素人でもできる車種タイプ別のメンテナンスをするポイントは?

愛車の点検整備は、法によってドライバーに義務づけられているものです(道路運送車両法 第四十七条より)。保安基準に適合するように自動車の状態を保つことが、国によって定められています。

しかし、「点検整備」と言われても、いったい何から手をつけたらいいのかわからない…という場合もあるかもしれません。 点検整備と言っても、本格的な整備はプロでないとできませんので、ここでは素人でもできるメンテナンス方法についてご紹介していきます。

季節の変わり目に点検整備

点検整備には、大きく分けて2つの種類があります。 1つ目が、プロによる定期点検整備です。こちらは12ヶ月から24ヶ月ごとに実施されるもので、素人ではチェックできない部分を点検してくれます。車検は保安基準に適合するかどうかだけをチェックする検査なので、車検の前後に定期点検整備を行っておくといいでしょう。

そして2つ目が、ドライバーが自分で行う日頃の点検です。本格的な整備はできなくても、自分で車の状態を把握することはできます。日常点検整備を行うタイミングとしては、旅行などで遠出をする前や、季節の変わり目などが望ましいでしょう。その他にも、走行している際に異変を感じたら、すぐに点検を行うべきです。

自身で日常点検を行う場合、いくつかのステップに分けて車の状態をチェックしていきます。 まず、ボンネットを開けてエンジンルーム内を確認していきます。

ブレーキ液の量、バッテリー液の量、エンジンオイルの量、冷却水の量、ウインドウォッシャー液の量をチェックしていきます。聞いていると難しそうに思えるかもしれませんが、いずれも量を確認するだけなので、慣れてしまえば簡単です。

エンジンルーム内のチェックが終わったら、次は車の外側をチェックしていきましょう。タイヤの空気圧や損傷、そして摩耗状態などを点検していきます。ここではライトの状態も点検し、汚れていれば清掃するようにしましょう。

車まわりの点検を終えたら、次はいよいよ車に乗って点検をしていきます。ブレーキが適正に作動するか確認し、エンジンを始動させて異音がしないか確かめます。

その他にもウインドウォッシャーを作動させてワイパーの動きなどを確認し、ライトや方向指示器の点灯状態が適切であるかを確認します。

最後に、実際に走行してみて、ブレーキの利きや加速状態などをチェックしてみましょう。ここまでのチェック項目で異常が見つかったり、自分で点検を行うことに不安があったりする場合は、プロに頼んで点検をしてもらうといいでしょう。

軽自動車はこまめにオイル交換

自分でできる簡単な点検の他にも、消耗品のメンテナンスが必要です。 エンジンオイルは車の血液とも言われるくらい、車にとって重要なものです。エンジンオイルは定期的に交換する必要があり、車種によって適切な交換時期が異なります。

例えば一般的なガソリン車の場合、エンジンオイルを1年くらいで交換するのが目安となっています。また走行距離が多ければ、同じ車種でも早めの交換が必要です。

そしてディーゼル車の場合は、半年から1年ごとに交換するのが目安となっています。ただし、車種や使用状況によってエンジンオイルの劣化状態は異なりますので、迷った時はプロに相談することをオススメします。交換自体は自分で行えるかもしれませんが、費用を支払えばガソリンスタンドやカー用品店などで交換してもらえます。

なお軽自動車のようにエンジンが小さいものは、オイルの負担が大きくなるので、他の車種よりもこまめにオイル交換をする方がいいでしょう。

ちなみに、エンジンオイルを交換するタイミングで、オイルフィルターも交換しておくといいでしょう。オイルフィルターはエンジンオイルをろ過する役割があるので、長く使用していると目詰まりを起こしてしまいます。

またフィルターの存在によって汚れが適切に除去されないと、それが原因でエンジンが傷んでしまうおそれがあります。このようなトラブルを防ぐために、エンジンオイルとオイルフィルターなどを定期的に交換するようにしましょう。

エコカーには専用のバッテリーを

定期的なオイル交換が必要であるのと同様に、車のバッテリーにもやはり寿命があります。バッテリーは、だいたい2年から3年で寿命を迎えます。困ったことに、バッテリーの劣化に気付かないまま車に乗り続けてしまい、ある日突然エンジンがかからなくなるというケースもあります。

また使用状況によっては2年と持たない場合もあるので、2年という期間を1つの目安にし、きちんとバッテリーの点検を行っておく必要があります。

ちなみに、充電制御車やアイドリングストップ車には、それぞれ専用のバッテリーが存在します。バッテリーならどれでもいいというわけではありませんので、交換の時期が来たら専用のバッテリーを選ぶようにしましょう。