1. トップページ
  2. コラム
  3. カーシェアリングのサービス内容とどんな人が得する?

top

カーシェアリングのサービス内容とどんな人が得する?

マイカーを持つには、様々な費用がかかります。
購入する料金、税金やガソリン代などを考えれば、決して少ない出費とはいえません。
そこで最近、利用する人が増加しているのがカーシェアリングです。

カーシェアリングとは、レンタカーのように車を借りることが可能なサービスやシステムのことです。基本的にレンタカーよりも短時間の利用を想定しています。

カーシェアリングの費用

カーシェアリングは、
・カード発行料金
・月額基本料
・利用料金
を支払うだけで車にかかる全ての費用を賄うことができます。

まずカーシェアリングを利用するには、会員登録を行います。
この時、会員カードを発行するのに1500~3000円程度がかかり、これはカードを紛失しない限り1度払うだけで済みます。

そして、月額基本料が必要となります。この料金は、1000円~8000円とどの会社を利用するのかによって大きく変わってきます。ただこの月額基本料は、基本的にそのまま利用料金から割引されます。
そのため、利用料金の一部を先払いしていると考えても良いでしょう。

肝心の利用料金は、時間と距離によって算出されます。
時間料金は通常利用だと、10分や15分の利用で、200円前後に設定されています。また長時間利用する方のために、6時間パックや12時間パックも設定されています。
距離料金は、会社によって開きが大きく、1キロで20円の所もあれば、短時間の場合は距離料金を無料にしている所もあります。
この2つの料金を足した金額が、利用料金となります。

ガソリン代

マイカーの時やレンタカーの時に大きな出費となるのがガソリン代です。
マイカーに給油が必要なのはもちろん、レンタカーも基本はガソリンを満タンにして返す必要があります。

しかし、カーシェアリングならガソリン代を払う必要はありません。
利用料金の中にガソリン代も含まれているため、利用料金の計算さえしておけば良いのです。
もしガソリンが減ってきた場合は、専用のカードを使ってガソリンスタンドで給油します。そのため、給油代を立て替える必要もありません。

ガソリン代は、年々上昇傾向にあります。今後値上がりすることも考えれば、ガソリン代を考える必要がないのは、大きな負担減といえます。

保険料

カーシェアリングの利用料金には、保険料も含まれています。
そのため、もし事故を起こしてしまった際でも、補償を受けることができます。
基本的に、対人補償や対物補償は、補償金額に制限がない保険を選択している所が多いので、大きな事故でも心配は要りません。
ただし、非会員が運転していた場合や、飲酒運転の場合は、保険が適用されないこともあります。

他にも車検代や税金など、マイカーだと大きくのしかかる出費も、カーシェアリングならば必要ありません。

レンタカーと比べて

カーシェアリングとレンタカーは、車を借りる点が似ています。
しかし使い勝手の良さからいえばカーシェアリングの方が優れています。

昼夜を問わない

レンタカーの場合は、借りる時も返却する時も、営業所が開いている時間内でしか利用できません。
しかし、カーシェアリングなら24時間いつでも借りて返すことができます。
深夜の遅い時間まで使っていると、レンタカーの場合は翌日開店するまで返すことはできませんが、カーシェアリングなら、利用が終わればすぐに返すことができます。

利用時間の設定

レンタカーは、3時間や6時間など数時間以上利用することが前提となって、利用料金が設定されています。そのため、少しだけ車を利用したい時でも、数時間分の料金が発生してしまいます。
しかしカーシェアリングは、10分~15分単位で時間が設定されています。
そのため、ちょっとした買い物や家族の送迎など、短時間の利用も問題ありません。

どこでも手軽に

カーシェアリングのステーションは全国に拡がっています。
会員にさえなっていれば、どこのステーションでも利用することが可能なので、旅行の際や出張の際にも気軽に利用することができます。
また予約も携帯から手軽に行なうことができるので、レンタカーのように面倒な手続きを行なう必要がありません。日常的に利用しやすいようにシステムが設計されているのです。

お得になりやすい人

カーシェアリングは、車の利用が短時間な人ほど安価に借りることができる便利なサービスです。
例えば、毎日駅まで家族を送迎する以外はあまり車に乗らない人や、休日に出かける時だけ車を使う人は、維持費のことを考えるとカーシェアリングにした方が安く済みます。

具体的にいえば、車に乗る時間が週時間未満の場合は、カーシェアリングを利用した方が、マイカーを購入するよりも安く済むでしょう。

マイカーを持っている人でも、週時間以上、車を利用している人はそう多くないでしょう。
そう考えると、カーシェアリングは多くの人にとって安く車を使える画期的なサービスなのです。

注意点

カーシェアリングを利用する際には、いくつか注意しておきたい点があります。

ステーション

カーシェアリングのステーションは、全国に拡がっていますが、場所によっては自宅の近くにない場合もあります。
いくら使いやすくても、ステーションまで遠くては、気軽に利用できません。そのため、近くにステーションがあるのか、事前に調べておきましょう。
またステーションが少ない地域だと、多くの人が1つのステーションに車の利用を求めてきます。その結果、利用したくても他の人に利用されてしまい、ステーションの車が全て出払ってしまうこともあります。

車種

カーシェアリングでは、会社によって、主にステーションに置いてある車種が変わってきます。特に大きな車や高級な車は、置いている台数が少ない傾向にあります。そのため、車を利用する際に、どのような車種が望ましいのかをあらかじめ考えておき、それに合わせて会社を選ぶ必要があります。

カーシェアリングを利用する際には、これらの点に注意しておけば、お得に車を使うことができます。

合わせて読みたいコラム

footer