2015

17

Sep

事故車・故障車の基礎知識

更新日: 2020-06-01

車は部品・パーツ単位で売るとお得!おすすめパーツ買取業者を紹介

車の部品・パーツ

この記事のポイント

  • 車を売却する際には部品・パーツだけで売った方がお得になるケースがある
  • 内装部品・外装部品・機能部品など、売れるパーツはたくさんある
  • 事故車の場合は廃車買取業者への依頼も検討

車を売却する際に、「そもそも車の部品・パーツは売れるの?」「車本体と一緒に売りに出した方が良いのでは?」と疑問に思われる方も多いのではないでしょうか。

結論からお伝えすると、車の部品・パーツのみを買い取ってもらうことは可能です。

また場合によっては車とは別に売った方が最終的な査定額が高くなるケースもあります。

この記事では車本体とは別に車の部品・パーツのみで売った方が良いケースを紹介しているほか、人気の部品・パーツやおすすめの買取業者も紹介しています。

車とは別に部品やパーツを売りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

部品・パーツだけで売った方が良いケース

先ほどお伝えしたように、車を売却する際には部品・パーツだけで売った方がお得になるケースがあります。まず査定額が高くなるケースは以下のとおりです。

  • 純正オプション以外のオプションをもっている場合
  • パーツが査定額に反映されている場合

一般的に、オプションは大きく分けて純正オプションと社外オプションがありますが、純正オプション以外は査定額が低くなる傾向にあります。

そのため、純正オプション以外のオプションをお持ちの場合は、基本的に車本体とは別に、オプションを売ることをおすすめします。

部品・パーツを買取に出すうえでおすすめの買取業者については後ほどご紹介します。

また「買取額アップの秘訣!車査定で評価されるオプションと賢い売却法」の記事ではオプションについて詳しく解説しているので、こちらも参考にしてください。

パーツが査定額に反映されている場合

車を売却する際は部品・パーツを付けたまま売ることが多いと思いますが、そういった場合は査定額に部品・パーツの値段を上乗せしてくれることもあります。

しかし部品を個別で売った場合と比較して、どうしても査定額が安くなってしまう傾向にあります。

そのため、買取業者が部品・パーツをどれくらい査定額に反映してくれるのかをしっかり確認しておきましょう。

次に、どのような部品・パーツがどのくらいの価格で売れるか紹介していきます。

部品・パーツはメーカー・ブランドによって査定額が異なる

ここでは、どのような部品・パーツが高価買取してもらえるかをお伝えしていきます。

まず同じようなパーツでもメーカーやブランドによって査定額が異なることを知っておきましょう。

例えば、デンソーやアイシン精機、トヨタ紡織などのパーツは比較的人気が高く、高価買取が期待できます。

また海外のスーリーや横浜タイヤなどもブランド品のパーツとして有名です。査定の際に評価される部品・パーツは、以下のとおりです。

<外装部品>
  • ヘッドライト、フォグランプ、バンパー、グリル、タイヤ、ホイール
<内装部品>
  • ステアリング、シート、カーナビ、エアコン、スピードメーター、ドライブレコーダー

車にはさまざまな部品が使われていますが、外装部品と内装部品、機能的な部品に分けられます。

外装部品としては、ヘッドライト、フォグランプ、バンパー、グリル、タイヤ、ホイールなどが挙げられます。

内装部品は、ステアリング、シート、カーナビ、エアコン、スピードメーターなどが挙げられます。

主な部品・パーツの買取相場は以下のとおりです。

部品・パーツ 買取相場
ヘッドライト 数千円~2万円
フォグランプ 5,000円~1万円
バンパー 1,000円~2,000円
グリル 数千円
タイヤ 4,000円〜1万5,000円
ホイール 5,000円~1万円
ステアリング 5,000円~1万円
シート 5万円~10万円
カーナビ 1万7,000円~3万円
スピードメーター 1,000円~2,000円
ドライブレコーダー 数千円~1万円

ここでは具体的に評価される主な部品・パーツについて紹介していきます。

タイヤとホイール

部品の中でも特に評価されやすいのがタイヤとホイールです。

というのも、どの車にも付属しており需要が高いためです。また中古品が数多く市場に流通しており、買取の際は高額査定が期待できます。

タイヤやホイールは新品の値段が高いため、中古で揃えようとする方も少なくありません。

また高級車やスポーツカーのホイールはとても目立つため、こだわりを持つ方も多く、そういった需要もあります。

このため、まだ使えるタイヤやホイールならば、高値での買取も望めます。

ヘッドライト

ヘッドライトは様々なシチュエーションで利用されるため、人気が高い部品といえます。

事故や故障などで交換することも多く、こちらも需要が高いのが特徴です。

またLEDだけでなく古い型のランプも買い取ってもらえるケースがあり、特に保存状態が良い場合は高価買取に繋がります。

カーナビ

カーナビはオプションの中でも買取価格が付きやすいのが特徴です。

モデルによって音声認識やスマホ連携といった機能も付いており、機能性や種類によって価格に差が出やすいパーツです。

ただし売却先としてネットオークションを検討している場合は事前に動作確認と記録を行っておきましょう。

落札者の元に届いた際に正常に動かなければクレームに発展し、トラブルの元になります。そのため、動作確認をし、それをしっかり記録しておくことがおすすめです。

ドライブレコーダー・カメラ

車の中にはあらかじめドライブレコーダー・カメラが取り付けられている車種もあります。

また近年はあおり運転などのトラブルも多いため、あとから取り付けた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

