が含まれているのかを確認することをオススメします。