車の買取相場は中古車の需要に合わせて日々変化しています。
中にはわずか1ヵ月で数十万円も下がってしまうケースもありますので、いかに高額で売却するかがポイントになります。
また、季節や地域によって車の需要も変わるため、車種によっては売り時のタイミングがあります。まず、基本的に車買取相場は、需要と共有のバランスで日々車査定相場が下落するため、愛車を高く売りたいのであれば、1日でも早く売却する方がお得です。 中古車の市場は、少しでも新しい車の方が価値(相場)が高くなるのが基本です。
また、査定時から実際に車を手放すまでの期間が1日でも早いほど高額査定につながりやすくなります。これらのことをふまえて売り時のタイミングを考慮して高額で売却しましょう。

即売却が高額査定

買取業者が査定する上で気にするポイントは、「中古車市場でこの車がどれくらい人気があるのか?
どれくらいの価格が付くのか?」ということです。
しかし、中古車市場の相場は日々変わるため、プロでもなかなか予測することは困難です。
そんな中、いつ売却されるかわからない車を査定するのは非常に難しく、すぐ売却してもらえるのであれば、現状の相場から査定額を算出できますが、「2か月後に売却する」となった場合は、2か月先にどれくらいの価値になるかが判断しにくくなってしまいます。
そうなると当然高い査定額はつけられなくなり、いつ手放すかわからないとなれば、査定額は低くなってしまいます。
そのため、査定から売却までの日数が長くなるほど査定額は低くなる傾向になります。
これらのことから即売却が一番の高額査定になりやすいので、査定額が納得のいく金額であれば、すぐ売却することがポイントになってきます。

■ フルモデルチェンジ前に売却

あなたの愛車と同じ車種の車で新型車(フルモデルチェンジ)がでると、新型車への乗り換え需要が高まり、旧型車が中古車試乗に多く供給され、供給過多となり、中古車相場が下がっていきます。
そうなると、このタイミングで愛車を手放したら当然、査定額は期待できない金額になることが予測できます。
そのため、できる限りフルモデルチェンジより前で手放したほうが高額査定の可能性が高くなります。

ただし、一部車種では、逆に旧型が中古車市場で人気になることもあるので、それを見越してあえてフルモデルチェンジ後に売却する手もありますが、一般的にこのような事例はごく希であるため、避けたほうが良い結果につながるかと思います。

また、マイナーチェンジの場合も同様で、フルモデルチェンジほどではありませんが、相場が下がる傾向にあります。

よく売れるシーズン前に売却する

例えば、オープンカーは春前になるとよく売れるため、需要期を迎える前の冬に手放したほうがより高額になる可能性が高くなります。
また、4WD車ならキャンプ地や雪山などで活躍することを見越して、雪の降る前の夏に手放したほうが良い判断になりそうです。 その他、コンパクトカーなどは4月の新社会人が車を買う需要が高くなるため、1~2月頃に手放すとより高額になる可能性が高いです。
また、夏と冬の一般的なボーナスシーズンは、全体的に需要が高まる傾向があるため、売却時期としては良いタイミングになります。 これらの売却時期はひとつの目安にはなりますが、地域や様々な条件によっても査定基準が異なりますのでご注意ください。

査定の有効期限

買取業者で査定をしてもらい提示された査定額は、いつまでも有効というわけではありません。
例えば、査定をしてもらってから1か月後に再度同じ買取業者に改めて査定してもらっても、同じ金額が提示されるとは限らないのです。
なぜなら、先ほど「即売却が高額査定」でご説明した通りで、中古車市場は、その時々で相場が変わるため車の価格は、その変動に大きく影響されるからです。 そのため、愛車を少しでも高く売りたい場合は、提示された査定額が自分の希望や条件に近い金額ならば、なるべく早めに決断し買取ってもらうのが、高額売却のポイントになってきます。

これらのことから、車の売却を考えているのであれば、なるべく早めに愛車を査定してもいましょう。
相場や市場の価格動向を把握しておけば、売却するタイミングや予算など計画を立てることができます。

今すぐ!!無料査定をスタート!!