きちんと清掃して清々しい気分で運転しよう

車は外を走るものですから、使い続けていれば当然汚れが目立つようになってきます。それは外装に限った話ではなく、内装も時間が経てば汚れてくるのは当然のことです。そんな車ですから、定期的にきれいに清掃する必要があります。中古車であれば、購入直後にすべて洗ってしまうというのもいいでしょう。

とはいえ、車は闇雲に洗えばいいというわけではなく、それぞれの部位によって洗い方というものがあります。これを知らずに手を出すと、思わぬトラブルに見舞われてしまうことも。そこで今回は、車の清掃方法についてご紹介します。

外装の清掃方法

車のなかで、最も汚れが目立つ場所はボディです。常に外気に晒されているわけですから、汚れるのは仕方がありません。あまり車に乗らないという場合であっても、駐車場に置いているだけでも汚れはついてしまいます。

外装をきれいにするには、やはり洗車です。家の周りに洗車できるスペースがないという場合でも、専用の洗車場やガソリンスタンドを利用すれば洗車することができます。全自動の洗車機ではなく自分で洗車を行う場合、最も簡単なのが水洗い洗車です。水道とバケツ、洗車用タオル、脚立と用意するものが少ないので、手軽に行うことができます。

水洗い洗車をする場合、最も気をつけるべきなのは水の使い方です。洗車をする際、軽く水をかけてタオルでこするように洗う人がいますが、それではボディを傷つけてしまいます。泥や汚れはこすり落とすのではなく、水圧で流し落とすようにします。タオルとボディの間に水を入れ込むような感じにするのがポイントです。

加えて、洗車中は自然乾燥しないようにこまめに水をかけるようにしましょう。自然乾燥させてしまうと、それがシミになってしまうことがあります。洗車はたっぷりと水を使って行い、最後は日陰でさっと水分を拭き取りましょう。

また、洗車は汚れが激しいタイヤ部分から行いますが、タイヤで使うタオルとボディで使うタオルは別のものを用意することも大切です。

内装の清掃方法

車の外装は誰からも見られるものなので、きれいにしたいという気持ちも起こりやすいもの。しかしだからといって、外装ばかりに気を取られ、内装の清掃を疎かにしてはいけません。特に中古車の内装は購入当時でも汚れていることがあるので、気持よく運転するためには清掃が欠かせません。

内装の清掃をする場合、始めにするべきなのがマットです。マットは、乾燥するのに時間がかかります。それほど汚れていなければ掃除機をかけるだけでも良いですが、汚れや匂いがきついなら洗剤を使ってゴシゴシと洗います。マットを外したあとは、フロアを清掃します。

砂やゴミが溜まっていると思うので、掃除機を使って吸い取っていきます。エアブローなどがあると便利ですが、なくても構いません。清掃の際、ドアや窓はすべて全開にしておきましょう。

車内のその他の部分に関しては、タオルを使っての水拭きが基本です。白い部分は白く、黒い部分は黒くなるよう徹底的に拭いていきます。内装用の艶出し剤などもあるので、そういったものを使うのも良いでしょう。

タオルが届かない、拭きにくいような場所は、刷毛や綿棒などを使ってきれいにします。車の内装には細かい隙間が多いので、刷毛や綿棒が活躍する場面は意外にあります。

もしシートやフロアにシミなどがあった場合には、ホームセンターなどで売っているシートクリーナーを使いましょう。 フロントガラスや窓ガラスは、外からだけでなく内側からもきれいにします。ガラスの内側は意外に汚くなっているので、忘れずに吹いておきましょう。水拭きでも十分ですが、クリーナーを使うとより簡単にきれいにすることができます。

清々しい気持ちになるだけでなく、売却するときのことも考えて

外装にしろ内装にしろ、車をきれいにすると清々しい気持ちで運転することができますし、見ている人もきれいな車のほうが気持ちがいいものです。また、フロントガラスや窓ガラスをきれいにすることで、万が一の事故の防止にもつながるといえます。

加えて、車をきれいにすることは中古車買取での高額査定にも関係してきます。車はずっと同じものを乗り続けることもあれば、乗り換えをすることもあります。乗り換えることを想定してきれいにしていれば、いざ売却することになった際に中古車買取での高額査定が期待できます。

自分や周囲の人が清々しい気持ちになるのはもちろん、後々のことを考えてきれいにしておくのもいいでしょう。