安全運転を大切にする鳥取県

青い海と砂丘のコントラストが美しい鳥取砂丘で有名な鳥取県。「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげるの出身県であることもあり、鳥取県には観光スポットがたくさんあります。

観光スポットの間を移動するための手段として、また地元に住む人たちの生活の足として、鳥取県では車は生活に必要不可欠となっています。 日本海側気候である鳥取県は、冬には雨や雪など天候が崩れやすくなっています。 そういった悪天候の中を移動するため、ドライバーのブレーキやハンドリングをアシストしてくれるような安全性の高い車の人気が高まっているようです。

平成26年10月の調査で、鳥取県では60代以上の老年人口が増えていることがわかっています。 1世帯につき1~2台の車を保有している鳥取県では、高齢者ドライバーの存在を無視することはできません。 そのため、高齢者にも扱いやすい軽自動車の買取査定額に注目が集まります。

鳥取県の中古車人気ランキング

オデッセイ(ホンダ)

ホンダから販売されている上級ミニバンです。1994年に初代モデルが販売されてから変わらぬ人気を誇り、現在もホンダの主戦力として位置づけられています。 ワンタッチで開閉できるスライドドアや低いステップ位置により、子供や高齢者が安全に乗り降りできるためファミリー層に人気です。

オデッセイには前方の障害物を感知し、誤ってアクセルを踏んでしまったときにエンジン機能を抑制する「誤発進抑制機能」が搭載されており、 アクセルの踏み間違いや坂道発進時のトラブルを軽減してくれます。 また、時速100キロまでの速度で高速道路を走行中、アクセルとブレーキのアシストを行う「ACC(アダプティブ・クルーズ・事ロール)」というアシスト機能も。 安全性に配慮した車種であるオデッセイは、高齢者ドライバーの多い鳥取県で需要が高くなっています。

JADEハイブリッド(ホンダ)

ホンダから販売されているミニバン車です。ミニバンでありながらセダン並の全高に設計されており、立体駐車場での高さの制約を解消しました。 全高の低さからは想像できない室内の快適さと広い視界で、どのシートに座ってもゆとりあるドライブを楽しむことができます。

ドライバーのハンドル操作から車線はみ出しを防ぎ、安全な車線中央を保つ「LKAS(車線維持支援システム)」や、ミリ波レーダーと単眼カメラによって 前方の障害物を感知する「CMBS(衝突軽減ブレーキ)」など、事故につながりがちな運転中のミスを軽減する安全システムを搭載。 町中や住宅街を走行する際の安全性を特に意識したJADEハイブリッドは、車が生活に欠かせない鳥取県で支持されているようです。

ラパン(スズキ)

スズキから販売されている、ハッチバック型の軽自動車です。同社から販売されていた軽自動車「アルト」を基本としてデザインされ、 豊富なカラーリングや丸みのある可愛らしい外観から、女性層の人気を集めています。

紫外線をカットするフロントドアガラスや、殺菌、脱臭もできる弱酸性の風を出すエアコンなど、車としての実用性だけでなく「部屋としての居心地」を追求した 女性に嬉しい車種ともいえるでしょう。発進、加速のときにタイヤの横滑りや空転を抑えるトラクションコントロールをはじめとした、 コンピューターがエンジンとブレーキのアシストをする「ESP(車両走行安定補助システム)」でドライバーの安全を守ります。

鳥取県で中古車の高価買取をするために

鳥取県の中古車人気ランキングは、安全性を重視するタイプの車種が並びました。 鳥取県で車の買取を行うときは、「安全性が高い」ことに加えて「システムがきちんと作動するか」ということも考慮してみましょう。 どんなときに安全システムが作動したかということを、元オーナーが覚えておくことは大切です。

一括査定サイトで見積もりをして、安全性に見合った買取額を提示してくれるショップを探してみましょう。