車の売却方法「下取り」と「買取り」の違いはご存知ですか?「買取り」と「下取り」の違いを知っておくと、より高く売却することが可能です。では、どちらが高額に売却できるのでしょうか?

下取りと買い取りの違い

下取りとは

「下取り」とは、車をディーラー(車の販売店)に引き取ってもらい、引取り金額分を次の車の購入金額から差し引いてもらうことです。「下取り価格」が値引き額と混同されてしまう為、
自分の愛車の価格があいまいになってしまう事が多いようです。

買取とは

「買取」とは、車をディーラー(車の販売店)ではなく、中古車の専門店などで愛車を売却して、現金化することです。

「買取価格」は中古車のオークション相場を基本価格として、装備や状態を総合的に判断して買取額が算出されます。そのため、時期によって買取額に変動があり、オークションで人気の車種やオプション装備によっては高額での買取が可能になります。

もし、買い換えを検討しているなら、その資金は次のクルマの頭金に充当できます。

「下取り」「買取」のメリットとデメリット

下取りのメリット・デメリット

■ 下取りのメリット

  • 車の購入・手放す手続きが同時に出来るため、手間を省ける
  • 新車が納車されるまでは下取り予定の車に乗れる
  • 古い車種やマイナー車種でも一定の価格で下取り可能な場合がある

■ 下取りのデメリット

  • 社外品パーツでのプラス査定は期待できない
  • 中古車相場が反映されづらいため、相場よりも低額になる
  • 人気車種や装備などのアピールポイントがあってもプラス査定になりにくい

「買取」のメリットとデメリット

■ 買取のメリット

  • 複数店舗の査定額を比較して、一番高い業者に売却できる
  • 下取りと違い、売却して現金を受け取れる
  • ナビなどの装備品や人気のパーツが付いているとプラス査定になる可能性
  • 査定額の基準が下取りよりも細かく、アピール次第でプラス査定になる

■ 買取のデメリット

  • 複数の買取業者に査定を依頼するため、下取りよりも手間がかかる
  • 相場変動が激しいため、売却時期によっては査定が低くなる
  • 低年式車や過走行車・不人気車は査定額が低くなる

「下取り」「買取」って、どっちがお得なの?

 車を高く売りたい場合は「買取」で車を売却する方法がオススメです。複数の査定会社に査定依頼が出来るため、1番高い買取業者で売却が可能なのと、下取りよりも買取価格の基準が細かいため、プラス査定に繋がりやすい等の理由が挙げられます。

一方の「下取り」は、各販売会社が用意する「下取り基本価格表」をもとに、
車のダメージなどを査定の上、減額して下取り額を算出します。

この価格表は、中古車の相場とは連動していないため、実際にいくらで下取り出来るかの予想が難しく、下取り額が低くなる可能性があります。

今すぐ!!無料査定をスタート!!