中古車購入

更新日: 2022-04-26

高級車を中古で買うならこれ!意外とお得な「高級中古車」を紹介

中古の高級車

高級車は庶民には手が届きにくい存在ですが、車好きなら一度は乗ってみたいものです。

そこで注目したいのが中古の高級車。前のユーザーが大切に乗ってきたケースが多く、また新車3年目の車検を機に手放すことも多いです。ほとんどの場合、良好な状態の中古車が揃っています。

しかし中古車から高級車を探すときには、さまざまな疑問や望みがあると思います。

よくある疑問や望み

  • 「あこがれの高級車…中古でもいいから安く状態のいいものを手に入れたい」
  • 「中古の高級車はどこで購入できるのか?」
  • 「購入する際に注意するポイントは?」

本記事では、中古の高級車につきものの疑問を徹底的に検証。あなたにとって最高の高級車を購入するためのお役立ち情報を集めてみました。

また、中古車市場で手ごろな価格で手に入る高級車も紹介しますので、参考にしてください。

これを読めば、中古車であっても、自分にあった最高の一台を見つけることができます。ぜひ最後までお読みください。

中古の国産高級車おすすめ5選

まずは中古車で手ごろな価格で手に入る高級車を見てみましょう。

中古の高級車を購入する際、注意したいのはデザインやブランドなどさまざまですが、やはり燃費の良さにも注目したいところ。

特に高級車はボディが大型で、かつ大出力のエンジンを搭載していることが多いです。むやみに安いものを選んでしまうと、排ガス規制が行われる前の燃費の悪い車を入手してしまうことも。

そこで、燃費が良好な、おすすめの国産の高級車をピックアップしてみました。

※新車販売価格:2020年4月時点の公式カタログ・HPより調査
※中古車相場・JC08モード燃費:2022年4月時点のカーセンサーより調査

レクサス・LS

レクサス・LS

新車価格 1,071万円〜
中古車価格 476.8万円~1571.1万円
定員 5人
JC08モード燃費 9.5~16.4km/l

今や高級車の代名詞的存在になりつつあるレクサス。「クラウンはちょっとオジサマ向けかな」と感じる若い世代にも通じる、洗練されたフォルムが魅力です。 また、エコカーブームに火つけ役であるトヨタが展開するブランドなだけに、燃費も優秀。ハイブリッドモデルともなると、約15~16km/Lとハイブリッドモデルならではの優秀さを誇ります。

2012年のマイナーチェンジや改良が随時加えられている主力商品です。LS600hなら5~8年落ちのものを選べば、300万円台の手ごろなお値段のレクサスハイブリッドが見つかります。

レクサス・NX

レクサス・NX

新車価格 レクサス・NX
中古車価格 209.8万円~875万円
定員 5人
JC08モード燃費 12.2~21km/l

こちらもレクサスから、SUVモデルのNXです。

若い世代に人気のSUVですが、レクサスの手にかかると非の打ちどころのない高級車になります。ハイブリッドモデルなら19.8km/Lと、SUVとしても普通車としても良燃費です。

また、ステアリングやシフトノブ、シートには本革を使用。後席にもヒートシーターが標準搭載され、友人を乗せてのウィンタースポーツでも万全の性能を発揮してくれます。

中古車市場での平均価格は400万円ほど。特に新車3年の車検を機に手放された、良好な在庫が揃っています。レクサスはオーナーズ特典で念入りな整備がされていた可能性が高く、品質面でも狙い目。 予算に余裕がある方なら、そのオーナーズ特典を受けられるレクサス認定中古車を探すのも手です。NX300hなら500万円以下で、新車同然の高品質な認定中古車が購入できます。

トヨタ・ハリアー

トヨタ・ハリアー

新車価格 299万円〜
中古車価格 263万円~598万円
定員 5人
JC08モード燃費 26.3~27.4km/l

それまでアウトドア志向の強かったSUVに「高級クロスオーバーSUV」という新ジャンルを開拓したハリアー。オフロードではなく街乗りのSUVとして高い存在感を放っています。

パワーと燃費を両立するなら、21.4km/Lという良好な燃費を持つハイブリッドモデルがおすすめ。最後にフルモデルチェンジが行われたのが2013年、マイナーチェンジは2017年なので、2013~2017年のものを選べば、比較的手ごろな価格のハリアーを求めることができます。 広いラゲッジスペース、快適な走行性能といった実用性と、力強い外観とラグジュアリーな内装を備えたおすすめの一台です。

