2015

2

Nov

中古車の上手な買い方

中古車探し~購入の流れが分かる!押さえておくべき4つのポイント

カンタンにまとめると!

  • 欲しい中古車があれば、扱っている業者のチェックから始めよう
  • 可能であれば中古車が試乗し、車の走りや乗り心地をしっかり体感しよう
  • 状態がよければ見積もり書を発行してもらい、良ければ代金支払う

現在、様々な要因から新車よりも中古車の需要が高まってきているといえます。

次回車を購入する時は、新車ではなく中古車を購入しようと考えている方も多いかもしれません。中古車と一言にいっても、チョイ乗り程度にしか使われてこなかったような新品に近い車も世の中にはたくさんあります。

そんな中古車を購入する場合の一連の流れをみなさんはご存知でしょうか?特にこれから初めて中古車を購入するという方にとって、こちらの記事は参考になるのではないのかと思われます。

こちらでは中古車購入の一般的な流れをご紹介します。

まずは欲しい車種の決定、扱っている業者をチェック!

まずは欲しい車種の決定、扱っている業者をチェック!

欲しい車種があらかじめ決まっている場合、その車種を扱っている業者を探す必要があります

そのような情報は地元で配られているチラシや、インターネットなどから入手できます。それらの情報を得ながら業者を探していきましょう。

また、同じ車種を扱っている業者があるのであれば、そこにも訪問をして業者同士を比較するとよりお得になりそうだと考えられますよ。

ナビクルでは、希望の車種を扱う中古車販売業者に見積もり問い合わせができるサービスや近隣の販売業者を検索できるサービスがあります。

中古車販売業者から連絡があったり、または希望の販売業者を見つけて電話をした時は購入したいと思った中古車の詳しい情報や状態を教えてもらった上で、いつ来店するのかを担当者に伝えておきましょう。
 

いざ来店!可能なら試乗も

予定していた日に来店をして、実際に販売されている中古車を自分の目で確認していきましょう。

もし可能であれば試乗ができるかも尋ねてみてください。試乗をすることによって車の走りや乗り心地をしっかり体感することができます

とはいえ中古車では、車検や保険が切れてしまっていたりして、試乗が難しいこともあります。

見積書を発行してもらって検討へ

車の状態を見た後は、店内で見積もり書を発行してもらいましょう。まだこの時点では購入したことにはなっていないため、じっくり車を購入するかを考えておきます。この検討期間中にも他の中古車販売業者で同車種の取り扱いがあればチェックしておきましょう。

ただしここで注意をしたいのは、あくまでも車を優先的に購入ができるのは”先にお金を支払って車を購入した人”ということです。検討中なのに知らない間に車が売られてしまっていた…ということもありえるので、取り置きをしてもらいたい場合には「申込証拠金」を支払っておくと売られてしまう事はありません。

また、この見積もり時に他の中古車販売業者の見積もりを元に交渉を行うと、元の金額よりも割安になることがあるので、少しでもお得に購入したい人は一度交渉にトライしてみても良いかもしれません。

もちろん、やり過ぎにはご注意ください。最終的に、どこも売ってくれなかったとならないようにしましょう。

購入決定、代金を支払う

数々の業者と比較を行った結果、最終的に購入する車を決めたのであれば購入決定へと進みます。

店舗に直接出向いて購入決定の旨を伝えてください。上記のような取り置きをしていない場合は、決定した段階で店舗に電話で連絡を入れておくのが確実です。

その後は契約を結んで代金を支払い、保険への加入申請を行う、といった流れになります。※契約時の注意点については、別記事でもご紹介いたします。

中古車購入の流れはわかりましたか?この内容を中古車購入に役立ててくだされば幸いです。

ぜひお気に入りの一台を見つけてください。