中古車購入

更新日: 2022-04-21

ポルシェの中古車を手に入れる!おすすめ6車種の特徴や魅力を解説

ポルチェの中古車

この記事のポイント

  • ポルシェには独自の特徴と魅力がある
  • ポルシェ中古車のおすすめ車種6選を紹介
  • ポルシェは車種ごとに個性があるため、好みに合う特徴の車種を選べる

「ポルシェ」と聞いて、どんなイメージが浮かびますか。

ほとんどの人の中で「高級」という文字が頭をよぎるのではないかと思います。近年の日本では、いわゆる「ブランドもの」が敬遠される傾向にありますが、実際にはブランド力の高いものはユーザーの満足度も高く、ポルシェにおいても例外ではありません。

しかし、ポルシェは高級ブランドということもあり、お手頃な価格では買えないことから、中古車を検討されている方も多いのではないでしょうか。

また、現在のポルシェはラインナップが豊富になってきたので、どんな車種を買えば良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、この記事ではポルシェの中古車を購入するうえで必須情報をまとめました

あなたが「買ってよかった!」と思えるようなポルシェ中古車の情報をお伝えします。ぜひ最後までご覧ください。

 

ポルシェの魅力と特徴を紹介

ポルシェの魅力や特徴は、以下の3つです。

ポルシェの魅力や特徴

  • 過去に生産されたポルシェの7割以上がいまだに現役
  • 日常使いに重きをおいた車づくり
  • 人生に張り合いが生まれる

下記で詳しくみていきましょう。

過去に生産されたポルシェの7割以上がいまだに現役

過去に生産されたポルシェの7割以上が、いまだに現役で走っているほど「頑丈」につくられていることが魅力です。

アメリカの顧客満足度調査機関である「J.D.パワー」による2017年米国自動車耐久品質調査において、ブランド別ランキングでポルシェとレクサスが同率1位に選ばれました。

この調査では、2014年型車を購入して3年が経過したユーザー35,186人を対象に、177項目にわたり直近1年間の不具合経験を聴取しています。100台当たりの不具合指摘件数(TPP100)を算出、数値が小さいほど品質が高くなります。

2017年調査の平均156PP100に対しポルシェの不具合指摘件数は110PP100と圧倒的に少ない数値となっています。

高級車やスポーツカー、ましてや輸入車というと故障やトラブルが多いイメージがありますが、ポルシェは壊れにくいことで知られています。今でも何十年も前のモデルが走っていることや、調査機関による結果が良いことなどがそれを証明しています。

壊れにくい高級車や輸入車に乗りたいという方は、ポルシェが向いています。

日常使いに重きを置いた車づくり

高速道路やサーキットではスーパーカー並の性能をもちながらも、街中で普通に乗れるというところがポルシェの良いところです。

フェラーリやランボルギーニなどのスポーツモデルは、日常使いには向いていません。車体が低く幅も広いので、少しの段差や狭い道での走行に神経を使いますし、駐車場探しも大変です。タイヤやブレーキの摩耗は早く、乗り降りも楽ではありません。

しかし、普通の乗用車よりは大変ですが、ほかのスポーツカーと比べると乗り降りが楽です。車体の高さや幅はおさえられているので、ショッピングや通勤の利用も問題ありません。スポーツカーが苦手な方は、SUVやセダンを選ぶことも可能です。

日常的に高級車に乗りたいという方にも、ポルシェがおすすめです。

人生に張り合いが生まれる

「ポルシェは人生に張り合いを生む」と、ポルシェオーナーたちは口をそろえます。

ポルシェを所有することで、さまざまな恩恵を受けることもあります。例えば、人脈が広がってビジネスのチャンスが生まれるなど、ポルシェがきっかけで幸せになったというケースもあります。

「ポルシェを維持したい」とか「もっといい車に乗りたい」といった考えから、収入を増やすために起業して成功したという人もおられます。つまり、ポルシェを所有することで「人生や生活を頑張ろう」という気持ちが芽生えるのです。

