1. トップページ
  2. コラム
  3. 鹿児島の車買取店、買取価格が高いのは

top

鹿児島の車買取店、買取価格が高いのは

鹿児島での生活には車が必要

鹿児島県の自家用乗用車の保有台数は、917,266台(平成26年3月現在)で、全国第24位。全国平均値とほぼ等しくなっています。
鹿児島市内では電車やバスなどの公共交通機関が発達しているため、公共交通機関の利用のみでも不自由なく生活が可能ですが、市内を出ると車が必要になる地域もあります。なお、鹿児島県は世界遺産である屋久島や奄美大島など600もの島を有しており、人が生活をしている島も多いという特徴があります。島ではバスが通っているものの、電車がないために通勤や買い物に車は必要不可欠となります。
以上の理由から生活に車が必要不可欠な鹿児島県では、経済性と実用性を兼ね備えたコンパクトカーの人気が高くなっています。また、鹿児島県は兄弟姉妹の数の多さが全国第4位(平成22年現在)、15歳未満の子供の人口が全国で10位(平成21年現在)と、子供の数が多いこともあり、積載能力に優れたミニバンも人気があります。
鹿児島県で人気の高いコンパクトカーやミニバンは、高額査定へ繋がりやすくなっています。

鹿児島で人気の中古車ランキング

デミオ

デミオは、マツダから販売されているコンパクトカーです。2014年式モデルには、マツダの新世代技術「スカイアクティブ技術」が搭載されています。スカイアクティブ技術は、エンジン、シャシー、ミッション、ボディーなどを総括的に刷新したものです。2014年式モデルにはSKYACTIV-Gの1.3Lガソリンエンジンと、SKYACTIV-Dの1.5Lクリーンディーゼルエンジンが用意されています。スカイアクティブ技術を搭載することで、さらなる低燃費、操縦安定性を実現しました。なお、上質を味わえる洗練されたエクステリアも人気の理由のひとつです。2014年式モデルは人気モデルで比較的新しいため、買取価格の相場は約70万円~90万円です。スカイアクティブ技術が搭載されているかそうでないかで、約10万円も買取価格が異なります。

ヴェルファイア

ヴェルファイアは、トヨタから販売されている大型ミニバンです。アルファードのフルモデルチェンジに伴い、アルファードVに代わって設定されたモデルです。ヴェルファイアにはクリアテールレンズが装着されており、ヘッドライトは2段構成になっています。ミニバンの中でも極めてスタイリッシュなデザインであるヴェルファイアは、若者を中心にファミリー層に人気があります。2015年式モデルには多彩な装備や機構が採用されています。また、オプションとして衝突回避ができるプリクラッシュセーフティシステムなどの安全装備があります。こうしたオプションの装備は場合によっては買取価格のアップに繋がります。2015年式モデルであれば、300万円以上で買取してもらえる可能性があります。

N-BOX

N-BOXは、ホンダから販売されているトールワゴン型の軽自動車です。軽自動車でありながらも車内が広く、後部座席では大人でもゆったりと足を組むことができます。また、室内高が高いため、小さい子どもであれば立ったままの着替え可能です。電動スライドドアではなく、左側・両側と選べる点が特徴です。なお、スライドドアの開口幅は60cm以上で、乗り降りが楽です。チャイルドシートの取り外しにも便利です。このような理由から、N-BOXは小さい子どものいるファミリー層に人気が高いものとなっています。また、N-BOXはグレード設定が豊富なため、年齢・性別を問わず選ばれる点も特徴となっています。一目でドアロックが確認できるドアロック連動タイプのオートリトラミラーなどのオプションは人気が高くなっています。オプションも査定の対象となります。

鹿児島で買取価格が高いのは?

鹿児島県での生活には、車が必要不可欠です。なお、本土から屋久島や奄美大島などの離島に車を輸送するには10万円近くの費用がかかってしまうため、離島では中古車が高く売られる傾向があります。そのため、販売業者は少しでも輸送費を安く抑えて販売しようと鹿児島県内で中古車を探すこともあります。よって、鹿児島県で需要の高いコンパクトカーやミニバンは、買取価格が高くなりやすいという傾向があります。少しでも高く売りたい場合は、一括査定サイトの利用などによって複数業者に見積りを依頼することが大切です。

合わせて読みたいコラム

footer