愛車を高く売るためには買取価格を決定する基準を知ることが大事です。買取額に大きく影響する項目を6つにまとめましたので、車買取を検討している人はぜひチェックしてください。

基準1 車種

中古車市場で人気の車種は高価買取され、燃費性が高い軽自動車やコンパクトカー、ミニバン等の定番性の高い車も高価買取される可能性は高いです。ここ数年だとエコカーの買取が強化されています。

燃費性が高い軽自動車
ワゴンR(スズキ)、ミラ(ダイハツ)、eKワゴン(三菱)など…

買取強化のエコカー
プリウス(トヨタ)、リーフ(日産)など…

買取で人気のミニバン
セレナ(日産)、ステップワゴン(ホンダ)、ノア(トヨタ)

基準2 ボディカラー

ボディカラーも買取額の重要な基準であり、ホワイトやブラック系のカラーは、カラーのブームに影響される事が少ないので他のカラーよりも高価買取の可能性が高いです。スポーツカーはレッドやブルー等のビビットカラーの方が買取額が高い傾向があります。

また、車種ごとに人気色があるため、その色の車種は高額査定の可能性があります。愛車の人気色はインターネットや中古車情報誌等で調べる事が出来ます。

※検索例:プリウス 人気色 ランキング

基準3 年式(型式)

年式(型式)が新しいほど買取額は高くなりますが、年式(型式)が1年違うだけで買取額に大きく差がでます。また、同年式でもマイナーチェンジやフルモデルチェンジの前後でも買取額に差がでます。その理由は年式(型式)によって人気に大きな差があるためです。

基準4 走行距離

買取価格の相場は「3万キロ」「5万キロ」「10万キロ」で大きく変わると言われていますが、買取でで重要なポイントは年式に対して適切な走行距離を走っていることです。

適切な走行距離の目安は年間走行距離が「普通車で1万キロ」「軽自動車で8千キロ」と言われてます。この基準より大幅に走っていたり、年式に対して大幅に走行距離が少ないと動作不良とみなされる可能性があるため、買取額が低くなります。

基準5 パーツ

パーツには純正品(ディーラー等で購入したもの)と社外品(自ら改造して取り付けたもの)があり、純正品のカーナビや本革シートが取り付けつけてあると高額査定の可能性があります。

社外品でも「サスペンション」「エアロパーツ」「ホイール」「カーナビ」「マフラー」や人気メーカーのものは査定額にプラスされる可能性があります。しかし、個人の好みに強く影響されるパーツや改造はマイナス査定をされる傾向があります。

基準6 修復歴

事故車は無事故車と比べると大きくマイナス査定となりますが、修理しただけでは事故車とならない可能性もあります。

今すぐ!!無料査定をスタート!!