ダウンサイジングターボとは?ハイブリッドカーと何が違う?

遠い未来、車は一体どのように進化しているでしょうか。

より速いスピードが出せる車や、安価で作れる車など、進化にも様々なパターンが考えられます。

そんなパターンの1つが、低燃費な車やガソリンなど限りある資源を必要としない車でしょう。日本では、電気自動車やハイブリッド車など、環境に優しい車が続々と登場しています。

しかし、これらが普通のガソリン車と同じような価格・性能になるには、まだまだ長い歳月を要します。電気自動車やハイブリッド車は、価格の高さや従来車と比べた性能の低さから世界ではそれほど充分に受け入れられていないのです。

そこで、欧州などの地域で高い人気を誇っているのが、低燃費でありながら今までとほぼ同等の性能を誇ったダウンサイジングターボを搭載した車です。

性能と燃費

そもそも、低燃費を実現するだけならば、エンジンを小さくするだけで簡単に行えます。しかし、そうなると今までのような性能を保つことが出来ないため、低燃費と高性能を併せ持つには、エンジンを小さくするだけでは不可能です。

そこで考えられたのが、エンジンを小さく(ダウンサイジング)し、燃費性能の向上させたものにターボを搭載して、従来車と同じような性能を発揮する技術です。

電気自動車やハイブリッド車が、新しい技術によって未来でメインとなる車とすれば、このダウンサイジングターボ車は、現在持っている技術を上手く組み合わせて作られた車と言えます。

ターボを使う目的と使いこなす技術

ターボは、一昔前から存在している技術です。当時ターボは、エンジンの性能を向上させる技術として使用されていました。しかし、その半面、燃費性能を低下させていたため、「ターボ=燃費性能に悪い」という印象を持っている人も多いでしょう。

しかし、このダウンサイジングターボは、まず燃費性能を向上させることを大きな目標としていることを忘れてはいけません。またターボを使う技術が向上したことで、ターボの性能を引き出せるようになったことも大きく関係しています。

つまり、ターボという技術自体は昔と同じでも、その技術を活かす目的や方法が大きく変化しているのです。日本では、未だにターボに対して悪い印象を持っている人がいるかも知れませんが、決してターボ自体が悪いわけではありません。昔の技術だからと言って、新しい技術に劣るとは限らないのです。

地域によって求められる車は変わる

車が走る道は、地域によってその特性が大きく異なります。

日本では、車のために作られた道が多いわけではありません。主要の幹線道路であっても、交差点が多くあります。また制限速度も40キロ~50キロの道が多くあり、高速道路でも80キロが一般的です。つまり日常生活で車を使用する場合は、停車やエンジンに対する負荷が低い状態での走行が多く、あまり高負荷をかけて走行しません。

それに対して欧州は車専用の道路が多くあります。アウトバーンと呼ばれる高速道路では、制限速度が設定されていない区間もあります。そのため、日本に比べて停車や低負荷での走行が少なく、高負荷をかける走行が多いのです。

このような環境を考えれば、ハイブリッド車が日本で人気な理由や、ダウンサイジングターボ車が欧州で多く走っている理由が自ずと見えてきます。

日本では、停車や低負荷での走行が基本となるので、発進や停車と言った動作が多くなります。そのため、ハイブリッド車で減速時にエネルギーを溜めたり、発進時に電気エネルギーを使ったり出来るのは、燃費性能に大きな影響を与えてくれます。

しかし、欧州の場合は、日本よりも停車や発進は少なくなります。そのため、ハイブリッド車の恩恵は大きく受けられないので、ハイブリッド車の魅力は小さく映ってしまいます。

それに対してダウンサイジングターボ車は、ダウンサイジングしたエンジンをターボで補助しています。負荷の高低に関わらずターボを利用することで、小さなエンジンでも大きなパワーを得られるのです。そのため、燃料消費を抑えながら性能維持を実現出来ています。

つまり、ハイブリッド車のメリットは欧州ではあまり発揮されないため、性能を保ちながらも燃費性能が向上したダウンサイジングターボ車が主流となっているのです。

日本におけるダウンサイジングターボ車

ハイブリッド車などのエコカーは、将来的に考えると遠い未来で主流となるべき車です。しかし使いやすい車として完成するには、まだまだ長い年月を要します。

日本では、この新しい技術を採用した車の開発がメインになっており、ダウンサイジングターボを開発しているメーカーはほとんどいません。そのため、ダウンサイジングターボに関して日本車は大きく出遅れています。

しかし最近では、ハイブリッド車などエコカーのコスト低下がなかなか進まないので、ダウンサイジングターボ車の開発を検討しているメーカーも多いと言います。

新しい技術を開発するだけではなく、今ある技術を組み合わせたダウンサイジングターボは近い未来で主流となっているかもしれません。