1. トップページ
  2. コラム
  3. 高額査定されやすい人気車種とは?

top

高額査定されやすい人気車種とは?

クルマの査定額は、車種によって大きく変わります。どのような車種が高額で取引されるのでしょうか。

車種別の特徴

車種とは、クルマの構造や大きさの分類のことで、セダン・ステーションワゴン・ミニバン・SUV・ハッチバッグ・クーペ&オープン・軽自動車・輸入車などの種類があります。 ここでは、それぞれの車種の特徴や査定ポイントについてご紹介いたします。

セダン

セダンの中でも上級のセダンは、ボディーカラーによる査定額の差が大きくなります。人気カラーは黒や白で、他のカラーと比べて50万円以上の差がつくこともあるので注意が必要です。また、サンルーフを装備しているセダンは他のボディータイプに比べて査定が高くなる傾向があります。

ステーションワゴン

ステーションワゴンのようなアウトドア志向の強いモデルは、2WDに比べて4WDの査定が高い傾向があります。また、排気量が大きなNAエンジンに比べて、排気量の小さいターボエンジンの方が人気です。

ミニバン

高級ミニバンは、ボディーカラーによって査定額が大きく変わります。人気の色は黒や白で、中古車でも高額で取引されます。
また、人気メーカーのエアロパーツやアルミホイールなどを装備している場合は、査定アップが見込めます。スッキリとシンプルなデザインの場合はさらに査定額アップが見込めます。

SUV

大型SUVも、ボディーカラーによって査定額が大きく左右します。SUVには2WDと4WDがあり、アウトドア志向が強い層がターゲットとなるので、より馬力のある4WDの方がプラスの査定となります。
ホイールをインチアップしているクルマもありますが、極端な大径ホイールではなく、一般的なサイズの方が査定は高くなります。

ハッチバック

ハッチバックは、他の車種とは異なり、ボディーカラーによる査定額の差があまり生まれません。営業車というイメージが強いためか、白などの人気カラーであっても査定額は伸び悩む傾向がみられます。

クーペ&オープン

シンプルですっきりとしたタイプのものが人気です。過度なドレスアップ、チューニングは、逆にマイナス査定になってしまいます。
また、車検対応でないものは、大幅なマイナス査定になる可能性があるので注意が必要です。

軽自動車

ハッチバックと同様に、ボディーカラーで査定額に差があまり現れないのが軽自動車の特徴です。タイプはNAよりもパワーがあり停車時からの加速に優れたターボ車の方が査定アップする傾向にあります

輸入車

国産車の場合は黒や白などのボディーカラーが高額査定なのに対して、輸入車の場合はそのブランドのイメージカラーの人気が高くなります。
また、ブランド自体の人気も査定額を大きく左右します。例えば、昔からドイツのメーカーは日本人に人気で、査定でもプラスに評価されます。

人気の車種とは

クルマを購入する方の目的や趣味はバラバラです。そのため、特定の車種だけが高値で取引されているとは一概にいえません。クルマの状態によって高値で取引されるものもあれば、そうでないものもあるのです。
とはいえ、セダンやクーペ&オープンなどの高級車は、売却すると価値が激減してしまいます。高級車は排気量が大きく、次期モデルがリリースされると高級車志向の方は新車に乗り換える傾向にあります。中古車市場では高級車はそれほど人気が高くなく、購入時の半額以下の査定になってしまうこともよくある話です。
逆に性能が良く排気量が少ないものは、中古車市場で人気があります。そのため、ステーションワゴンやミニバン、SUVなどの車種は、高額査定が期待できるといえます。

<<中古車の下取り相場と賢い売り方

札幌で中古車買取を利用する時に気をつけること。>>

footer