力強く人生を生きていきたいという方にも、ポルシェがおすすめです。

ここまでは、ポルシェの魅力や特徴についてお話してきましたが、ここからはおすすめのポルシェの車種をご紹介していきたいと思います。

中古でポルシェを買うならこれ!おすすめ車種を紹介

ポルシェ中古車を購入するのであれば、以下のような車種をおすすめします。

中古のポルシェでおすすめの車種

  • ボクスター
  • ケイマン
  • カイエン
  • パナメーラ
  • ポルシェ356
  • ポルシェ911

下記から、詳しくみていきます。

ボクスター:ポルシェの入門モデルとして開発されたロードスター

ボクスター

引用:ポルシェジャパン公式HP

ボクスターは、ポルシェの中では最も車体価格の低い入門モデルという位置づけです。

1996年に誕生したオープンカー(ドイツ、フランス車はカブリオレと呼ばれる)で、姉妹車であるケイマンとともにフラッグシップモデルの「911」と多くの部品を共有しています。

ポルシェ最後のフロントエンジン車(FR方式)であったポルシェ968の後継モデルで、ボクスターにはミッドシップに搭載されています。

現行型は、2016年から発売されている3代目モデル後期型(981後期型)です。このモデルから「718ボクスター」という名称へと変更されたほか、ケイマンとのエンジン出力差(ケイマンの方が高かった)がなくなっています。

2017年モデルからは、「718ボクスターGTS」が新たに追加されました。718ボクスターや718ボクスターSと同じ水平対向4気筒ターボエンジンを搭載していて、最高出力365psを発揮します。

ボクスターのメリット

  • 最も安価にポルシェを購入できる
  • オープンカーとしてはボディ剛性が高い
  • 視認性に優れていて運転しやすい

ボクスターはこんな方におすすめ

  • 手軽に本格的なスポーツカーに乗りたい方
  • 数少ないMR(ミッドシップ)レイアウトの車に乗りたい方
  • スマートにオープンカーを乗りこなしたい方

ケイマン:高いポテンシャルを秘めたライトウェイトスポーツ

ケイマン

引用:ポルシェジャパン公式HP

ケイマンは、ボクスターと並ぶエントリーモデルのコンパクトスポーツカーです。

「ボクスター」から派生したクーペモデルとして、2005年に登場しました。

RRレイアウトのフラッグシップモデル「911」よりもミッドシップであるケイマンの方がスポーツカーとして優れているのですが、911より遅くなるように設計されていることが特徴です。

現行型のケイマンは2代目モデル後期型で、2016年から発売されています。このモデルから「718ケイマン」というモデル名に変わり、水平対向6気筒自然吸気エンジンから水平対向4気筒ターボエンジンへと変更されています。

ケイマンのメリット

  • 取り回しやすいボディサイズ
  • ポルシェの中では低めの価格で買える
  • 911と比べて遜色のない走行性能をもっている

ケイマンはこんな人におすすめ

  • ポルシェやスポーツカーが初めてという方
  • 価格をおさえてポルシェに乗りたい方
  • カブリオレより安全性を重視したい方

カイエン:最高のSUVといわれた新しいかたちのスポーツカー

カイエン

引用:ポルシェジャパン公式HP

カイエンは、ポルシェから「新しいかたちのスポーツカー」として誕生したSUVです。

初代モデルは2002年に登場、古くからSUVを販売しています。ランボルギーニ・ウルスやマセラティ・レヴァンテといったSUVを各スポーツメーカーは発売していますが、カイエンはこれらより早くから開発されています。

SUVとしての完成度は、他のスポーツメーカーを凌ぐといっても過言ではないでしょう。

現行型は2014年に発売された2代目モデル後期型で、注目すべきグレードは新たに追加されたカイエン・ターボSです。最高出力は前期型ターボの出力を20ps上回る570psで、0-100km/h加速が4.1秒というSUVとは思えない優れた走行性能をもっています。

