2015

17

Sep

事故車・故障車の基礎知識

<故障車を査定に出したい>修理してから?そのままでもOK?

カンタンにまとめると!

  • 修理内容によって、査定に出すかどうかを決めたほうがよい
  • 事故を起こした車を業者に引き取ってもらう場合は修理せず査定してもらうのが得策
  • 査定会社に問合せて相談してみるのもあり

査定前に修理に出す?出さない?

故障車の査定員のチェックポイント

少しでも高く買い取ってもらう為、査定前に故障箇所を修理に出すか、出さないか迷うところだと思いますが、実際にはどちらがよいでしょうか。

正解は修理内容によって決めた方が良い、となります。

修理しない方が良い例として、フェンダーがめちゃくちゃに壊れてしまった場合があります。

なぜなら、フェンダーはどんなにつぶれてしまっても、車の骨格部分にダメージが無ければ事故車とみなされませんので、査定に影響することは少ないと考えられます。

もちろん、修理に出してきれいな状態にすれば、車買取業者は修理する必要がありませんから、その費用を差し引いた査定額が提示されるでしょう。

しかし、車買取業者は自前の修理工場を有していたり、提携の修理業者があることが多いので、相場より安価に修理できることがあります。

したがって、事故を起こし大きな修理が必要な場合には、修理せず査定してもらうのが得策ということになります。

一方で、修理したほうが良い場合は、ちょっとしたキズや自分で修理できる範囲のものです。大きな費用や手間を掛けなくても、見た目での評価が上がる可能性があるなら、自分で修理できるところはした方が良いと考えます。

故障車における査定員のチェックポイント大公開

査定員がチェックするボディー周りのポイントは次のとおりです。

  1. ボディーの傷
  2. ボディーの汚れ
  3. ボディーの凹み
  4. ボディーカラー
  5. ボンネット
  6. ルーフ
  7. ドア
  8. ウインドー
  9. 前後左右のガラス
  10. ヘッドライト
  11. ウインカー
  12. ワイパー
  13. サイドミラー
  14. ナンバープレート
  15. エアロパーツ
  16. マフラー

業者によっては、これ以外のところもチェックすることもあるようですが、上記の16項目を押さえておけば、それなりの査定額が期待できます。汚れや浅い傷などは、ワックス掛けする・タッチアップペイントで補修するなど、自分で手入れしておくのがお勧めです。
 

下取りに出す場合のアドバイス

下取りに出す場合のアドバイス

これまでにご説明のとおり、なんといっても、日ごろのメンテナンスをすることです。

メンテナンス用品はカーショップなどに豊富にそろっています。いつか下取りに出す時のためにもメンテナンスを習慣化しましょう。

メンテナンスをし続け、愛車を少しでも高く査定士てもらえるよう、努力しましょう。査定の際には中古車一括査定サイトに査定を依頼すると数社の車買取業者が査定してくれて、便利です。
 

完全無料 45秒のカンタン入力一括査定を申し込む