道路改良率全国1位!香川県では快適なドライブができそう?

日本で一番小さな県でありながら、全国トップクラスの貯蓄率を誇る香川県。堅実な国民性が反映されているのか、道路改良率も86.8%と全国トップクラスです。 こういった道路事情や、瀬戸内海の島々と香川県、岡山県を結ぶ瀬戸大橋の存在もあり、香川県の1世帯あたりの乗用車普及台数は1.342台となかなかのものです。(平成27年3月末現在)

香川県は国道や幹線道路となる道路のほとんどが4車線以上に整備されており、車での移動を考慮した環境が整えられています。 瀬戸大橋を通じて岡山県や近畿地方へと足を伸ばす機会も多く、香川県では収容人数が多いファミリーカーや大型ミニバン車の需要が高まっています。 整備された道路が多い香川県では、車に対する関心も人一倍高いのかもしれません。

香川県中古車人気ランキング

ヴォクシー(トヨタ)

トヨタから販売されているミニバン型乗用車です。最大8人乗りという大容量を誇り、シートをスライドさせることでラゲッジスペースのアレンジも可能。 ラゲッジスペースのステップを低くすることで荷物が積み込みやすくなり、レジャーを楽しむファミリー層からの支持を集めています。 低床化により室内の高さがアップし、ミニバン車の中でもトップクラスの室内高を実現しました。 小さなお子さまが立ち上がっても余裕のある室内高は、大人もくつろげる快適な空間を作ります。

室内カメラで明るさを検知してハイビームとロービームを切り替える「オートマチックハイビーム」や、 インナーミラーに取り付けられたセンサーが後方車両のライトの強さを感知してまぶしさを緩和する「自動防眩インナーミラー」など、 室内外の視認性を向上させるシステムを搭載。視認性の下がる夜間に起こる事故を想定し、万が一の事態を未然に防止するサポートをしてくれます。

ヴェルファイア(トヨタ)

トヨタから販売されている大型LLクラスのミニバン型乗用車です。カスタマイズパーツの豊富さから、自分仕様に車をカスタマイズしたいオーナーからの人気が高い車種。 シフト操作時の急発進や急加速を抑え、衝突時に予想される被害を軽減する「ドライブスタートコントロール」を搭載しており、緊急事態にもドライバーを音声や表示で誘導します。

LLクラスの大きさを誇るヴェルファイアだからこそ、万が一のときの操作性や車体制御への備えを怠りません。 助手席やセカンドシートに装備されているパワーオットマンは、広い室内空間にワンランク上のリラックスをプラス。 室内空間にもこだわったヴェルファイアは、車での移動が多い香川県で人気が高いのもうなずけます。

タント(ダイハツ)

ダイハツ工業から販売されている軽トールワゴンです。 広く設計されたフロントウィンドウとサイドウィンドウでドライバーの視認性をアップし、歩行者との接触の可能性を軽減します。 前方のフルオープンドアと後部座席のスライドドアを組み合わせ、乗り降りラクラクの広い間口に。 運転席からも車外からも操作できる助手席シートで、室内空間の自由なアレンジを可能にしたのです。

単眼カメラやレーザーレーダー、ソナーセンサーを搭載し、ブレーキアシストやドライバーへの警告を行う「スマートアシストⅡ」は、 国土交通省と自動車事故対策機構のテストで最高ランクの安全性を獲得しています。安全性と快適性を追求したタントは、香川県のドライバーから需要が高まっているようです。

香川県の中古車高価買取ポイントは?

香川県の中古車人気ランキングでは、ミニバン車が多くランクインしました。 道路が整備され、車での移動が快適な香川県では収容人数が多くラゲッジスペースも広い、大きい車の需要が高いのかもしれません。 スポーツ施設やホールが多い香川県では、レジャーを楽しむ機会もたくさんあります。

香川県で中古車の高価買取を狙うときは、室内を少しでもキレイにしてみましょう。移動時間のほとんどを過ごす場所ですから、中古車を買うときも気になるはずです。 しっかり掃除が終わったら、一括査定サイトで見積もりをしてみましょう。ショップによって重要視するポイントが違うため、思った以上の買取額に繋がるかもしれません。