温暖な気候のなかで、スポーツを楽しむための車が人気の宮崎県

南国テイストの町並みや観光施設でブームとなった宮崎県。日本国内でもトップクラスの日照時間と降水量で、高原や山地のある地域では特に雨が多いことでも知られています。 温暖な気候の宮崎県ではスポーツが盛んで、年間を通して大会が催されるほど。

トライアスロンやビーチバレー、マラソンなど温暖な気候を活かしたスポーツの大会が多く、マイカーを使って会場まで移動する選手も少なくありません。主要道路と結ばれた好アクセスのゴルフ場やサーフィンスポットに恵まれているため、大きな荷物を持って移動するゴルファーやサーファーからラゲッジスペースの広い車の需要が高まっています。

宮崎県には18本の国道があり、県内外を網の目のように結んでいます。県庁所在地である宮崎市をはじめとした都市部が道路で密接に結ばれているため、通勤や移動のために車は必要不可欠な存在なのです。

宮崎県中古車人気ランキング

ラパン(スズキ)

豊富なカラーバリエーションと丸みを帯びたボディで、女性層に人気のラパン。宮崎県ではラパンの中古車の需要が高いようです。 大きい荷物も長い荷物にも対応するラゲッジスペースやシートの柔軟さはもちろん、マニュアルとオートマのメリットを取り込んだ「新トランスミッションオートギヤシフト(AGS)」で ドライバーのフィーリングを走りに反映できる運転性能で幅広い年代に人気を博しています。

雨で滑りやすくなった路面での急ブレーキをサポートし、スリップ事故の可能性を軽減する「4輪ABS」や、ブレーキを踏み込む力をアシストし、 車体のバランスを保って制御力を失わせない「EBD(電子制御制動力配分システム)」といった安全システムから、子供と一緒に車に乗るファミリーの2台目としても選ばれています。

タント(ダイハツ)

ダイハツ工業が販売している軽トールワゴンです。タントはイタリア語で「とても広い、たくさんの」という意味があり、 広い室内空間やラゲッジスペースを目指して設計されたモデルでもあります。

運転席や助手席部分に90°フルオープンドア、後部座席にスライドドアを採用することで、室内空間の使いやすさを向上させました。 チャイルドシートや大きな荷物の出し入れがスムーズになり、主婦層からの需要が高まっています。タイヤの最小回転半径4.4メートルと小回りも利き、 狭い道や駐車場での運転もラクラク、スイスイ。

タントはドライバーに前方車両の存在を知らせる警報と緊急ブレーキ、そして衝突回避支援の3つのシステムを軽減する「スマートアシストⅡ」を搭載しています。国土交通省と独立行政法人「自動車事故対策機構」が2015年度に行った安全性能評価試験「JNCAP予防安全性能アセスメント」において、スマートアシストⅡは最高ランク「先進安全車プラス」に認定されました。

N-BOX(ホンダ)

ホンダから販売されている軽トールワゴンです。ホンダで初めて開発された軽トールワゴンであり、現在もホンダの軽自動車の主力となっています。 不安定になりがちな坂道発進をサポートする「ヒルスタートアシスト機能」は、海や山でスポーツを楽しむアウトドアな宮崎県のドライバーに嬉しい機能。

万が一他の車と衝突してしまったときの衝撃を緩和するための独自の技術「G-CON」にもとづいて設計された車体や、衝撃を分散させてドライバーへの負担を減らす「コンパティビリティ対応ボディ」など、事故が起こってしまったときにドライバーを守るために設計されています。

宮崎県で中古車の高価買取をするために

ランキングには軽自動車、特に軽トールワゴンが並びました。軽自動車の弱点である室内空間やラゲッジスペースを克服した軽トールワゴンが、宮崎のスポーツマンから支持されているのかもしれません。

宮崎県で中古車の高価買取をしたいときは、車のラゲッジスペースや小回り性能に注目してみてください。アクティブなスポーツマンに人気の車種なら、高価買取も夢ではないでしょう。一括査定サイトでいくつかのショップの見積もりを見れば、思った以上の買取額が期待できるかもしれません。