2015

12

Mar

中古車の上手な買い方

【お得にGET!】《中古車》の買い時、価格が下がる時期っていつ?

中古車は購入時期・世間の需要・新車の発売など、様々な要因で常に価格が変化する為、例え同じクルマであっても、タイミング次第で購入費用が大きく変わってきます。中古車には特有の「価格の上がる時期・下がる時期」があり、変動のタイミングを正しく見極めることで、費用を抑えた中古車選びを叶えられるようになります。

 

価格が「下がる時期」と「上がる時期」の見分け方

調べる

中古車の価格は時期や需要によって大きく変化する為、以下の変動時期を参考に購入のタイミングを検討することができます。

【2~3月】値上がり時期

この時期は、新車購入・転勤などにより販売店への買取依頼が多くなることから人気車種の供給も高まり、希望のクルマが中古車でも見つかりやすくなる為、価格が高くなる傾向があります。また、学生の卒業や進学シーズンと重なり、一台目のクルマに中古車が選ばれることが多いことから、値上がりを促進します。

【7・12月】値下がり時期

ボーナス時期は新車購入希望者が増加することから中古車の需要が低下し、値下がりしやすくなります。

【1月】
年末年始の出費などに伴い購入検討者が減少するため、値下がりやすくなります。

【4・5月】
2・3月の価格上昇の反動から、値下がりが起きる傾向があります。

 

“供給が増える時期”は価格が下がりにくい

下がりにくい

新車購入時にそれまで乗っていたクルマを買取に出すと、そのクルマが中古車販売店へと流れる為、新車の購入が増える時期には市場への中古車の供給も増加します。
特に中古車の流通が最も盛んになるのが、2・3月の決算前です

新車を扱うディーラーでは、決算前の業績確保の為に大幅な値下げを行う傾向があります。この際、新車の購入に合わせて様々な種類の中古車が流通することになる為、中古車市場が活性化します。

多くの中古車が市場に流通することで、車種・クルマの状態・オプションなど検討時の選択肢が増え、価格を下げずとも中古車の需要は増加していきます。

その為、中古車が市場に多く供給されている時期は値下がりしにくくなります。

 

中古車の“売れない時期”が狙い目

狙い目

費用を抑えて中古車を購入するには、クルマの需要が少ない時期を狙うことが重要です。長期の連休時期は、旅行・買い物などで何かと出費が重なることからクルマの需要が低下し、値下がりする傾向があります。また、ボーナス前の出費を控えたい時期も、同様に値下がりを期待できます。

店頭に長く並んでいるクルマも徐々に値を下げることがありますが、売れてしまう場合もありますので、タイミングを見極めて購入する決心も大切です。