埼玉県人は、クルマで出かけるのが好き?

埼玉県の自家用乗用車の保有台数は、3,112,216台(平成26年3月現在)で、全国第2位となっています。 東京都心からの鉄道のアクセスは非常に発達していますが、こと県内の移動に限るとクルマの方が便利なようです。 完全に東京のベッドタウン化した南部と比べ、北部はまだまだ自然が豊かで農業も盛んです。 そのため東京のすぐ隣であるにも関わらず、農業産出額は全国第6位を誇っています。 自家用車を保有している人が多すぎるせいか、タクシーの利用率は低く、2013年のタクシー旅客輸送量は3,122万人と、全国最低になりました。 それだけ愛車を運転して出かける人が多いということなのでしょう。

埼玉県で人気の中古車ランキング

エルグランド

フルサイズ・ミニバンのブームを牽引したエルグランドは、1997年、キャラバン&ホーミーの派生モデルとして登場しました。 初代はまだどこかに商用車の雰囲気が残ってましたが、2002年にデビューした2代目によって、そのイメージは大きく変わりました。 押しの強いエクステリアと、先進的なインテリアデザインによって、「お洒落で存在感のあるミニバン」として、確かな人気を獲得しました。 FRの駆動方式を採用したスポーティーなハンドリングも人気の一因でしたが、3代目の現行型からは駆動方式をFFに変更し、大幅な底床下を実現して居住空間の拡大を実現しました。 エルグランドは中古車市場でも人気で、ミニバンのジャンルでは常に上位です。 そのせいで在庫も多くなり、査定額はやや厳しいようです。 2代目の初期モデルで100~150万円。 後期モデルで5万キロ未満なら、200万円を超えるケースもあります。

ヴォクシー

ヴォクシーの誕生は2001年。ノアの兄弟車として発売されました。 そのスタイリングは明らかにヤングファミリーを標的にしたもので、スクエアなフロントグリルでスポーティな雰囲気を演出。 「おじさん臭くないミニバン」というイメージ作りに成功しました。 2007年のフルモデルチェンジによって3ナンバー化した2代目ヴォクシーは、ワイドタイヤの装着で、走りのイメージを強調すると同時に、折りたたみと跳ね上げがワンタッチでできるサードシートを採用するなど、快適性にも配慮しています。 ヴォクシーは発売以来、ファミリーユーザーを中心に根強い人気をキープしています。 また新たにハイブリッドモデルもラインナップに加わったこともあり、中古車買取相場市場でも高い査定額が出ています。 5年落ちでも、200万円台の査定額が期待できます。

セレナ

ミドルクラスのワンボックス・ミニバンとして1991年に誕生したセレナは、当初、「バネットセレナ」という名前でした。 あまり生活感を感じさせないモダンな内外装デザインにより、比較的若いファミリー層をメインに、高い評価を集めました。 1999年に発表された2代目も、2005年発表の3代目も、基本的にはキープコンセプト。 そして2010年フルモデルチェンジにより4代目となった現行モデルでは、環境性能をアップ。 アイドリングストップの導入などにより、大幅な燃費向上に成功しました。 使い勝手が良い上に環境性能も上々で、コストパフォーマンスも高いことからセレナは中古車市場でも常に大人気です。 したがって買取価格の相場も高く、先代モデルでも走行距離がさほど多くなければ、150万~200万で推移しています。

埼玉県で高条件で愛車を買い取ってもらう方法は?

埼玉県は県民一人当たりの所得が全国13位と、けして低くありませんが、貯蓄額は30位にとどまっています。 要するに消費指向が強い県民性であり、同時にスポーツや旅行にお金をかけるというデータも出ています。 もちろん人生をエンジョイすることは大切ですが、将来のためにはお金も大事です。 愛車を売却する時も、少しでも高く売ることができれば、そのお金を貯蓄に回せます。 埼玉県には、中古車買取店は数多くありますが、いったいどのお店が一番高く買い取ってくれるのでしょうか? できるだけ多くの店を回って査定を受けるのが良いのですが、そのためにはガソリン代もかかります しかし、一括査定サイトを利用すれば、無料で沢山のお店で査定を受けることができるのです。 時間もお金も一切不要ですので、ぜひ一度試してみてください!