2015

17

Sep

事故車・故障車の基礎知識

事故車の部品って売れるの?買取業者の探し方

カンタンにまとめると!

  • 事故車となった場合、車自体は値がつかなくても部品なら売れることが多い
  • 内装部品・外装部品・機能部品など、売れるパーツはたくさんある
  • 部品買取に詳しい業者をみつけるには複数の業者を探してみよう

事故車でも、部品やパーツで高額査定?

少しでも高く売りたい

愛車が事故車となってしまった場合は、査定額はかなり下がると覚悟しなければなりません。どのくらい値段が下がってしまうのかというと、これは程度問題ですので一概には言えませんが、一般論でいうと、事故車は30~40万円くらい査定額から引かれるようです

だからといって、高額査定をあきらめることはありません。事故車となっても、車の部品はまだ使えるため、これを目当てに事故車や廃車を高く買い取る業者がたくさんいるのです。つまり、事故車となっても、まだ使える部品があれば、それに値段がつくのです。

どんな部品が売れるの?

車には様々な部品が使われています。大きく分けると、外装部品と内装部品、それに機能的な部品に分けられます。

外装部品としては、ヘッドライト、フォグランプ、バンパー、グリル、タイヤ、ホイールなどが挙げられます。

内装部品は、ステアリング、シート、カーナビ、エアコン、スピードメーターなどが挙げられます。

機能的な部品では、車の心臓であるエンジン、あらゆる面で使われるバッテリー、足回りを支えるサスペンションなどがあり、その他、関連する部品が多数存在します。

外装部品で高額査定が期待できるのは、タイヤやホイールです。特に、高級車やスポーツカーのホイールはとても目立つため、こだわりを持つ人が少なくありません。このため、まだ使えるタイヤやホイールならば、高額査定も十分期待できます。

ボンネットが凹んだり、ドアが開けられないなど、外装が壊れている場合でも、内部の損傷を免れていれば、業者は内装部品で使えるものを探します。たとえばカーナビは買取の可能性が高いです。また、ステアリングは、カーマニアに人気があるため、事故の影響が無ければ当然買取が期待できます。

また、例えば後ろからぶつけられてかなりの損傷があって走れなくなった車の場合でも、ボンネット部分が無傷であれば、エンジン買取の可能性が高いです。

バッテリーは車によってサイズが異なるため、損傷が無ければ中古部品として扱ってくれることでしょう。

このように、様々な部品が買取の対象となります。

部品買取が得意な車買取業者を探してみよう!

車一括査定サイトを活用しよう

部品を査定してくれる業者のみつけ方は、少し手間ですが、複数の車買取業者に査定を依頼することがベストです。最低でも5、6社には依頼することをおすすめします。

しかし、複数のサイトにアクセスするのが面倒という人もいるでしょう。そんな人にお勧めなのが、一度にまとめて複数の車買取業者に査定依頼できる「車一括買取査定サイト」です。

こうしたサイトを利用することで、最も高く査定してくれる業者を探すことが可能です。ナビクルでも車の買取査定をご用意していますので、こちらもお試しください。

大手はもちろん、事故車を専門に買取しているような専門業者や、地域に密着した中小の車買取業者などが参加しており、最新の相場事情を提供するなど、有益な情報が一気に入手できるというメリットもあります。

ただし、ネット上の査定では、実際の車の状態を見て行っているわけではありませんので、次の段階として、車を実際に見て査定してもらう必要があります。これを実車査定といいます。

複数の業者に実車査定してもらい、もっとも満足のいく金額が提示された業者に買取を依頼しましょう。もし納得がいかない金額が提示された場合は、別の業者に相談するのももちろん可能です。出張査定は基本無料なので、利用者にとってうれしいシステムといえるでしょう。

完全無料 さっそく、一括査定を申し込む