1. トップページ
  2. コラム
  3. エコカーのバッテリー交換は、意外と高くつく?

top

エコカーのバッテリー交換は、意外と高くつく?

 

電気を使うエコカーにはバッテリーが2つある

電気自動車(EV)やハイブリッドカー(HV)など、電気モーターを使用して走行するエコカーには、バッテリーが2つ存在します。

まず1つが、電気モーターを稼働させる走行用のバッテリーです。こちらのバッテリーは、簡単に故障することはなく、車種によっては10年以上経過しても、あまり劣化しないと言われています。
もう1つは、普通のガソリン車と同じようにエンジン始動などのために使用される補機用バッテリーです。

エコカーには、この2つのバッテリーがあり、走行用のバッテリーは、電気モーターを使って走行するのに大きく使用し、補機用バッテリーは、今までと同じようにパワーウインドウやカーステレオなどの使用に電力を供給しています。

走行用バッテリーは、値段が高く数十万円しますが、その分耐久性に優れており、交換する必要がほとんどありません。
補機用バッテリーは、走行用に比べると安価で、数千円から数万円で購入出来ます。数年で交換するのが基本ですが、エコカーはバッテリーへの負担がかかりやすいので、低品質のバッテリーだとすぐに寿命が来ることもあるので注意が必要です。

エコカーのバッテリーは、この2つを混同しないようにしましょう。
ここからは、後者の補機バッテリーとエコカーについて解説していきます。

低燃費性能とバッテリーへの負荷

今までの車は、バッテリーに蓄えられている電気量に関係なく、走行中は基本的にオルタネーターからバッテリーへの充電を行っていました。そのため、従来のバッテリーは、放電する時間よりも充電される時間の方が圧倒的に長く、充電性能にこだわる必要がありませんでした。
しかし、充電制御システムを導入しているエコカーは違います。バッテリーに蓄えられている電気量によって、オルタネーターを稼働させるかどうかを決定します。そのため、バッテリーの充電性能が低く、時間に対して充電出来る量が少ないと、オルタネーターを稼働させる時間が増えてしまいます。これでは、充電制御システムのメリットである低燃費効果を半減させてしまいます。そのため、充電制御システムを搭載している車は、バッテリーを高品質な物にする必要があります。充電性能が高いものを選ぶことで、エコカーがもっている燃費性能を最大限に活かせるのです。

充電制御システムに合わせてバッテリーを高品質に

業者に車の見積書を提示してもらったら、各内訳の金額をチェックしていきましょう。
そして、どのような基準で算出した金額なのかなど、少しでも疑問に思った点は業者に確認するようにしましょう。

例えば、車の内層部を徹底的に掃除したにも関わらず、低い査定評価がついていたのであれば、そこは業者側に確認したいポイントですよね。
確認することで、マイナス点をプラス点へと変更してくれる業者もいるようです。よって、買取査定額がアップする可能性もあるというわけです。
価格に響きそうな点は、納得がいくまで業者へ確認を行うようにしましょう。
そうすることで、業者とユーザーに疑問や不満の残らない納得度の高い取引を成立させることが出来ます。

エコカーのパフォーマンスを引き出すには

このように、エコカーは従来の車よりもバッテリーの重要性が大きくなっています。
今までと同じバッテリーを使用することも不可能ではないですが、低燃費性能の向上や安心感を考えると、充電性能や耐久性の高いバッテリーを選ぶべきでしょう。そのため、結果的には今までよりも費用や維持費が高くなる傾向にあると言えます。

合わせて読みたいコラム

footer