愛車を乗り換える場合や、諸事情で手放すような場合、可能な限り高値で売却したいですよね。 しかも、高値売却だけでなく、手間や時間をあまりかけずに手続きができれば言うことなしです。 そこで今回は、高値で手間なく売却できる、おすすめの方法をご紹介することにしましょう。

1社だけで完結するのは避けよう

高値で売却するという点でいえば、1社だけで売却商談を完結することは得策ではありません。 企業や官公庁等の慣習として、業者に見積もりを依頼する際などに、いわゆる「相みつ」という手法を用いるのが一般的ですが、 これは自動車の売却の場合でも同じです。 1社だけで高額査定を要求しても、比べるべき対象(=ライバル会社の査定額)がないのですから、 多少の上乗せ程度でクロージングを迫られるのがオチです。

1社の査定だけで完結するのではなく、必ず複数の買取業者に査定を依頼しましょう。 そして、各業者から提示された査定価格をもとに、各買取業者に査定額のさらなる上乗せをお願いする価格交渉を行うことがとても大切です。

車買取一括査定サイトを利用しよう

複数の業者を1社1社訪問したり、電話をかけたり、インターネットに情報を入力したりするのは非常に手間がかかります。 車買取一括査定サイトを利用すれば、たった1回の入力作業(愛車や申込者の簡単な情報)のみで、 サイトに登録している複数の買取業者にまとめて査定依頼が行えますので、申込みの手間が大幅に軽減でき、とても便利です。

車買取一括査定サイトには有力業者が登録

たとえば、「車買取一括査定サイトが便利だというのは理解したけど、どんな業者に査定が依頼できるの?」 「業者は信用できるの?」と疑問を持たれた人もおられるでしょう。その疑問はごもっともです。

いくら便利なサービスであっても、査定依頼に応じるのが、聞いたこともないような業者ばかりなのであれば、 大手業者に1社1社個別にアポを取ったほうが安心だと思われるでしょう。

実は、その点の心配はまったく無用です。車買取一括査定サイトには、日本を代表する大手買取チェーンが多数参加しています。 また、大手業者以外にも、事業規模の軽快さゆえに、大手に負けず劣らずの高値を提示できる中小の業者も多数登録しており、 自分自身で1社1社探してアポを取っていたのでは巡りあえないような業者に、高値で売却することも夢ではありません。

大手業者の参加は、車買取一括査定依頼サイトの実力と信用の証

このように、大手から中小まで、多数の業者が車買取一括査定依頼サイトに登録していますが、やはり大手買取業者が登録しているという点は、 そのサイトの実力や信用を大幅に高めていると言えるでしょう。

では、どのような大手買取業者が登録しているのでしょうか?  代表的な5社をご紹介します。

ビッグモーター

ビッグモーターは、山口県を発祥とする自動車販売会社です。 新車ディーラー店に負けず劣らずの清潔感のあるショールームが特徴で、広大な敷地に所狭しと並べられた良質中古車を販売する手法により、 急成長を遂げています。

中古車の小売販売台数は日本でトップクラスの実績を持っており、ユーザーから買い取った中古車は、 車両状態や人気度などに応じて自社グループの小売店舗で再販することが可能です。

このため、流通にかかる中間マージンによる減額を考えなくてもよいため、その分だけ高く買い取れることになります。 また、同社はグループ内に中古車オークション会場(業者専門の卸売市場)を有しています。

自社グループで小売しない中古車であっても、オークションで高値かつ迅速に卸売することで、買い取った中古車の在庫を抱える経費を抑えることができます。 これらの点から、ビッグモーターは高値買取に強い自信を持っています。

ガリバー

ガリバーは、車買取業界においてライバルを圧倒する買取実績を持っています。 全国すべての都道府県に出店しており、総店舗数は450店舗を突破。近い将来に800店舗体制確立を目指しており、スケールの大きさには驚くほかありません。

年間買取台数は約20万台規模にもなりますが、買い取った中古車の多くを、 中古車オークションで短期間(おおむね2週間以内)で売却するビジネスモデルを業界で初めて確立したことで、 急成長を遂げました。