こちらも部品・パーツとして買取額UPが期待できます。

ここまでは一般的な車の部品・パーツの買取についてお伝えしてきました。しかし、愛車が事故車として認定された場合は、事情が異なってきます。

次からは愛車が事故車の場合の対応についてご紹介します。

事故車の場合だと「部品」での買取のメリットが大きい

ここからは一般的な車ではなく、愛車が事故車である場合のケースを紹介していきます。

まず事故車には、以下のような定義があることを頭に入れておきましょう。

事故車とは: 事故、あるいはその他の要因で自動車の骨格部分にあたるフレーム損傷させ、損傷部を交換または修理した経歴のある車のこと

詳しくは「事故車とは?事故車の定義と事故車として扱われるケースを紹介」を参考にしてください。

前提として愛車が事故車となってしまった場合は、査定額はかなり下がると覚悟しなければなりません。

一概には言えませんが、一般的に事故車は30~40万円くらい査定額が下がってしまいます。

事故車は高額売却が難しいため、部品・パーツのみを売りに出したいと考える方も少なくないのではないでしょうか。事故車の場合は大きく分けて以下の2つの対応が考えられます。

  • 部品やパーツを部品買取業者に売却→車を中古車買取業者に売却
  • 車を廃車買取業者に売却

まず、できるだけ査定額を上げたいという方は、あらかじめ車のパーツ単位で買い取ってくれる業者に査定依頼を出してみましょう。

その後、車本体を買取業者に査定に出すのがおすすめです。ただし、損傷がひどい事故車の場合は買取額が付かないことも多いのが現状です。

値段がつきそうもない事故車であれば廃車買取業者への依頼がおすすめです。

廃車買取業者なら無料で車を引き取ってくれ、場合によっては車を買い取ってくれるケースもあるからです。おすすめの廃車買取業者については「廃車の買取相場の目安は?廃車予定の車を高く売る方法」で紹介しています。

しかし、廃車買取業者は廃車にまつわる書類手続きを一括して行ってくれる一方で、その分査定額が下がってしまいます。

そのためできるだけお得に車を処分したい方は、部品・パーツを独立して買い取ってくれる業者に売ることをおすすめします。

実際におすすめの部品・パーツの買取業者とその特徴を解説していきます。

おすすめの部品・パーツ買取業者

ここではおすすめの部品・パーツ買取業者2社について解説していきます。

  • アップガレージ
  • アイパーツ

アップガレージ

アップガレージの最大の特徴は店舗数の多さです。

全国に180以上の店舗数をもっており、店頭買取だけでなく、宅配買取や出張買取も行っているため、近くにお店がない方にもおすすめです。

また、スマホ・パソコンから事前予約可能で、店頭での待ち時間を大幅に減らすことができるため、忙しい方におすすめです。

さらに買取実績満足度、査定信頼度、スタッフ対応満足度が全国1位となっており、部品・パーツの買取が初めての方も安心できます。

アイパーツ

アイパーツ即現金化を謳っており、部品の販売~買取まで幅広く対応しているのが特徴です。

こちらもアップガレージと同様に店舗での査定のほか、WEB買い取りを行っています。

また改造車を車ごと買い取るなどユニークな取り組みも行っているので、すぐに手元に現金が必要・改造車の処分に困っている方はぜひ一度相談してみましょう。

まとめ

この記事では車本体とは別に車の部品・パーツのみで売った方が良いケースを紹介しているほか、人気の部品・パーツやおすすめの買取業者を紹介してきました。

「純正オプション以外のオプションをもっている」「パーツが査定額に反映されている」といったケースでは、部品のみを買い取ってもらう方がおすすめです。

また値段がつきそうもない事故車を手早く処分したい場合は廃車買取業者への処分を、できるだけお得に車を処分したい場合は、高く売れる部品をアップガレージ、アイパーツなどの車部品買取業者に売るのがおすすめです。

査定金額が「0」円の売れない車でも安心

値段がつかない車なら【廃車買取業者】がおすすめ!

完全無料!引取り代、レッカー代など料金は一切かかりません
手間がかかる廃車の手続きをぜんぶお任せ!楽に車を処分できます
事故車や故障車、走行距離が極端に長い車、車検切れでも【0円以上の買取保証】
自動車税などの還付金の受け取りも簡単!
壊れている車、動かない車、20万キロ以上乗っている車など、値段がつかない車を処分するなら、専門の廃車買取業者の利用が絶対におすすめです。