こんな方にオススメ!

中古車は、購入するまでのメンテナンス状況も車によって様々です。確かに査定や点検でおおよその状態はわかるにせよ、消耗品があとどれだけもつか、新車に比べて不透明な部分が少なくないのも事実です。しかし、そのリスクを乗り越えるからこそ中古車のメリットも少なくないのです。であれば「何かあったときに気軽に相談できる」お店の存在と、「何かあった場合でもサポートしてくれる保証制度」は心強いですよね。今回は、中古車の保証制度についてお話ししします。

保証は安心のバロメーター

最近では保証をうたう中古車販売店も少なくありません。しかし「保証○カ月」といってもその内容に関してはお店によって差があるので、どのレベルまで保証してくれるのかを確認しておくことが大切です。ただ本当は、もともとコンディションがいい車で、しっかり整備もしてあり、何もすることがなかった。保証はついていたが使わずじまい。というのが理想的なのかもしれません。とはいえ、過剰整備で随分高額の整備代が納車前に請求されたというのも考えものです。ユーザーとしてはできるだけ出費は抑えたいが、しっかり任せておける車屋さんで車を購入したいですよね。

保証を付けられる中古車屋さんは、しっかり点検をして車のコンディションを把握しています。ですから、「何と何がそろそろ寿命が近そうですが、今交換しましょうか?」などと聞いてくれるお店は親切なお店といえます。「現状がどのような状況で、今後こういう箇所の交換が必要になるかもしれない」「この部分は保証で対応できるがこっちは保証で対応することができないので、できれば納車前に対策しておきたい」というような、短期中期の予測をもとに必要な箇所だけ手を入れる。どのようなことになるのかも教えておいてくれると安心できますよね。

保証というのは金銭的に「得する」こともさることながら、安心して乗る為のサポートであるべきだと思うのです。できるだけ安く購入して自分で整備していくのが趣味という方もいらっしゃるでしょう。しかし、一般的には車によるストレスはできるだけ避けたい。そんなところではないでしょうか。コンディションを知るということと、任せて安心なお店かどうかを確認する意味でも、任せっきりではなく「車の現状を教えてくれる」お店なら安心して購入するできることでしょう。

保証内容はしっかり確認しよう!

また保証の種類も様々です。日常点検に付随したオイル交換などをサポートするというものなのか、それとも、部品や対象箇所が明記されていてそれに関してどのくらいの期間、どのくらいの距離まで対応してもらえるのかはしっかり確認しておきましょう。

ただ、日常点検もさることながら、ちょっとした音の変化、振動の有無などにもできれば注意し、車のコンディションの微妙な変化はオーナーがしっかり把握できていることが望ましいとは思います。そういう状況であれば、整備工場、中古車屋さんが、どんな修理をすればいいかという対応も的確かつスピーディに進められるのです。少しでも不安になったら、相談に乗ってくれる、見てくれる。保証の有無以上に、愛車のコンディションを保つ上でこういうスタンスがとても大事なはずです。ナビクルから問い合わせることのできる中古車販売店にも、様々な保証制度などを用意しているお店がありますので、まずわからないことはどんどん質問してみるといいと思います。愛車のコンディションは「ショップと共に維持していく」という発想が大事で、保証はその一つの印だといえるでしょう。

まとめ

  • 保証は使わなくて済むのが一番
  • しっかりコンディションを把握しているからこそ保証を付けられるはず。愛車のことはどんどん質問して、一緒にコンディションを維持していくというスタンスが大事。保証は「内容」より「お店の姿勢に注目」。