中古車を買うならディーラー・中古車販売店どちらがいい?

こんな方にオススメ!

  • 安く車を買う・乗り換えようとしている人
  • 状態の良い中古車を探したい人
  • 「中古車販売店」と「ディーラー」の違いが分からない人

車を乗り換える時には「今の車が古くなったから」「家族構成が変わったから」といった様々な理由がありますが、状態の良い車を安く買いたいというのは誰しもが知りたいことだと思います。

そうした時に「中古車を買う」という選択肢が出てくるのですが、前提知識がないと車選びをする前に「販売店選び」の段階で迷ってしまう方が多いのも事実です。

車の販売店には大きく言うと「ディーラー」「中古車販売専門店」があり、この大まかな分類と特色を知っておくだけでもあなたに合った車を見つけられる可能性はぐっと高まるので、この記事の内容を参考にして後悔のない車購入を実現しましょう。

目次

そもそも売られている自動車の分類にはどういったものがある?

自動車には大きく分けると「新車」と「中古車」しかありません。

新車は工場から届けられたばかりの未登録の車で、購入者が最初のオーナーとなります。

中古車は必ず誰かがあなたの前に所有していた履歴がある車のことを指します。

また「新古車」「登録済未使用車」などと呼ばれている実際に使用されていないが、事務的に登録歴がある車も存在します。

しかし大きく分けるとこれもまぎれもない中古車です。

新車を販売するお店は各メーカーで専門店を構え、そこでのみ購入できます。

これが日本における自動車ビジネスの特徴ともいえます。

ディーラーで販売されている中古車とは

いわゆる自動車ディーラーと呼ばれるものは「新車を販売する」ことを至上目的にしている自動車販売店と言えるでしょう。

時々ディーラーでも中古車が販売されていますが、新車を販売するために下取りとして引き取った車がほとんどです。

ディーラーで下取る車は自社ブランドの中で代替えをしているリピーターの車の場合が多いです。

また定期点検などもディーラーの案内通り実施されているような状態のいい車も多い傾向があります。

少し古かったとしてもメンテナンスは自社工場で対応可能という安心感もあり、やや相場より高めな値づけになっています。

車両を紹介する人しかし必ずしも「同じメーカーでアフターも安心だから」強気の値づけをしているばかりとは限りません。

時々「その値段で販売しないといけないような高めの金額で下取りをしてきた車」が存在することもあります。

とはいえ少し高めの価格は「新車を安定的に販売するために必要な要素」であることは間違いないでしょう。

特に「認定中古車」と銘打って販売されている車は新車に近い保証がつき、必要なパーツも交換されていることもあって心強い内容になっています。

お目当ての車種があって、少しでもストレスなく乗りたいという場合は、ディーラーの中古車はとてもいい買い物になるでしょう。

たまには「幸運にも安くて具合のいい車」と出会えることもあるでしょうが、それはあくまで運です。

機械である自動車を中古品で購入するからには「払っただけの見返り・安心感はある」ので「リーズナブルでストレスフリーなカーライフ」を買うという観点で見れば、やや高めな値づけも十分な説得力があるといってよいでしょう。

握手をする人

中古車販売店で販売される中古車とは

自動車の市場・オートオークションに出品された車を競り落として必要な加修を施し、店頭に並べるのが通常の中古車販売店の中古車です。

ディーラーのように、新車を販売するために頑張って値づけをして下取りすることもないので、車種・年式・走行距離・グレード・装備・色などの価格帯は似通ってくる傾向にあります。

よく「掘り出し物はないか」と車探しをする方がいますが、これはあまりないと思った方がよいでしょう。

車検が残っている場合など中古車屋さんにとって手離れがいい車で経費をかけずに販売が可能な場合などを除いて、1台の車にかかる経費はおおよそ決まってくるからです。

車の並んでいる画像

1台あたりおよそ3坪ほどを占有する車は保管代も馬鹿になりませんから、安いというのは何かしらを省いている可能性も否定できないのです。

もちろん少しでも安価なことは歓迎すべきことですが、あまりに安い場合すこし疑ってみる価値はあるかもしれません。

ディーラーと中古車販売店の中古車を比較する場合、どうしても価格は気になってしまうと思います。

しかし忘れてはならないのは、車は特別な技能を要さず誰でも簡単に扱え、命を預ける機械であるという意識です。

安心して乗っていくためには、今のコンディションとメンテナンスなども含めて「車を購入する」ということが大切です。

車両自体が安くてもメンテナンスにコストがかかりすぎるのは、趣味の話でもない限り考えものです。

多少高価だったとしても、コンディションも良好でメンテナンスの容易な車は十分買い得だといえるでしょう。

その意味では整備工場併設のお店や、提携工場でのメンテナンス・整備などの履歴をはっきり教えてもらえるお店なら比較的安心して購入できるのではないでしょうか。

丘の上で停車している車車種的にもバラエティ豊富でかつ、比較的リーズナブルな場合もある中古車販売店。

ディーラーで購入するよりもリーズナブルな傾向がありますが、アフターフォローや販売スタンス、自分がどのように車と付き合っていきたいかをよく考え、決して金額だけではないお店選びをしたいですね。

まとめ

ディーラーは少し高めですが新車に近いメンテナンス・アフターサービスが受けられる場合もあり、総合的に判断すると「いいカーライフ」が手に入ることもある。

中古車販売店はディーラーに比べると相場を敏感に意識した値づけになることが多く、安価にお目当ての車が手に入ることもある。