1. トップページ
  2. コラム
  3. 横浜でスマートに車買取したい

top

横浜でスマートに車買取したい

横浜市の自動車保有台数は全国トップクラス

神奈川県の自家用乗用車の保有台数は、3,029,957台(平成26年3月現在)で、全国第4位。全国トップクラスの自動車保有数です。 神奈川県の県庁所在地である横浜市は、県内で最も面積が広く、総人口は日本の市町村の中でナンバーワンです。そんな横浜市の自家用乗用車の保有台数は、954,644台(平成26年3月現在)。横浜市は、面積が広く人口が多いというだけでなく、自動車の保有数も多く、県内の3分の1近くの自動車は横浜市内で保有されています。よって、横浜市内では自動車の需要が高いといえます。
横浜市内には、鉄道やバスなどの公共交通機関が発達しており、東京都心へも気軽にアクセスできます。また、横浜市内の都市計画道路の整備率は低く、車が必要ないと思う人もいるかもしれません。しかし、市内には高速道路や幹線道路が発達しており、通勤に車を必要とする人も多く、市内にはたくさんの自動車が走っています。
たくさんの人が生活をする横浜市では、静粛性の高い車やファミリーカーの人気が高くなっています。地域の需要に合った車を売却すれば、高値買取が期待できます。

神奈川県(横浜市)で人気の中古車ランキング

神奈川県(横浜市)の中古市場で人気の高い3つの車種を紹介します。

レヴォーグ

世界中で愛されているレガシィを日本向けにコンパクトにしたスバルのレヴォーグ。 ヨーロッパ車で流行りの小排気量と直噴ターボが採用されており、低回転のまま力強い走りが楽しめます。しっかりと作りこまれたからこそ実現できる圧倒的な加速力に高速域での安定性。走りの質が高く、クルマ好きのユーザーから支持を得ています。また、ステレオカメラ式の先進運転支援システム「アイサイト」も搭載されおり安全性も抜群です。
レヴォーグは、2014年に発売開始した新しい車種のため、中古車市場にはまだあまり出回っていません。そのため、レヴォーグの買取を希望しているお店が多く存在しており、スマートな買取が期待できるでしょう。

アルファード

トヨタ自動車から販売されている大型クラスの高級ミニバン。
アルファードの大きな特徴はやはり広々とした室内空間です。セカンドシートには、エグゼクティブパワーシートが採用されています。また、大型のフットレスや角度が調整できるヘッドレストなどが搭載されており、ビジネスクラスのような豪華さで、快適性に優れています。インテリアはもちろん、ボディーデザインにもこだわっており、高級ミニバンの名に相応しい大人の落ち着いた雰囲気が感じられます。
2015年にはフルモデルチェンジが行われ、3代目アルファードが販売されました。年式が新しいものであれば、高値買取が期待できるので売却を考えているのであれば、早めに買取してもらいましょう。

オデッセイ

1994年の販売開始から、今日に至るまで根強い人気を誇るホンダ・オデッセイ。
初代~4代目までは車高が低く、ミニバンでは珍しくほとんどの立体駐車場が利用可能でした。また、低重心に作られているため乗り心地が良く、ハンドリングも楽なため小回りが効きます。よって、横浜の市街地も走行しやすいのが特徴です。また、低床設定なので小さいお子さんや高齢者でも乗り降りしやすく、ファミリーカーとして人気があります。
室内空間が広く、三列目のシートは床下に格納することも可能なため、たくさん荷物を乗せてもゆったりと過ごすことができます。 長年に渡り人気を博しているオデッセイですが、年式が古くなるほど買取額は低くなってしまいます。高値買取を希望するのであれば、1日でも早く売却することをおすすめします。

横浜でスマートに車買取するには

横浜市には、車買取店がたくさんあるため、買取店に持ち込めばよほどの車でない限りは買取りしてもらうことができるでしょう。また、スマートで高く買取をしてほしいというのであれば、一括査定サイトの利用をおすすめします。一括査定サイトは、インターネットから複数の業者に見積もりを依頼できるシステムなので、わざわざ店に持ち込む必要がありません。忙しい方でもスマートに買取へと進めることができます。複数のお店に見積もりを依頼するので、高く買い取ってもらえるお店を探すことも可能です。

合わせて読みたいコラム

footer