新潟県の交通事情

新潟県は県内を縦横に走る高速道路をはじめとして、交通道路網が整備されています。そのため、車での移動が便利な地域です。 新潟県の自家用車保有台数は、1,360,655台(平成26年3月現在)となっており、全国13位。世帯当たりの保有台数も1.555台(平成26年3月現在)と全国平均の1.069台を大きく上回っています。新潟市を中心に鉄道網も整備されていますが、生活に車が不可欠な地域も多いです。そのため、老若男女問わず運転しやすい軽自動車やコンパクトカーの人気が高くなっています。 また、県内の一部は全国でも有数の豪雪地帯です。道路除雪体制も整えられていますが、雪道でも運転しやすい車は安定した人気があると言えます。

新潟県で人気の車種ランキング

ジムニー

ジムニーは、スズキから販売されている四輪駆動の軽自動車です。軽自動車でありながら、広い車内空間と快適な走行性で、発売以来高い人気を誇っています。また、車の強度が高いことに加えて、小回りがきき運転しやすいため、女性や高齢者にも向いている車です。 新潟県は冬期に降雪が多いことに加えて、降水量も多いため、地域によっては道路状況がよくないことがあります。ジムニーであれば、四駆の特徴を活かして雪道やぬかるんだ道でも力強い走りが実現できることも、人気がある理由の一つです。 ジムニーは競争車種が少ないため、買取価格も安定していると言えます。年式によっては1万円程度の場合もありますが、20周年記念車や3代目ジムニーの年式が新しいものなどは100万円以上の査定が付くことも珍しくありません。いずれにしても、走行距離とメンテナンスの有無が影響するため、買取を考えている場合は意識しておきましょう。ジムニーはハードな走りに耐えうる車であるからこそ、高額査定には洗車など日頃のメンテナンスが大切です。

フィット

ホンダから販売されているフィットは、日本を代表するコンパクトカーです。乗用車の中で最も小型の車種であり、運転のしやすさと燃費効率のよさ、荷物スペースの広さが魅力になっています。 フィットの買取価格は、走行距離や年式により左右され、だいたい3万円~150万円以上と幅があります。中古市場でも人気が高い車種であるため、新しい年式であれば交渉次第で高額の査定が期待できるでしょう。くわえて、カー用品の色やボディカラーも査定に影響します。買取を考えている場合は、走行距離がなるべく少ない状態で、新しい型が販売されるより前に相談することが大切です。

ワゴンR

ワゴンRはスズキを代表する車種で、軽自動車市場の中でも人気の車です。1993年の発売当時、軽自動車の室内快適性を向上させたとして、大きく話題になりました。それまでの軽自動車として一般的だった低車高が改められたことにより視認性が高まり、座面や床面の位置が改善されたことで、運転時や乗降時の快適性が高まったとされています。現在に続く軽自動車ブームの火付け役になった車とも言えるでしょう。 軽自動車の代名詞とも言えるワゴンRは、中古車市場でも人気の車種ですが、販売台数が多いため買取価格には幅があります。年式が古い、走行距離が多い場合には、査定額が下がることに留意しておきましょう。逆に、オプション装備がついていたり、一般的に人気の高いパールホワイトなどのカラーの場合には、交渉次第で買取価格を上げてもらえる可能性もあります。

クルマのケアをすることで高額査定に

新潟県内では、日常生活の足として自動車が利用されているため、燃費効率などがよいことにくわえて、年齢や性別を問わず運転しやすい軽自動車とコンパクトカーの人気が高いことがわかります。さらに、雪道など路面状態が悪い場合でも運転に影響が少ない四輪駆動車などは、特に買取価格も高くなると言えるでしょう。 同時に、海に近い地域の場合は塩害に、豪雪地帯では除雪剤の影響によるサビなどのクルマの傷みに気をつけなければなりません。車は状態がよいほど買取価格が高くなることは言うまでもないため、買取に出す場合は日ごろからクルマのケアに気をつけておくことが大切です。定期的な洗車やサビ止め塗装など、適切なケアを心がけてください。 新潟県は車の保有台数から見ても、メインの車のほかに1台以上車を保有している世帯が多いことがわかります。そのため、中古車市場の売買も活発です。買取を検討している場合には日ごろからクルマをなるべく良い状態に保ち、準備をしておきましょう。