三菱・アウトランダーPHEV

三菱・アウトランダーPHEV

新車価格 462.1万円〜
中古車価格 5万円~488万円
定員 7人
JC08モード燃費 18.6~19.2km/l

三菱・アウトランダーのプラグインハイブリッド(PHEV)モデルです。

マイナーチェンジを重ねてプレミアム感漂う外観は、高級車と呼ぶに不足のないものです。

パワーに定評のある三菱車らしく、オフロードでもオンロードでも十分なパワートレインが魅力。それでいてPHEVならではの静粛性で、住宅街での使用にも問題がなく、車内での会話を妨げることもありません。

また、外部給電モードにすれば、ヴィークルコネクターを通して家電製品を屋外で使うこともできます。レジャー先で電気ケトルでコーヒーを淹れる、海で遊んだ後にドライヤーを使用する、といった多様な使い道があるのも魅力。

トヨタ・アルファード

トヨタ・アルファード

新車価格 359.7万円〜
中古車価格 174.9万円~2,299万円
定員 7~8人
JC08モード燃費 9.1~19.4km/l

ご家族や多人数の友人と乗りたい、という方にはアルファードがおすすめです。フロントグリルをはじめとする外観は力強い高級感です。また、エンブレムは「α(アルファ)」をあしらった独自のもので、希少性を求める方におすすめ。

内装は、7人がゆったりと乗れる上質な空間になっています。シートアレンジも多彩で、人数に応じた最適なくつろぎスペースを作り出せます。

大型のアームレストには格納式のテーブルとコントロールスイッチがあり、旅客機のファーストクラスさながら。大切な友人や家族をもてなすには最適な車と言えるでしょう。 燃費はガソリンモデルで10.8km/Lと、燃費が悪いとされるミニバンとしては十分な高水準。ハイブリッドモデルなら18.4km/Lとさらに燃費が向上します。価格やほしいグレードと合わせて検討したいところです。

ここまでで、国内メーカーのおすすめ高級車を紹介してきました。ただ「高級車といえば外車」という方も少なくないはず。そこで次に、中古で買いたい高級外車を紹介しましょう。

中古の輸入高級車おすすめ5選

高級車を検討するときには、やはり希少性の高い輸入車も検討したいところ。サイズ感も大きく、迫力では国産車に勝るとも劣らないラインナップが揃っています。

ジャガー・F-PACE

ジャガー・F-PACE

新車価格 735万円〜
中古車価格 279.8万円~1,728万円
定員 5人
JC08モード燃費 10.1~15.8km/l

ジャガー初となるSUVであるF-PACE。

ジャガー車らしい鋭くも丸みを帯びたフォルムが特徴です。内装はシックにまとまりながらも高級感が行き過ぎることはなく、「あまり派手な内装はちょっと……」という方でも気後れしません。

むしろ走りに特化したコクピットは「機能美」の面で優れていると言えます。同様に走行ではディーゼルモデル、ターボチャージャー搭載モデルすべてで高い評価を得ています。価格の高さは「ラグジュアリー感」よりも「走行性能」ゆえと考えていいでしょう。

ディーゼルモデルの燃費は15.8km/Lとかなりの高水準。ディーゼルエンジンというと、一時期の風当たりの強さから日本国内では敬遠されがちですが、現在のクリーンディーゼル車は非常に進歩しています。ガソリンより安い軽油で走るディーゼルは十分に選択肢に入ります。

ベンツ・Eクラス

ベンツ・Eクラス

新車価格 793万円〜
中古車価格 249万円~988万円
定員 4人
JC08モード燃費 10.4~21km/l

言わずと知れた高級車の代名詞、ベンツ。高嶺の花という印象がありますが、比較的中古車の在庫が出回っているE-200、E-220「アバンギャルド」なら300万~の価格で、幅広い在庫があります。

インテリアはもちろん文句のつけようがない高級感。スポーティな艶消しの黒から、エレガントな木目調まであり、豊富な中古車在庫から好みに合わせて選ぶのがいいでしょう。

燃費は10.4~21.0km/Lと良好な数字。安全装備の充実も見逃せないポイントで、クルーズコントロールで高速走行から渋滞時まで、前の車との最適な距離を保ってくれます。車線変更時にもステアリングをアシストする機能がつき、安全面でも高級品。