カイエンを中古車で買うメリット

  • 初代モデルであれば安価な価格帯で購入できる
  • 豊富なグレードから自分に合ったものが選べる
  • 実用性を犠牲にせずに運転を楽しめる

カイエンの中古車はこんな人におすすめ

  • 優れた走行性能をもつSUVに乗りたい方
  • 室内が広い車に乗りたい方
  • 比較的低い予算でポルシェを楽しみたい方

パナメーラ:ポルシェ初のフル4シーターの4ドアセダン

パナメーラ

引用:ポルシェジャパン公式HP

パナメーラは、2009年に登場した4人乗りの大型高級スポーツカーです。

メルセデス・ベンツSクラス、BMW7シリーズ、レクサス・LSと同じ激戦区のFセグメントに分類されます。しかし、ポルシェらしさを前面に押し出した個性的なデザインにより差別化が図られていて、911を踏襲した尻下がりなリアのラインや丸いヘッドライトを特徴としています。

現行型は2016年から販売されている2代目モデルで、ツーリングワゴンタイプも追加されました。

特筆すべきは、4.8リッターV8ターボエンジン4WDの「パナメーラターボ4S」です。最高出力は550psで、0-100km/h加速が3.8秒、ニュルブルクリンクでは911 GT3(モータースポーツ参戦を目的に開発された市販車)を超えるタイムを叩き出したことで話題を呼びました。

パナメーラのメリット

  • 高級サルーンの乗り心地とスポーツカーの性能を併せ持っている
  • ポルシェの美しいデザインが光る
  • ロングホイールベースにより高速走行が安定している

パナメーラはこんな人におすすめ

  • 個性的なセダンやツーリングワゴンに乗りたいという人
  • 実用性と走行性能を両立した車に乗りたい人
  • 乗り心地の良い車に乗りたい人

ポルシェ356:911の原型でポルシェの名を冠した最初のスポーツカー

ポルシェ356

ポルシェのクラシックカーとしておすすめしたいのは、356(さんごうろく)です。

第二次世界大戦終戦後から開発に着手したモデルで、1948年から1965年まで製造・販売されていました。居住性と実用性に優れた高性能な小型スポーツカーで、「356」開発コードからその名が付けられました。

オリジナルモデルは非常に高価ですが、復刻モデルであれば購入できる価格帯で販売されています。

1961年に追加された「2000GS」では、排気量が1.6リッターから2リッターへと拡大され、最高出力が90psから130ps、最大トルクが12.3kgmから16.4kgmへと向上しました。1963年に登場した最終型の「356C」においては、全車種前後輪ともATE製のディスクブレーキが採用されました。

ポルシェ356のメリット

  • 356ならではの流れるようなボディデザインがかっこいい
  • きちんと整備していれば壊れにくい
  • 今では希少となった空冷エンジンサウンドが聞ける

ポルシェ356はこんな人におすすめ

  • 壊れにくいクラシックカーに乗りたい方
  • デザイン性の高い車に乗りたい方
  • 911の前身モデルを所有したい方

ポルシェ911:泣く子も黙るポルシェのフラッグシップモデル

911

引用:ポルシェジャパン公式HP

ポルシェ史上、最も長い歴史をもつのがフラッグシップの911です。

ポルシェ356の後継モデルとして1964年に登場して以来、50年以上も生産され続けているモデルです。誕生時から一貫して丸いヘッドライト、流れるようなリア形状、RR(後ろ置きエンジン、後輪駆動)レイアウトなどが採用されていて、フロントの形状から「カエル」とも呼ばれます。

現行型は2015年から発売される991後期型で、最も普及しているのは基本モデルの「カレラ」です。

カレラのエンジンは、981型のボクスターSと同じものが搭載されていますが、より高回転型へとセッティングが施されています。エンジンのダウンサイジング化の流れを受けているにも関わらず出力は向上していて、991前期型から20ps増しの最高出力370psを発生させます。

ポルシェ911のメリット

  • RRレイアウトならではの走りが楽しめる
  • 振動の少なさや剛性の高さなど水平対向エンジンの恩恵が受けられる
  • 中古車市場では古いモデルもたくさん販売されている

