ドライブ環境が整った千葉県

千葉の自家用乗用車の保有台数は、2,720,627台(平成26年3月現在)で、全国第5位と常に上位です。 県の西部は東京にも近くアクセスも便利なことで、千葉に住んで東京に通勤する人が非常に多く、もはやベッドタウンというより、「東京の一部」のような感じです。 そう考えると、千葉県にある日本最大のテーマパークが「東京」を名乗っているのも違和感はないかも知れません。

それ以外の観光地も多く、成田空港や京葉工業地帯などの重要施設を抱え、人口も600万を超える大都市です。 平坦な地形であることから道路も整備されていて、ガソリン価格も全国最安値(2012年)であることから、運転環境は良好といえるでしょう。 ただし、その一方で自動車盗認知件数が多いという不名誉なデータもあります。(2010年全国第2位)

千葉で人気の中古車ランキング

クラウンアスリート

アスリートはその名の示す通り、クラウンのスポーツバージョンとして設定されたモデルです。 初期はクラウンのグレードの一種のような扱いでしたが、99年に発売された11代目からは独立した車種となりました。 2003年に登場した「ゼロクラウン」はエンジンがV6になり、足回りも刷新されて走行性能もアップしましたが、この際にアスリートも進化し、3.5Lエンジンを搭載。 さらに「走りのアスリート」のイメージを強化しました。

また、2012年発売の14代目では、新たに直4の2.5Lエンジンベースにしたハイブリッドモデルを追加。 V6の2.5L車の2倍以上の燃費性能を記録し、一番の人気グレードとなりました。 アスリートの買取価格ですが、現行型なら初期型でも200万円は堅いようです。 先代モデルでも走行距離が少なければ150万円前後は期待できます。

フォレスター

走りにこだわるアウトドア派が支持するフォレスター フォレスターは、スバルが1997年に発表したSUV車です。

お得意の水平対向エンジンと4WDの組み合わせは、2002年のモデルチェンジでも変わらず、デザインは初代のイメージのまま、エンジンをパワーアップさせ、走行性能が向上しました。 それに加え、低排出ガス仕様になり、燃費も大幅に向上したことで、現在でも根強い人気があるモデルです。 3代目フォレスターは、2007年に発売されました。 低いプロポーションだった先代からやや背が高くなり使い勝手が向上。 2012年に登場した現行型の4代目は、基本コンセプトはそのままで、SUV色を強めたモデルで、4WDにはXモードも追加。 悪路への対応力が進化しました。

また、アイサイト(衝突回避支援機能)も幅広いグレードに設定されたことも人気の要因です。 フォレスターの買取価格ですが、メインとなるのは3代目のモデルでしょう。 人気車だけに過走行でなければ100万円超も狙えます。 また、2代目モデルでも状態や装備が良ければ50万円を超えるケースもあります。

エスティマ

1990年に衝撃的なデビューを果たしたエスティマ。 流麗で未来的なそのスタイリングは、当時のワンボックス車とは一線を画すアバンギャルドなものでした。 このクルマの登場が、現在のミニバンブームの先駆けといっても過言ではないでしょう。

発表以来、長くミニバン市場を牽引してきたエスティマですが、現行モデルが3代目となりました。 特徴的な「タマゴ型フォルム」は健在ですが、年々進化を続け、3.5Lエンジンを搭載したモデルは、ミニバンとしては驚異的な280馬力を誇り、スポーツカー並みの走行性能で話題になりました。 エスティマの買取価格ですが、人気はやはりスポーティーなイメージの「アエラス」です。 5年落ちでも200万円を超える査定が期待できます。 また、2008年モデルも市場の流通台数が少ない関係で、高額査定が期待できるようです。

千葉県で良心的な査定をしてくれる中古車買取店は?

千葉県人は、日本一の読書好きであるというデータがあります。 また、食事にかけるお金も多いことから、好奇心が強く、グルメな県民であると言えるのかも知れません。 新しいものが好きで、スポーツへの関心も高いので、きっとクルマは大活躍するでしょう。

娯楽への出費がかさむなら、できるだけ無駄な部分にはお金はかけたくありませんよね。 もし、新車の購入を考えている人がいたら、ちょっと待ってください。 ひょっとして、今まで乗っていたクルマを下取りに出そうと思っていませんか? そのクルマを買取店に売却すれば、何十万円も得するかも知れませんよ! 嘘だと思うなら一度、一括査定サイトで、愛車の本当の価値を調べてみてください。 驚きの価格が出るかも?