BMW・X5

BMW・X5

新車価格 961万円〜
中古車価格 569.8万円~1039.9万円
定員 4人
JC08モード燃費 8.5~15.9km/l

BMWにおけるSUVは「SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)」と呼称され、その名前に違わない快適な走行が最大の特徴です。加速のレスポンスの快適さ、軽快なコーナリングは、走りを楽しみたいユーザーにとって非常に魅力的です。 燃費はガソリンモデルで8.5~10.3km/L、ディーゼルモデルで14.0km/Lと、大型SUVとしては十分に標準を満たしています。性能面では非の打ちどころはなく、むしろ課題となるのはお住まいの地域と車体のサイズとの兼ね合いかもしれません。

欧州車は近年、燃料規制の影響からこぞって新型にPHEVモデルを追加しており、X5も例外ではありません。

さらに2018年6月には5年ぶりとなるフルモデルチェンジを発表。2018年以前の3代目X5の在庫が中古車市場に出回り、お得に購入することができます。

MINI・クロスオーバー

MINI・クロスオーバー

新車価格 399万円〜
中古車価格 178万円~679.9万円
定員 5人
JC08モード燃費 13.2~21.3km/l

少し趣向を変えてコンパクトな車がほしい方におすすめなのが、MINI・クロスオーバーです。MINIはBMWが設立したブランドです。そのため親しみやすいデザインとは裏腹に、走り、外装、内装すべてが高水準でまとまっているのが特徴。

街中でも山道でも十分な順応性を発揮するオールラウンドな走行性能。「ゴーカートフィーリング」とも称されるきびきびとしたレスポンスで、走りを追求したい方でも満足できます。燃費も13.2~21.3km/Lと良好。

外観はMINIの象徴でもある丸っこいフォルムを保ちながらも、クロスオーバーは少しシャープで力強い印象。MINIの看板車である3ドアの丸いヘッドライトを、「可愛すぎて気後れする」と感じる方でも安心して選べます。

中古車在庫ではおよそ300万円~で、新車に近い状態の車が出回っています。選択肢も豊富なので、自分好みの一台を見つけられるでしょう。PHEVである「クーパーSE ALL4」も少数ながら在庫があるので、見かけたら検討してみるのも一興です。

アウディ・S3スポーツバック

アウディ・S3スポーツバック

新車価格 667万円〜
中古車価格 205万円~559万円
定員 5人
JC08モード燃費 14.4~14.7km/l

六角形のフロントグリルと落ち着いたデザインが、やりすぎない高級感を演出しているハッチバックです。サーキットでも見劣りしない軽快な走行性能はアウディの得意とするところで、快適なドライブを楽しめるでしょう。 クルーズコントロールをはじめとした各種安全性能も充実しており、ドライバーや同乗者の安全も視野に入れるならおすすめです。さらに内装の特徴として「バーチャルコックピット」があります。メーターパネル内にカーナビ情報を表示してくれるため、ナビを起動していても運転に集中できます。

燃費は14.4~14.7km/L。中古車市場ではおおよそ、200万~500万の間で取引されています。オプションや予算を見比べながら、じっくり選ぶのがいいでしょう。

高級車をメインに扱う専門店を紹介

ここまでおすすめの高級車をご紹介してきましたが、次は「どこで買えばいいのか」が気になるところです。

ヤナセ」「LIBERALA(リベラーラ)」「ロペライオ」の3つの高級車専門の中古車販売店がおすすめです。順番にご紹介します。

高級車の取り扱いならヤナセ

高級車の販売店といえばヤナセを思い浮かべる方も多いと思います。日本では特に新車、中古車ともにベンツ車を取り扱っていることで認識されている方も多いかと思います。もちろんベンツ以外にも多くの有名な中古輸入車を扱っています。

各種自動車保険や品質保証も充実しており、信頼度はピカイチ。 アフターサービスにも注力しているため、購入後に不具合が発生した場合でも安心です。高級車を探すなら、ヤナセが間違いないでしょう。

LIBERALAで使いたいシーンから輸入車探し

リベラーラは輸入車を専門に扱う販売店です。運営しているのは有名な中古車販売店「ガリバー」を運営しているIDOM株式会社。中古でも品質のよい輸入車が豊富にそろっており、ほしい一台を見つけることができるでしょう。

また、サイトでは想定する使用シーンに合わせておすすめの車が紹介されているので、購入後のイメージがしやすいかもしれません。たとえば「スキーに行く時に乗りたい一台」というページでは、BMW X5 Seriesなどアウトドアにぴったりの高級車が紹介されています。