加えて、買取査定を行う際には、当時の新車ディーラーが採用していた減価償却方式に準じた値決めではなく、 中古車オークションの相場に基づく値決めを行うことで、ディーラーの下取価格に満足できない人々を中心に、ガリバーの高値買取が支持を集めました。

あわせて、買い取った中古車をオークションで売却するまでの間は、一般ユーザーに小売する仕組みも早くから導入しているほか、 近年では小売販売拠点の展開にも力を注いでおり、単なる車買取専門業者という枠にとどまらない、総合力を発揮できるのが強みです。

カーセブン

カーセブンは、東京を本拠に、全国にフランチャイズ展開している、自動車関連業者のネットワークです。 とりわけ関東で抜群の知名度を持っていますが、北陸や四国など、地方にも複数のフランチャイズ加盟店を持っています。

特に新車ディーラーや老舗中古車販売業者が多数加盟している点も特徴です。 それぞれの加盟店が持つ在庫を共有できる仕組みの構築や、ユーザーが現物を見なくても実車の状況を把握しやすいよう、 タブレット端末を活用した自動車査定システムの導入といった取り組みを通じ、安心して中古車を買えるように配慮しています。

そうした取り組みにより、買い取った中古車を自グループ内で流通しやすくしており、そのことが中間マージンを廃し、高値買取を実現しやすい環境を生んでいます。 また、カーセブンは、愛車の売却や購入時はもとより、査定を受けるだけでもマイレージポイントがもらえる制度をいち早く導入しています。

マイレージポイントは、楽天スーパーポイントやWAONなど、約20種類から選ぶことができるのも嬉しい配慮と言えるでしょう。

カーチス

カーチスは、買取店や小売店を全国に展開する大手ブランドです。 カーチスという名称を名乗る前は、JAC(ジャック)というブランド名で中古車買取店を展開していた有力業者です。

JACは、ユーザーから高値で買い取った中古車を、オークションで迅速かつ高値で売却するノウハウを早期に確立したことや、雑誌内の目立つ場所への広告展開などを通じ、 全国的知名度を持つまでになりました。ただ、有力な売買ノウハウや宣伝広告手法の確立に加え、幅広い層から豊富な顧客を抱えていたことも手伝い、 たびたびM&Aの対象となりました。一時は堀江貴文氏が率いるライブドアの傘下に入ったこともあります。

裏を返せば、それほどJAC=現在のカーチスの持つ実力は魅力的だという証でもあります。 実際、カーチスの業販担当部門は業者間取引に精通したプロ集団であり、全国のオークション会場の取引価格を徹底分析し、 高値で売却できる会場やタイミングの見極めを適切に行うことで、ユーザーにとって有利な買取価格を提示できるのが特徴となっています。

また、小売部門との連携により、自社グループ内での小売再販を前提とした高値でユーザーから買い取る「ダイレクト販売」を実現しているのも特徴です。

アップル

アップルは、1989年に誕生した日本最古の歴史を持つ中古車買取ネットワークです。 もともと、フランチャイズ方式のように本部と加盟店の上下関係が明確なネットワークではなく、 加盟業者同士がほぼ対等な力関係で協力し合って事業拡大を図っていく、いわゆるボランタリー方式で発展したブランドです。

特に、アップルの名称を社名に取り入れつつ中古車輸出に力を注ぐ加盟店(アップルインターナショナル)も現れ、 東南アジアなど海外への日本製中古車の販路拡大に伴って、国内での中古車買取の活性化に貢献するという波及効果を生み出しました。

加えて、アップルは、ユーザーから買い取ったばかりの中古車を中古車オークションに出品するのみならず、 5000社を超す登録業者に開示し、業販購入ができるシステムを運用しています。独自の販路を持つ輸出部門など、 買い取った車の豊富な販路を備えている点がアップルの強みと言えるでしょう。

車買取一括査定で手軽に高値売却を体感しよう!

以上、駆け足で、車買取一括査定の利便性の高さや、登録業者の特徴などをご紹介させていただきました。 冒頭で述べたことの繰り返しになりますが、1社だけで売却交渉を完結してしまうのは、よくありません。

複数の業者に査定を依頼し、各業者の提示価格に基づいて、さらなる上乗せを依頼する交渉が大切です。 ぜひ、車買取一括査定サイトを活用し、効率的に高値で売却できる利便性を体感しましょう。