2020

2

Sep

事故車・故障車の基礎知識

更新日: 2020-09-02

これで完璧!軽自動車の廃車の手続きと注意点を徹底ガイド

ボロボロの軽自動車

この記事のポイント

  • 軽自動車を廃車にする際の手続き・費用を詳しく解説
  • 今後車を使う予定がない場合は廃車買取業者への依頼がお得
  • 軽自動車を廃車にする際の注意点についても紹介

事故に遭ってしまった、あるいは車に乗らなくなったなど様々な理由から、車を廃車にしたいと考える方も多いのではないでしょうか。

基本的に車を廃車にするにはお金も時間もかかりますが、軽自動車も例外ではありません。

この記事では軽自動車を廃車にする際に必要な手続きから費用、廃車にする際の注意点まで詳しく解説していきます。

また時間もお金もかけずに楽に軽自動車を廃車にする方法も紹介します。

この記事を読めば手間も費用もかけずに軽自動車を廃車にする方法が分かるので、ぜひ最後まで読んでください。

 

目次

軽自動車の廃車は2種類ある

両手にクエスチョンマークを持つ女性

軽自動車の廃車は大きく分けて「自動車検査証返納届」と「解体返納」の2種類があります。 それぞれ下記のとおりです。

  • 自動車検査証返納届:軽自動車の使用を一時的に停止する場合の手続き
  • 解体返納:軽自動車をスクラップ(解体)する場合の手続き

今後、軽自動車を使う場合は「自動車検査証返納届」を出しておきましょう。一方で車を使う予定がない場合は「解体返納」がおすすめです。

一時的に軽自動車を使わないからといって必ずしも「自動車検査証返納届」を出す必要はありません。しかし手続きをしておくことで、軽自動車税の支払いが免除されます。

  自動車検査証返納届 解体返納
目的 軽自動車の使用を一時中止する

軽自動車をスクラップ(解体)する

事前準備が必要な書類
  • 自動車検査証(車検証)
  • 使用者の印鑑
  • ナンバープレート(車両番号標)
     
  • 使用者の印鑑
  • 自動車検査証(車検証)
  • 使用済自動車引取証明書
  • ナンバープレート(車両番号標)
窓口で入手可能な書類
  • 自動車検査証返納証明書交付申請書・動車検査証返納届出書(軽第4号様式)
  • 事業用自動車等連絡書(※事業用として車を使用している場合のみ)
  • 軽自動車税(種別割)申告書(報告書)
  • 解体届出書(軽第4号様式の3)
  • 軽自動車税(種別割)申告書(報告書)
書類費用

350円

無料

解体(スクラップ費用)

なし

2万3,000円~4万円

ここからは実際の手続き方法について「自動車検査証返納届」と「解体返納」に分けて解説していきます。

自動車検査証返納届の手続きを解説

黒板とチェックマーク

ここではまず、自動車検査証返納届の提出を行うにあたって必要な手続きを解説していきます。

自動車検査証返納届:軽自動車の使用を一時的に停止する場合の手続き

手続きのおおまかな流れは以下の通りになっています。

  1. 必要書類の準備
  2. 管轄の軽自動車検査協会の確認
  3. ナンバープレートの取り外し
  4. 軽自動車検査協会での手続き
    ・必要書類の作成と登録手数料の支払い
    ・ナンバープレートの返却
    ・書類の提出
    ・書類の交付
    ・税事務所へ永久抹消の申告
  5. 保険の解約手続き
  6. 税金の還付手続き

手続きの流れが分かったところで、「事前準備」「軽自動車検査協会での手続き」「手続き後に行うこと」の3つに分けてみていきましょう。

事前準備編:書類等の準備

ここでは自動車検査証返納届を出すにあたって必要な事前準備について解説していきます。

  1. 必要書類の準備
  2. 軽自動車検査協会の確認
  3. ナンバープレートの取り外し

1.必要書類の準備

まずは必要書類の準備からです。事前に準備が必要なのは下記の3つの書類です。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 使用者の印鑑
  • ナンバープレート(車両番号標)

自動車検査証は原本が必要となります。もし紛失してしまった場合は、車を購入したお店に再発行してもらうか自分で再発行手続きをおこないましょう。

また印鑑については自動車検査証に記載の使用者の方の印鑑をもっていきましょう。ナンバープレートについては取り外しの際に注意点がありますが、後ほど解説します。

2.軽自動車検査協会の確認

軽自動車の廃車は軽自動車検査協会で行います。またどこの事務所でも手続きが行えるわけではなく、ナンバーによって管轄の事務所が異なります。

そのため手続きにあたっては事前に全国の事務所・支所一覧から確認しておきましょう。

ちなみに軽自動車検査協会は土日祝が休みなので手続きは平日のみとなっている点にも注意が必要です。

3.ナンバープレートの取り外し

ナンバープレートに関しては、自分で取り外しをしてはいけないので注意が必要です。もし勝手に取り外してしまった場合は違法になり、50万円以下の罰金が科せられます。

そのため、ナンバープレートを取り外す場合は業者に依頼しましょう。

またナンバープレートを取り外した車は公道を走ることができないため、当日の交通手段については事前に確認しておくことをおすすめします。続いて軽自動車協会での手続きについて解説していきます。