販売だけでなく、車検や整備も扱うロペライオ

ロペライオも輸入中古車を専門に扱うサイトです。関東圏を中心に展開しており、ベンツ、フェラーリ、ランボルギーニなど、憧れの高級車の数々を取り扱っています。

車検や整備なども請け負っているので、輸入車の課題である部品の調達なども安心です。

中古の高級車を購入する際に知っておくべきポイント

中古車とはいえ、高級車となれば決して安い買い物にはなりません。購入する際に注意すべきポイントは以下の通りです。

中古車購入の際の注意点

  • 修復歴のある車は避ける
  • 保証が十分についている車を選ぶ
  • 認定中古車は信頼性が高い
  • 並行輸入車には注意が必要
  • 任意保険が高くなる点には注意

これらの点に注意して、リスクと価格を天秤にかけることで、失敗のない中古車選びができます。詳しく解説していきましょう。

修復歴ありの車は避ける

「修復歴あり」になっている、いわゆる「修復歴車」は絶対に避けましょう。修復歴車とは、「車のフレームなど、根幹になる部分に損傷があり、交換や修理をした車」です。

これらの車は走行に支障をきたしている可能性が高く、ひどいときにはまっすぐに走らないこともあります。

また、そうなるほど大きな事故を経験している車は、他の部分にダメージが波及し、走行時のストレスが重なることで突然、思わぬところに故障が生じるリスクがあります。 高級車は修理部品ひとつひとつも高額です。安全のためにも、余計な出費を避けるためにも、安いからと修復歴ありの車を選ぶことは避けましょう。

修復歴車の詳しいリスクと見分け方については「修復歴ありの中古車は買い?修復歴車のリスクと見分け方を徹底解説」で解説しています。ぜひご参照ください。

保証がついている車を選ぶことが大事

「販売店保証」や「ディーラー保証」がついている車を選びましょう。いずれも「販売側が品質に問題がないことを保証してくれている車」であることを意味しています。

筆者としては最低でも6ヶ月の保証がついているものを選ぶことをおすすめします。車の不具合はしばらく走ってからわかるものも少なくないためです。

上記でご紹介した中古車販売店は、いずれも独自の保証を用意しているので、保障内容をしっかり把握しておきましょう。

中古車の保証の重要性と基本的な仕組みについては「中古車こそ保証が大切!保証の内容・期間など必須知識を詳しく解説」で説明していますのでご参照ください。

高品質な中古車がほしいなら「認定中古車」も検討に入れる

認定中古車は、ディーラーや販売店ではなくプロの第三者機関が厳しい条件のもとに検査・点検した中古車です。

品質に関しては、一般的な「中古車」より良好であり、故障した場合でも手厚い保証が受けられるメリットがあります。また、レクサスなど一部のブランドでは、認定中古車のオーナーに特典がつくこともあります。

デメリットとしては、それだけの手間をかけており、高品質な分価格が高くなってしまうこと。高品質であるに越したことはないですが、中古車を買う以上、価格があまりに高くなってしまうのも考えもの。予算と相談して決めるのがいいでしょう。

並行輸入車に興味がある人は、十分なリサーチが必須

あまり耳慣れない言葉ですが「並行輸入車」とは簡単に言えば「一般的なルートとは少し違うルートで輸入した車」のことです。いうまでもなく非合法という意味ではありません。

並行輸入車の購入は、メンテナンスや修理に必要な部品の調達、国内の任意保険への加入の手間がかかるなどのデメリットもあります。

有名な外車は、一般的な「正規輸入車」として購入することができる場合がほとんどなので、並行輸入車を探す方は少ないと思います。どうしても「日本で売られていないあの車がほしい!」とお考えの方は、「「並行輸入車」って何?その定義とメリット、おすすめ車種を紹介」に選び方からおすすめ車種まで記載されていますので、ご一読の上、ご検討ください。

任意保険が高くなる可能性がある

任意保険は等級や年齢だけでなく、車両料率によって保険料が変化します。車両料率とは、車の形式ごとに定められらた危険率のことです。

過去に盗難された車、事故にあった車、保険の支払い料などを統計して指標が定められています。車の窃盗の対象になりやすい高級車ほど、任意保険料が高くなる仕組みになっています。 その他、特に輸入車の中古車を購入する際の注意点は「「中古車の輸入車」決定版!おすすめの車種と購入するうえでの注意点」に詳しく書かれていますので、ぜひ一度お読みください。

