車の売買契約が成立したのにも関わらず、後日、業者から「売買契約を解除したい」との連絡が・・・。 こういう場合の正しい対処法をご紹介します。

売買契約を解除されるケースと対処方法は?

業者への売却後に「走行メーターの巻き戻しが発覚した」や「事故の修理歴が発覚した」という場合に業者からの売買契約解除の連絡が入るケースがあります。

発覚した事実が既知のものであるなら正直に認め、業者が査定の際に発見できなかったことも含めて相談しましょう。

もし、身に覚えのない修理歴などが発覚した場合は、買取業者にその証拠書類を提出してもらいましょう。証拠書類があれば、あなたが自動車(中古車)を購入した販売店に対して、「このような事実は購入時に知らされていなかった」というクレームを出すことが可能です。

証拠書類を提出することが難しいと言われる場合でも契約の解除に応じるのはまだ早いです。契約解除に応じてしまった場合、損をするのは罪のないあなた自身です。その際は「証拠書類の提出がない場合は契約解除は出来ません」と言って、断りましょう。

※記載されている対処法・事例はあくまで一例です。実際の事例によって対処法は変わってきますので、不明な点は専門家への相談をオススメします。

今すぐ!!無料査定をスタート!!