ポルシェ911はこんな人におすすめ

  • ポルシェを象徴するモデルに乗りたい方
  • 走行性能やデザイン性を重視する方
  • 普段使いできる本格的なスポーツカーに乗りたい方

まとめ

今回の記事では、ポルシェの中古車を検討している方に向けて、ポルシェの特徴や魅力をはじめ、おすすめの車種を詳しくお伝えしてきました。

ポルシェといってもブランドイメージが先行して、具体的にどんな車なのかわからないという方も多いかもしれません。しかし、値段が高価なだけではなく品質やデザイン性の高さは間違いなく世界トップレベルなので、買って損をすることはないでしょう。

この記事を読んで気になるモデルがみつかったのであれば、さっそく中古車店へ連絡して在庫確認や試乗予約をしてみてください。

ぜひ、あなたに合ったポルシェ車をみつけてください。

  • 公開日: 2022-04-21

一括査定で複数社の見積りをカンタン比較!
愛車の最高額を今すぐチェック!

フォームステップ1 入力

ビッグモーター オートバックス カーチス カーセブン ネクステージ
シーボーイ ユーポス ラビット オートベル カーズネット

一括査定なら、愛車の査定額が平均17万円もお得に!
申込み後すぐに相場額をお知らせいたします。
※複数社査定されたお客様の、査定最高額と査定最低額の差額平均額を算出
(当社実施アンケートより 2019年2月回答145件)

車種情報入力

45秒入力で、カンタン査定依頼。査定額を比べて、最高額で売ろう!

メーカー名

必須

車種名

必須

年式不明の場合はだいたいでOKです。

必須

走行距離不明の場合はだいたいでOKです。

必須

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

お名前

姓: 名: 必須

お住まいの地域によって査定額が異なる場合がございます

郵便番号

必須 〒番号検索

住所

郵便番号入力後、住所が自動入力されます  

早めの売却をご予定ですか?(2ヶ月以内)

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

希望連絡先(電話番号)

必須

いたずら、なりすまし防止のために利用します。正しい番号をご入力ください。

メールアドレス

必須

key icon

当サイトのご利用により、個人情報が許可無く公開されることは一切ございません。

東証プライム市場のロゴ

株式会社エイチームライフデザインは、
株式会社エイチーム(東証プライム市場上場)の
グループ企業です。証券コード:3662

ご利用かんたん3STEP

STEP1無料一括査定に申し込む

お車情報とお客さま情報を入力するだけ!
45秒で申し込み完了!
愛車の相場額をチェック!

無料一括査定に申し込む

STEP2愛車を査定

最大10社の査定会社からメールまたは、電話にてご連絡し、査定いたします。

愛車を査定

STEP3最高額で売却

各社からの査定金額を比較して、最高額の売却先を見つけます。

最高額で売却
※お申込み後、簡単なアンケートにご回答いただくと査定相場をご覧いただけます。
ただし、中古車市場での実際の取引額に基づく参考金額のため、一部の車種は、結果をお知らせできない場合がございます。予めご了承いただけますよう、お願い申し上げます。

フォームステップ2 確認

一括査定なら、平均14万円もお得!

SMS認証

入力内容に問題がなければ
認証コードを入力してください

の電話番号に4桁の数字(認証コード)を送信しました。
携帯電話のメッセージアプリに届いている4桁の数字(認証コード)を
以下のフォームにご入力ください。

認証コード(4ケタ)

電話番号を修正する

※2分以内にSMSが届かない場合、通信エラーの可能性があります。

こちらから再送してください

再送可能まであと

利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

電話認証

認証が確認できました。

まだ申し込みは完了しておりません。
入力内容に問題がなければ、
「【無料】査定を依頼する」ボタンを
押してください

利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

査定依頼先

    もうすぐ  の相場がわかる!!

    ???万円

    利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

    入力情報確認

    車種情報

    メーカー名

    車種名

    年式

    走行距離

    お客様情報

    お名前

    電話番号

    郵便番号

    住所

    早めの売却をご予定ですか?(2ヶ月以内)

    メールアドレス

    キャンペーン

    入力情報を修正する

    利用規約プライバシーポリシー個人関連情報の受領と利用に同意の上

    電話認証

    指定電話番号への発信による認証を行います。
    登録した電話番号から、下記の番号へ電話をおかけください。
    認証完了ガイダンスが流れたら[認証確認]を押してください。
    ※通話料かかります

    認証確認中

    Now Loading...