まとめ

高級車といっても、中古車市場に販売される在庫は比較的手が出しやすい価格になっています。また、前のユーザーが大切に乗っていたり、ディーラーやメーカーの手厚いメンテナンスを受けていた可能性が高く、状態も良いでことが多いのです。 中古車を買うにあたって、高級車はむしろ「おすすめの車」と言って差し支えないでしょう。

一方で、決して安い買い物ではないので、万が一にも不良車を購入してしまわないように注意が必要な車でもあります。

高級車を購入する際の注意点

  • 信頼できる販売店からの購入か
  • その販売店が品質を保証できる状態の車か
  • 販売価格だけでなく、燃費などの維持費まで視野に入れて購入する

以上の3つに注意すれば、憧れの高級車を納得いく品質と価格で購入することができるでしょう。

  • 公開日: 2022-04-26

一括査定で複数社の見積りをカンタン比較!
愛車の最高額を今すぐチェック!

フォームステップ1 入力

ビッグモーター オートバックス カーチス カーセブン ネクステージ
シーボーイ ユーポス ラビット オートベル カーズネット

一括査定なら、愛車の査定額が平均16万円もお得に!
申込み後すぐに相場額をお知らせいたします。
※複数社査定されたお客様の、査定最高額と査定最低額の差額平均額を算出
(当社実施アンケートより 2022年2月回答617件)

車種情報入力

45秒入力で、カンタン査定依頼。査定額を比べて、最高額で売ろう!

メーカー名

必須

車種名

必須

年式不明の場合はだいたいでOKです。

必須

走行距離不明の場合はだいたいでOKです。

必須

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

お名前

姓: 名: 必須

お住まいの地域によって査定額が異なる場合がございます

郵便番号

必須 〒番号検索

住所

郵便番号入力後、住所が自動入力されます  

Q 早めの売却をご予定ですか?(3ヶ月以内) 必須

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

希望連絡先(電話番号)

必須

いたずら、なりすまし防止のために利用します。正しい番号をご入力ください。

メールアドレス

必須

key icon

当サイトのご利用により、個人情報が許可無く公開されることは一切ございません。

東証プライム市場のロゴ

株式会社エイチームライフデザインは、
株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)の
グループ企業です。証券コード:3662

ご利用かんたん3STEP

STEP1無料一括査定に申し込む

お車情報とお客さま情報を入力するだけ!
45秒で申し込み完了!
愛車の相場額をチェック!

無料一括査定に申し込む

STEP2愛車を査定

最大10社の査定会社からメールまたは、電話にてご連絡し、査定いたします。

愛車を査定

STEP3最高額で売却

各社からの査定金額を比較して、最高額の売却先を見つけます。

最高額で売却
※お申込み後、簡単なアンケートにご回答いただくと査定相場をご覧いただけます。
ただし、中古車市場での実際の取引額に基づく参考金額のため、一部の車種は、結果をお知らせできない場合がございます。予めご了承いただけますよう、お願い申し上げます。

フォームステップ2 確認

一括査定で愛車の査定額が平均 16万円 お得!

※複数社査定されたお客様の査定最高額と査定最低額の差額平均額を算出(当社実施アンケートより2022年2月回答617件)

SMS認証

入力内容に問題がなければ
認証コードを入力してください

の電話番号に4桁の数字(認証コード)を送信しました。
携帯電話のメッセージアプリに届いている4桁の数字(認証コード)を
以下のフォームにご入力ください。

認証コード(4ケタ)

電話番号を修正する

※2分以内にSMSが届かない場合、通信エラーの可能性があります。

こちらから再送してください

再送可能まであと

利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

電話認証

認証が確認できました。

まだ申し込みは完了しておりません。
入力内容に問題がなければ、
「【無料】査定を依頼する」ボタンを
押してください

利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

査定依頼先

    もうすぐ  の相場がわかる!!

    ???万円

    利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

    入力情報確認

    車種情報

    メーカー名

    車種名

    年式

    走行距離

    お客様情報

    お名前

    電話番号

    郵便番号

    住所

    早めの売却をご予定ですか?(3ヶ月以内)

    メールアドレス

    キャンペーン

    入力情報を修正する

    利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

    電話認証

    指定電話番号への発信による認証を行います。
    登録した電話番号から、下記の番号へ電話をおかけください。
    認証完了ガイダンスが流れたら[認証確認]を押してください。
    ※通話料かかります

    認証確認中

    Now Loading...