カンタンにまとめると!

  • 店頭価格は最高35万円前後。ただし状態や車の種類によって差がある。
  • 走行距離は少ない方がいいとは一概には言えない。
  • 長く乗ることを考えるなら、販売終了から時間の経っていないモデルが良い。
  • 車のカラー、ドアのタイプなど、不人気の車種は狙い目。

近年、大都市では公共交通機関の発達などで、クルマを持たない生活をする人も増えていますが、郊外ではまだまだ、生活必需品という印象です。そこでよくあるのが、「動けば良いから、できるだけ安いクルマがほしい」という声。ただ、中古車は、1台1台状態が違いますので、店頭やサイトの表示価格だけで選べば良いというものではありません。

特に、大学生や新社会人など若い世代に多い「予算50万円」といったような低価格帯では、特に「当たり」「はずれ」の差がハッキリ出ます。そこで、今回は失敗しないお値打ちな中古車選びのコツをお伝えします。

50万円以上はとても出せない…という方も満足いくクルマを見つける手助けになればと思います。

1】総額50万円だと、店頭価格はいくらが目安?

店頭価格に関しては、最高で表示価格35万円くらいです。ただ、クルマの種類や年式により税金が変わりますし、車検がどの程度残っているかによっても変わります。

自賠責保険も何月に購入するかで支払い額が決まります。このような理由から、細かくいくらと言い切ることはできません。また、購入するお店によっても、どれだけの整備を引き渡し前に行うかはまちまちなので、総額に大きな違いがでてきます。

A店では、表示価格25万円のクルマが総額50万、B店では表示価格35万円のクルマが総額50万円、というケースも珍しくありません。

この場合、A店とB店の査定や整備費用の基準に大きな違いがなかったとしたら、A店は整備がしっかりしている、B店は、クルマの状態が良い(または人気の車種)という見方ができます。

Aが単に不人気車種というのなら、Aがオススメですが、例えば、Aの値段が低い理由が事故などであれば、Bの方がオススメ。金額だけでは、一概に、どちらが良いとは言えません。

2】走行距離は少ないほど良い?

走行距離が極端に多いのは、当然、クルマの寿命を縮めます。では、少なければ少ないほど良いのかというと、それも違います。

クルマはあまり走らせないでいるとオイルが巡らず、不調の原因になります。また、内部に水がたまりやすくなり、腐食する場合があります。これも、極端な低走行距離のクルマの傾向です。こまめにメンテナンスしていれば良いのですが、あまり乗らないオーナーは、整備もおろそかになりがちで、こうしたトラブルが起きやすいのです。

また、ゴム製の部品などは、走行による消耗以上に、経年劣化の方が大きく、距離に限らず時が来れば交換が必要になります。古い年式のクルマのエンジンでオイルがにじむのは、ゴムパッキンが劣化したというケースが多く、タイヤもあまり走らない場合は、すり減る前にひび割れた、ということも珍しくありません。

走行距離の目安は年10,000kmくらいを基準に見て、極端に多い場合、少ない場合は、整備履歴を確認すると良いでしょう。

3】長く乗るなら「いつ新車販売が終了したか」を確認。

50万円の予算で考えた場合、軽なら5年落ち、普通自動車なら7〜8年落ちか、それ以上古いモデルが該当してくると考えられます。そうすると、フルモデルチェンジされたり、絶版になったモデルであることがほとんどでしょう。

とりあえず2、3年乗れれば良い、というのなら、別ですが、5年以上乗りたいと考えるなら、後々の部品交換や整備のことを考えないといけません。今のクルマはちゃんと整備すれば20年、30年、乗り続けることができますが、それはあくまで、部品があってこそです。

クルマは生産を終えてから10年、メーカーは部品を保有することになっていますが、それ以降は、部品がある保証はありません。また、10年保有する部品は最低限走るのに必要な部品のみで、バンパーやライトなどこの規定を外れるものは、それ以降に手に入らなくなる可能性があります。

つまり、長く乗りたいなら、販売終了から時間の経っていないモデルの方が良いのです。また、部品のほとんどが共通で、ボディタイプだけが違う、といったような姉妹車がまだ現行で販売されているモデルなどがあれば、更に後々部品が転用できる可能性が高いためオススメです。

4】不人気の色や仕様は狙い目。

例えば、スポーツタイプなのにAT車、落ち着いたセダンなのにボディーカラーが原色系、ミニバンで両側電動スライドドアではない、といったような、一般の需要と合わないと思われる仕様のクルマは、ガクッと値段が下がる場合があります。

たばこを吸わない人が増えた最近では、前のオーナーが愛煙家だった場合、ヤニで室内が多少黒ずんでいたり、匂いが残っていることが原因で安くなることも。自分自身もクルマの中でたばこを吸うという人や、多少の匂いや色は気にしないという人には、このあたりもお得です。

では、不人気車種は? となりますが、これは判断が難しいところ。確かに、割安な場合が多いのですが、後々のことを考えると、必ずしもオススメとは言えません。

不人気車種というのは、新車での販売台数も少なかった場合が多く、中古部品を探すのが難しくなる可能性があるからです。

中古部品は、新品の部品が手に入らない時の最後の手段、というばかりではなく、価格が新品の部品と比べ圧倒的に安いため、コストを抑えて長く乗るには、うまく使いこなしていきたいもの。不人気車種を検討する場合は、購入時の費用と、維持コストの両方を考えて慎重に選びたいものです。

ナビクル中古車検索へ