2015

18

Sep

クルマの基礎知識

【2WD】と【4WD】の違い

意外と重要!?【2WD】と【4WD】の違い

2WDと4WDの違い

クルマを選びのポイントは、デザイン・価格・燃費・運動性能など様々な要素がありますが、駆動方式を重視する人はあまり多くないのではないかと思います。
しかし、悪路の走行、運転のしやすさ、燃費にも大きく関わってくるこの駆動形式。
ここでは、クルマ選びの際にもよく目にする、2WD・4WDという言葉を中心に、駆動形式について説明をしていきます。

“自分らしく”選びやすい【2WD】

自分らしく選びやすい【2WD】

【2WD】とは、前輪あるいは後輪どちらか二輪が駆動する方式の総称です。

機構の単純さから重量やコスト軽減がしやすく燃費の解消にも繋がる為、多くの車種で採用されています。

一方で、駆動を二輪に任せる為に、スリップのしやすさ、雨や雪道ではタイヤを取られるなど、車体の安定性に欠ける場合もあります。
また、エンジンとタイヤの配置位置により次の4タイプに分類されています。

 

【FF】(フロントエンジンフロントドライブ)
前方エンジン・前輪駆動。他の形式に比べてコンパクトに納められ、デザインに自由が生まれやすい

【FR】(フロントエンジンリヤドライブ)
前方エンジン・後輪駆動。前輪は操縦、後輪は駆動とタイヤの役割をわけることで、素直なハンドリングが生まれる為、スポーツカーなどに採用されやすい

【MR】(ミッドシップエンジン・リヤドライブミッドシップ)
中央エンジン・後輪駆動。車体の安定性がよくコーナーリングがしやすい一方で、車体中央にエンジンを置くため、車内空間が狭くなりやすい

【RR】(リヤエンジンリヤドライブ)
後方エンジン・後輪駆動。車内空間の広さと発進・ブレーキ時の安定性が高い一方で、整備の難しさから一般車への採用は少ない

抜群の“安定性”を誇る【4WD】

抜群の安定性を誇る【4WD】

【4WD】とは、四輪すべてが駆動する方式の名称です。

二輪駆動と比べ、エンジンの力を地面に効率よく伝えることができることから、悪路での走行や高速走行がしやすいという特徴があります。

一方で、機構が複雑になることでコストと重量が増加し、燃費の悪化、騒音や振動という乗り心地の課題も抱えています。

結論!目的に合わせた【駆動方式】

目的に合わせた駆動方式

それぞれの特徴を踏まえてクルマ選びの際のポイントを簡単にまとめると、

【2WD】 平地での走行や晴天時の走行に最適。車種や価格帯を選びやすい

【4WD】 雨天や雪道などの悪路を含め安定性の高さが魅力。車種や価格は限定されがちとなります。

 

北海道や東北など雪道をよく走る人は【4WD】、都心部で日常的に使う人は【2WD】など、駆動形式の違いにも注目して、より快適で安全なクルマ選びを叶えましょう。