うまくガソリン代を節約してランニングコストを削減!

車は決して安い買い物ではなく、中古車であってもそれは変わりません。さらに、車は買えばそれで終わりというわけではありません。動かすためには燃料であるガソリンが必要ですし、バッテリーやエンジンオイルといった消耗品も定期的に交換しなければなりません。

当然こういったものの補給や交換には費用がかかるため、新車・中古車を問わず購入後もランニングコストが大きな問題になります。

こういったランニングコストのなかでも、ガソリンは特に問題となります。ガソリンは補給する頻度も高いですし、情勢によっては値上がりすることもめずらしくありません。だからこそ、ガソリン代の節約は車を運用していく上で大切なのです。 そこで今回は、ガソリン代の節約についてご紹介します。

根本的なガソリン代の節約

運転技術云々についてお話する前に、まずは根本的にガソリン代を節約する方法についてご紹介します。

予めルートを決めておく

まずは、出発する前にルートを決めておくということ。当然のことですが、ガソリンは走ったら走った分だけ消費されます。同じ目的地に行くにしても、できる限り長い距離を走らないようにすることでガソリンの消費を抑えることができます。

そのためには、迷わないことが大切です。だからこそ、出発の前にはルートをよく確認しておきましょう。特に、遠出するときにこの差は大きく現れます。

車体の状態をよく確認しておく

ガソリンの消費を抑えるためには、車体の状態にも目を向けましょう。たとえばタイヤの空気圧。タイヤの空気圧が低いと、ガソリンの消費量は多くなってしまいます。空気圧はガソリンスタンドでチェックできるので、こまめに確認しましょう。

また、余計なものを載せておかないということも大切です。トランクに余計な荷物を載せていると車体が重くなり、ガソリンの消費量が多くなります。

余計なものを車に載せっぱなしという人もいますが、燃費を考えるならできるだけ車体を軽くすることを考えましょう。車体を軽くするという観点からいえば、ガソリンを満タンまで入れないということもあげられます。

ガソリンを安く入れる

安い値段でガソリンを補給することももちろん大切です。自宅近隣や目的地までのルートの最安値のガソリンスタンドを知っていれば、ガソリン代の節約になります。

また、最安値の店舗がわからないにしても、その地域の相場を知っていれば極端に高いスタンドで補給するといったムダはなくなります。

ほかにも、ガソリンスタンドが提携しているクレジットカードを活用するという方法があります。リッターあたり数円というそれほど大きくはない割引ですが、ガソリンを補給する頻度を考えると意外にも大きなものです。

丁寧な運転でガソリンの消費を抑える

この項では、ガソリンの消費を抑える運転についてご紹介します。

急発進、急停止など「急」な挙動は厳禁

発進時や停止時、なんらかの要因で急な挙動をしてしまうことがあります。急いでいるときは信号が変わったと同時にアクセルを踏んでしまうこともありますし、停止の目測を誤って急ブレーキを踏んでしまうこともあるかもしれません。

こういった急な挙動は、ガソリンの消費を増大させる大きな要因となります。特にガソリンを最も使うのは発進時だとされているので、急発進すると非常に多くのガソリンを消費することになります。アクセルとブレーキを緩やかに操り、滑らかな発進・停止を心がけましょう。

一定の速度で走ることを心がける

走行中に最もガソリンを消費しないのは、等速運動をしているときです。加速も減速もなく、一定の速度を保っているときは非常に低燃費になります。

こういった巡航状態をできる限り維持できれば、ガソリンの消費を大きく抑えることができます。そのためには、車間距離をしっかり空けることも大切です。

アイドリングストップを心がける

近年は認知度も高まっているアイドリングストップ。アイドリングストップの効果は大きく、これを行うだけでもガソリンの消費を十分に抑えることができます。車種によっても異なりますが、10分間のアイドリングで消費するガソリンの量は0.1~0.2リットル程度だとされています。

これだけ見るとそれほど大きくはないように感じるかもしれませんが、車を運転しているとアイドリング状態で停車することは意外と多いため注意が必要です。

近年は自動でアイドリングストップする車もありますが、中古車の場合はそうした技術が搭載されていない車もあるため、実践する価値は大きいといえます。

いざ売却!というときにも高額査定につながるかも?

ガソリンの消費を抑えるためには、車を大切に扱う必要があります。こまめに状態を確認するのもその方法の一つであり、丁寧に運転をすることは車へのダメージを抑えることに繋がります。こうしたガソリン節約のための努力は、車の価値自体を上げることに大きく貢献しているのです。

もしも中古車の買取や査定を依頼するとき、できる限り高い買取額・査定額になってほしいというのは誰しもが願うことです。

ランニングコストを削減するためにガソリンを節約する!という本来の目的はもちろん大切ですが、中古車買取での高額査定も視野に入れておくとより一層車を大切に扱えるかもしれませんね。