1. トップページ
  2. コラム
  3. 車査定の仕方、何から始める?

top

車査定の仕方、何から始める?

たくさんの業者に見積りを依頼する

車を買い替えるにせよ、必要なくなったため処分を考えているにせよ、現在乗っている車は手放さなければなりません。そこで多くの方は売却を検討しますが、どうやって売却をすれば良いのかわからない、何から始めれば良いのかわからない・・・という方は意外にも多いといえます。そんな方のために、ここでは車の売却方法について詳しくご紹介します。
昔は、ディーラーで車を購入し、以前乗っていた車はディーラーに下取りしてもらうというのが一般的な車の売却方法でした。しかし現在はディーラーによる下取り以外に、中古車買取店や、オークションでの販売など様々な売却方法があります。同じ年式、同じ走行距離の車でも売却する方法によって買取価格が大きく異なります。
「年式が古いから」「走行距離が100,000kmを超えているから」と、自分で車の相場を決めてしまう人がいますが、少しでも高く買い取ってほしいと思うのであれば、自分で相場を判断することは避ける必要があります。
インターネットサイトを利用したり買取業者に見積りを依頼すれば、だいたいの相場を知ることができます。
また、相場=買取価格ではありません。相場よりもさらに高額に買い取ってもらえる場合もあります。そのため、1つの業者だけでなく複数の業者に見積りを依頼することが大切です。見積りだけであれば無料で行ってくれる業者も多く、見積りをしてもらったからといって必ずしも売却しなければならないというわけではありません。
今すぐに売却を考えていないという方でも、相場を知ってから検討することが大切です。

愛車を高く売るためのポイント

高く車を売却したいというのであれば、なるべく早く売却することをおすすめします。 車の相場というのは毎日変動するものです。車は古くなればなるほど買取価格が下がってしまいます。また、買取価格には走行距離も大きく関係しますので、走行距離が増加すればするほど買取価格が下がります。そのため、年式落ちや走行距離が増加する前に売却することが重要といえます。
なお、「早く売る」以外にも高く売却するポイントがいくつかあります。
まずは、「綺麗にしておく」ということです。査定の際には年式、走行距離、人気カラーなどが重要な項目となりますが、それだけでなく車の状態も買取価格を大きく左右するポイントとなります。外装はもちろんのこと、内装も綺麗にしておくことが大切です。いずれ売却することを考えているのであれば、日頃から掃除やメンテナンスを行い、綺麗な状態を保っておきましょう。
また、「純正品パーツを持参する」ということも大切です。
車好きな方であれば、純正品パーツを外してカスタマイズしているかもしれません。社外品パーツも査定の対象となります。社外品パーツによって買取価格が高くなる場合もありますが、買取価格が下がってしまう場合もあります。純正品パーツの方が買取価格が高くなるのであれば、社外品パーツを取り外して純正品パーツを取り付けるのが望ましいといえます。よって、必ず純正品パーツは捨てず、査定の際には持参することをおすすめします。
さらに、「業者に直接交渉する」ということも重要です。
ディーラーに下取りを依頼するにせよ、中古車買取店に買い取ってもらうにせよ、買取価格を1円でも高くするために大切なのは「交渉」です。どれだけ車を大切にしてきたか、車へのこだわりをアピールしてください。前述のようにパーツも査定対象になりますので、アルミホイールやエアロパーツの魅力などを伝えましょう。オーディオやカーナビなどのオプションがついているかどうかもアピールポイントのひとつです。
いくつもの業者に見積りをしてもらうのは面倒だ・・・と思う方も多いかもしれませんが、業者によって10万円以上買取価格が異なる場合もあります。少しでも高く売却したいと思うのであれば、いくつもの業者に見積りを依頼することが大切です。

合わせて読みたいコラム

footer