バッテリートラブルと燃費の関係

車は様々な部品を組み合わせて作られています。エンジンやタイヤなど、どれも車を走らせる為には必要不可欠な物です。その中でも今回注目しておきたいのが、バッテリーです。

バッテリーは、車の心臓と言えるエンジンを点火させるためになくてはならないものです。バッテリーが壊れてしまっては、そのエンジンをかけることもできません。

バッテリーとオルタネーター

バッテリーの役割を説明する上で欠かせないのはオルタネーターです。オルタネーターとは、いわば車の発電機のような物で、走行中はエンジンの力で回しています。エンジンの回転数が上がるほど、オルタネーターの発電量も増加させることができます。

また、このオルタネーターは、エンジンが回っている間は車内で使用される電気を供給し、同時にバッテリーの充電も行ってくれます。つまり、エンジンが回っている間はオルタネーターのみ、もしくはオルタネーターとバッテリーの電気を使用します。エンジンが回っていない間はバッテリーの電気のみを使用します。

ではバッテリーはいつ電気を供給するのでしょうか。

それはエンジンが回っていない時や、オルタネーターで供給しきれない時です。エンジンが回っていない間や回転数が低い間に、バッテリーの電気は使われています。

バッテリー劣化は燃費低下

バッテリーが上がってしまうなどのバッテリートラブルを起こしてしまうと、バッテリー性能は大きく劣化してしまいます。劣化すると、電圧や充電受入性能が低下してしまいます。そうすると、バッテリーはどれだけ充電しても、高い電圧を出せなくなります。

オルタネーターからバッテリーへの充電が必要かどうかを判断する充電制御システムは、この電圧の高さを判断材料にしています。つまり、「電圧が低い=充電が必要」と判断するため、バッテリートラブルによって発せられる電圧が低下すると、オルタネーターは常に高出力で発電し続けることになります。

その結果、エンジンへ無駄に負荷をかけてしまい、燃費が低下してしまうのです。またバッテリーの充電受入性能が低下するのも同様で、まだ充電が終わっていないとシステムが勘違いすることで無駄な充電を行い、オルタネーターやエンジンに負担をかけてしまいます。

最近では、燃費向上グッズとして、バッテリーを強化してくれる物や電気の流れをスムーズにする物が登場しています。これらを利用して、バッテリー性能を高めておくだけで、車の燃費性能を引き出すことができます。

その他の影響

バッテリー劣化による影響は燃費低下だけではありません。他にも電気で制御している機器の多くが影響を受けてしまうのです。

エンジンがかかりにくい

エンジンを点火させる為には、バッテリーの電気が必要となります。そのため、バッテリーの電圧が低下すると、エンジンを点火させるまでに時間がかかってしまいます。

更なるバッテリートラブルを招きやすくなる

バッテリーの性能が低下してしまうと、充電される電気量は減少していきます。そのため、 今まででよりも使用できる電気量が減少するため、バッテリー上がりが起こりやすくなります。特に冬は、バッテリー容量が気温の低下に伴って減少するので注意が必要になります。

ヘッドライトが暗くなる

夜間走行する際に必要なヘッドライトは、多くの電気を消費しています。そのため、バッテリーの電圧が低下してしまうと、ヘッドライトの明るさが暗くなってしまうのです。特に、停車時と走行時の明るさに大きな違いがある場合は、要注意です。

これは、オルタネーターから供給されている電気量と、バッテリーから供給されている電気量が、大きく違うことを表しています。つまり、それだけバッテリーが充分な電気量を供給できていないと言えます。

室内灯の明るさが一定でない

バッテリーの電圧が低下してしまうと、ヘッドライトだけではなく、室内灯の明るさも不安定になります。特に減速時など、エンジンの回転数が減少する時の明るさに注目しておきましょう。

他にもパワーウィンドウの動きやクラクションの音量などに影響を及ぼします。

バッテリートラブルを招く原因

エンジンを停止して、ヘッドライトを消し忘れるなどの行為は、バッテリーが上がる原因となります。また、バッテリートラブルは、エンジンが回っている時や、車の使用頻度が少ない時にも起こる可能性があります。

電気使用量

まず原因の1つとなるのが電気使用量過多です。車では、ヘッドライトやブレーキランプ、エアコンやカーステレオなど電気を使う機器や部品が数多くあります。エンジンの回転数が高い時は、オルタネーターだけでこれらの電気を賄うことも可能ですが、減速時や停車中などはオルタネーターから供給される電気量が減少します。

このオルタネーターから供給される電気量と、使用されている電気量の差を埋めてくれるのがバッテリーです。しかしこれでは、バッテリーを満足に充電する事は出来ません。バッテリーは走行中に充電することが出来なければ、放電するしかありません。

そのため、電気使用量が多い状態を続けてしまうと、走行中でもバッテリーの充電が無くなってしまうのです。バッテリートラブルを起こさないために、電気を使い過ぎないようにしましょう。

充電不足

バッテリーは、車を利用していなくても、待機電力として少しずつ放電しています。

しかし、走らなければ充電はされません。そのため、車に乗らないと、放電だけが行われてしまい、バッテリートラブルが起こります。適度に走行することが、バッテリーを長持ちさせる秘訣の1つなのです。

このように、バッテリーは電気を使う車にとってなくてはならない物です。

バッテリートラブルを起こし、劣化してしまうと燃費の悪化にも繋がってしまうので、大切に扱いましょう。