通勤に、アウトドアに、車と一緒にどこへでも行ける長野県

長野県は、日本で4番目に大きな面積を持つ都道府県。しかしその面積の多くが大規模な山岳地であるため、人口はそこまで多くはありません。 しかし、長野県の乗用車保有台数は保有台数1,351,728台、1世帯あたりの普及台数は1.588台と全国8位です。(平成27年3月末現在)

山脈の間に市街地が点在する長野県では、生活や移動のために車がとても重要なもの。山や川といった自然が豊富な長野県には、キャンプや釣りといったアウトドアな娯楽も盛んです。 そういった娯楽のために、ラゲッジスペースが広く3人以上で乗ることができる車が人気を集めています。

なお、長野県は就業率61.3%と全国1位。女性の就業率も51.1%と全国2位となっており、就業人口が多いのが特徴です。 そういった人々の通勤のためにも車は使われており、共働きの夫婦が1台ずつ車を所有しているというケースも少なくありません。

長野県中古車人気ランキング

アルファード(トヨタ)

トヨタから販売されている大型LLクラスのミニバンです。 最大7人乗りまで対応しているので、2家族でドライブすることもできます。

シートを倒したり跳ね上げたりすることでラゲッジスペースがさらに広くなり、長いものや大きいもの、高さのあるものを安定して収納することができるすぐれものです。 2列目、3列目のシートを倒すことでフラットな室内になり、リラックス空間に。用途に応じてシートを移動させ、理想の空間を作ることができるアルファード。 アウトドアが盛んな長野県での需要が高いのも納得ですね。

騒音を抑えたEVドライブモードと、環境に配慮したエコドライブモードを切り替えることで燃費の向上や排出ガスの減少もサポートしてくれます。

ジムニー(スズキ)

スズキが販売する軽自動車のオフロード四輪駆動車です。高性能のDOHCインタークーラーターボエンジンによって、舗装されていない道や雪道でも快適な走行性を保っています。 ボディの随所の角度を1°単位で調整することで、どんな道でも走破できるような設計に。

タイヤとフロントマスクを含むアプローチアングルや、タイヤの接地面からステップまでを含むデパーチャーアングルなど、さまざまな事態を想定した対障害角度にデザインされたジムニー。 エアバッグやブレーキシステムによって安全性をも確保し、オフロードでもシティでも快適に走行できる車種です。

レガシィツーリングワゴン(スバル)

スバルブランドを持つ富士重工が開発・生産を行う車種です。現在はスバルの看板車種であり、モデルは6代目まで販売されています。 レガシィツーリングワゴンはレガシィの5代目として生産され、それまでのモデルよりも車体が大きくなったことが特徴です。

ステレオカメラにより常に前方を監視し、コンピューターがエンジンやトランスミッションの精密な操作をサポートする「スポーツアイサイト」を搭載したレガシィツーリングワゴンは、 シティでの運転が多い勤め人からの需要が高まっています。通勤中のトラブルを避けるためのアシストシステムは、ドライバーの強い味方となってくれるでしょう。

長野県で車を高額買取するためには?

アウトドアにも通勤にも車が欠かせない長野県では、仕事にも遊びにも対応できる車が求められているようです。 高額買取につなげるために、車のスペックを一度きちんと調べてみましょう。

必ずしも、最新のモデルでなくてはいけないとは限りません。まずは、一括査定サイトで見積もりをしてみましょう。 たくさんのお店で見積もりをしてみると、意外なところで高価買取につながるかもしれません。