1. トップページ
  2. コラム
  3. 外車を買取査定する際の概算を知りたい

top

外車を買取査定する際の概算を知りたい

外車が高い理由

「外車=高い」というイメージを持つ方は多いといえます。みなさんがイメージする通り、ベンツ、BMW、アウディなどの外車は、日本の車よりも価格設定が高くなっています。
日本を代表するトヨタの高級セダン・レクサスISの新車時価格が372万円から625万円なのに対し、同ランクといわれているベンツの高級セダン・C-Classの新車時価格は399万円から725万円、BMWの3シリーズにおいても新車時価格は388万円から785万円となっています。
このように、同ランクの車においても外車は日本車より100万円から200万円程度高い金額設定となっています。
なぜ、外車は日本車よりも価格が高いのでしょうか?
まず、みなさんが考えるのは関税でしょう。
しかし、日本での乗用車輸入関税は0%です。そのため、関税が外車の価格に影響を与えることはありません。
では、一体何が外車の価格を上げているのかというと、日本における「輸入車=ブランド品」という価値観です。
ここで、ブランドバッグを例として挙げましょう。同じ牛革のブランドバッグでも、日本ブランドと海外ブランドでは、数十万円もの価格差があります。数十万円高い海外ブランドのバッグが売れるのは、海外ブランドそのものに価値があるからです。海外ブランドはそれを承知しているがゆえ、数十万円という高額な価格設定をしています。
車においても同様で、外車には海外ブランドという価値が定着しています。そのため、ある程度価格が高くても、車にブランド力を求めるユーザーによって購入されるというわけです。
また、外車の価格設定では日本側の意向よりも本国側の意向が優先される傾向にあります。外車の輸入代理店は、海外メーカーの日本法人であることがほとんどです。
輸入代理店は内外格差が大きくなって並行輸入車が増えるのを防ぐべく、長期保証や低金利ローンといったキャンペーンを行い、国内車との価格差が開き過ぎないように外車を販売しているのです。

買うと高い外車でも、売ると安く買い取られる

日本車に比べ、販売価格の高い外車。当然、売却においても高額な金額を期待してしまうでしょう。
しかし、意外にも外車の買い取り価格は高くありません。中には、日本車よりも安い価格で買い取られてしまうケースや、買い取り不可能というケースもあるようです。
一体なぜなのでしょうか?
外車の買い取り価格が予想以上に安い理由としては、外車の流通台数が少ないことが挙げられます。
国内において、外車は日本車よりも圧倒的に流通台数が少ない傾向にあります。そのため、中古車市場における外車の買い取り相場は不安定な傾向にあります。めずらしい外車だと、買い取り相場自体が存在していないものもあります。
そのため、外車の買い取りを行う業者は業者オークションなどの落札価格を参考に各外車の需要と供給のバランスを調査し、買い取り価格を決定することになります。
なお、国内において外車の需要が相対的にみて低いことも、外車の安価な買い取り価格に影響しています。
維持費が高く燃費の悪い外車は、一部のマニアックなユーザーにしか支持されません。よって、いくら1000万円を超える高級外車や希少価値の高い外車であっても、需要が低いことから高価な買い取りは期待できなくなります。
外車の買い取り相場が購入時とかけ離れた安価な設定となっているのはそのためです。

外車を高く売るには?

外車を高く売るには、外車を豊富に取り扱う外車専門の買い取り業者を利用しましょう。
外車専門の買い取り業者には外車を好むユーザーが多く来店するため、一般的な中古車市場に比べて外車の需要が高くなっています。
また、外車の買い取り相場が明確に設定されているので、相場に見合った価格で買取ってもらうことが可能です。
ベンツやBMWといった人気の外車はもちろん、ポルシェやランボルギーニ、フェラーリといったスーパーカーを売却する際にもおすすめです。

<<沖縄で中古車を売却したい

年度末に中古車相場は下がる?上がる?>>

footer