廃車にする前に車一括査定を検討しよう

車を手放すにはお金がかかる

「車の買い替えを検討している」、「車が必要なくなった」など、愛車を手放すことになったとき、廃車を検討する方がいます。

「こんな古い車は買い手がつかない」、「10年で10万キロオーバーだから」と、古い車=売れないものと思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、日本ではボロボロで廃車にするような自動車でも海外では需要があるかもしれませんし、一部のパーツだけ使用する場合もあります。言ってしまえば、鉄自体にも価値があるのです。

車を廃車にするには、一定の費用がかかります。廃車にかかる費用は車両や条件によって異なりますが、軽自動車であれば7,000円~8,000円程度、普通車では2万円程度、輸入車であれば2万円以上の費用がかかることもあります。必要なくなったからと言って、簡単に手放すことはできないのです。

無料でお得に手放す方法

そこで、車をお得に手放すためにも、廃車にする前に車一括査定を利用しましょう。

車一括査定は、インターネットを通じて利用することが可能です。サイト上のフォームに車種や年式、走行距離などの項目を入力して送信するだけで、複数の業者に査定を依頼できます。たった一度の申し込みにより、複数の業者に査定を依頼できるので、何度も問い合わせをする必要がなく、とても便利です。 複数の業者に査定を依頼すれば、古い車でも買取または無料で引き取りをしてもらえる可能性が高くなります。

業者によって手に入れたい車種の条件は異なりますので、A社では買取を断られたけど、B社では5万円の査定額がついた…なんてこともあります。

廃車にすれば、多少なりとも費用がかかってしまいます。「廃車代を節約するつもりが、プラスの査定がついて新車の購入費用に当てることができた」という方も多いため、まずは一括査定をして複数の業者に査定を出してもらうと良いでしょう。査定は無料で行っているところが多く、損をすることはありません。

実際に車を見てもらう

車一括査定では、査定を申し込むと各業者から連絡が来て実際に車の詳細をチェックしてくれます。

車一括査定サイトのフォームに、年式や走行距離などの車の情報を入力しますが、それらの情報ではあくまでも“相場”しか出すことができませんので、きちんとした買取価格を知るためには実際に車をチェックしてもらいます。

車のチェックは、お店に直接車を持ち込むか、業者に訪問してもらうかの2つの方法があります。

自分のタイミングで車を査定してほしいというのであれば直接お店に持ち込むのがベストですし、自宅近くにお店がない、お店に行く時間がないというのであれば訪問してもらうのがベストでしょう。

また、車一括査定を使ってたくさんの業者に車をチェックしてほしいというのであれば、いくつものお店を回るのは大変なので、訪問の方が楽です。

もちろん、すべての業者に査定をしてもらわなければならないというわけではありません。

全社に査定をしてもらうことも可能ですが、いくつもの業者を対応することができないという場合は、概算額を高く提示してきた業者をいくつかピックアップして、車をチェックしてもらうと良いでしょう。

車一括査定は、忙しくて時間がないという方も高く車を売ることができる便利な方法です。

「車の買い替えを検討している」、「車が必要なくなった」という方は、廃車を検討する前に、車一括査定を利用してみましょう。

査定をしてもらったら、絶対に売却しなければならないというわけではないので、車を売却しようか迷っているという方にもおすすめです。

長年共に生活をしてきた愛車ですから、最後の手放すときまで大切にしてあげましょう。