当日編:軽自動車検査協会での手続き

ここからは当日の軽自動車協会での手続きについてお伝えしていきます。当日の大まかな流れは下記のとおりです。

  1. 必要書類の作成と登録手数料の支払い
  2. ナンバープレートの返却
  3. 書類の提出
  4. 書類の交付
  5. 税事務所へ一時抹消の申告

Step1:必要書類の作成と登録手数料の支払い

まずは管轄の軽自動車検査協会にて下記の書類を入手して記入しましょう。

  • 自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書
  • 軽自動車税申告書
  • 申請手数料(350円)

申請手数料350円は当日窓口にて支払います。ちなみに「自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書」は下記ページよりダウンロード可能です。

自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書のダウンロード

Step2:ナンバープレートの返却

続いて、軽自動車検査協会のナンバー窓口に取り外したナンバープレート前後2枚を返却します。

Step3:軽自動車検査協会窓口で書類を提出する

ナンバープレートの返却が終わったら軽自動車検査協会窓口で下記の書類を提出します。

  • 自動車検査証返納証明書交付申請書・自動車検査証返納届出書
  • 車検証
  • 軽自動車税申告書

書類に不備がある場合は交付書類の受け取りに時間がかかるため、見本を確認しながら間違えや記入漏れなどがないように注意しましょう。

Step4:交付書類の受け取り

先ほど提出した書類に不備がなかった場合は、以下の証明書が交付されます。

  • 自動車検査証返納証明書
  • 軽自動車検査証返納確認書

こちらは軽自動車の使用を一時的に停止したあと、再度車を使用したいときに必要となるので紛失しないように大切に保管しておきましょう。

Step5:税事務所へ一時抹消の申告

最後に軽自動車検査協会内の自動車税事務所にある税申告窓口で軽自動車税申告書を提出しましょう。

この提出が終われば、翌年から軽自動車税の請求が止まります。これで当日の手続きは完了です。

続いて還付金の手続きについて解説していきます。

後日編:還付金の手続き

廃車を行うと、自動車重量税・自賠責保険・任意保険が還付されます。

ただし軽自動車の場合は税金の支払いが後払いになっているため自動車重量税の還付がありません。

還付金の詳しい手続きについては「廃車手続き完全ガイド!必要書類から還付金・注意点まで解説」を参考にしてください。続いて解体返納の手続きについて見ていきましょう。

解体返納の手続きを解説

申請書とボールペン

ここではまず、解体返納を行うにあたって必要な手続きを解説していきます。

解体返納:軽自動車をスクラップ(解体)する場合の手続き

手続きのおおまかな流れは下記のとおりです。

  1. 必要書類の準備
  2. 解体業者を探す
  3. 自動車の引き取り
  4. ナンバープレートを持ち帰る
  5. 軽自動車検査協会の確認
  6. 軽自動車検査協会での手続き
    ・必要書類の入手と作成
    ・ナンバープレートの返却
    ・書類の提出
    ・抹消登録証明書の交付
    ・税事務所へ永久抹消の申告
  7. 保険の解約手続き
  8. 税金の還付手続き

続いて同様に「事前準備」「軽自動車検査協会での手続き」「手続き後に行うこと」の3つに分けてみていきましょう。

事前準備編:書類等の準備

ここでは解体返納を行うにあたって必要な事前準備について解説していきます。

  1. 必要書類の準備
  2. 解体業者を探す・自動車の引取り
  3. 解軽自動車検査協会の確認

1.必要書類の準備

まずは必要書類の準備からです。事前に準備が必要なのは下記の4つの書類です。

  • 自動車検査証(車検証)
  • 使用者の印鑑
  • 使用済自動車引取証明書
  • ナンバープレート(車両番号標)

自動車検査証・ナンバープレートについてはさきほど説明をしているので省略します。解体返納の場合は自動車検査証返納届と比較して、さらに使用済自動車引取証明書が必要です。

使用済自動車引取証明書は軽自動車を引渡した際、引取業者から交付されます。

2.解体業者を探す・自動車の引取り

解体返納を自身で行う場合は車のスクラップ(解体)を行ってくれる解体業者を探し、自動車の引取りを依頼しなければなりません。

しかし解体業者はトラブルを避けるため個人での依頼を断る傾向にあります。また車の引取り費用は2万3,000円~4万円かかります。ただし車の状態が良い場合には3,000円~1万円の買取価格がつくこともあります。

またディーラーに依頼することもできますが、その場合は1~8万円の費用がかかるため、おすすめできません。

詳しい費用については「車のスクラップ費用とおすすめの方法を紹介!3つの方法を徹底比較」で解説しているので、参考にしてください。

ちなみに解体返納を行うにあたってナンバープレートが必要ですので、受け取りについて事前に確認しておきましょう。

3.軽自動車検査協会の確認

軽自動車の廃車は軽自動車検査協会で行います。またどこの事務所でも手続きが行えるわけではなく、ナンバーによって管轄の事務所が異なります。

そのため手続きにあたっては事前に全国の事務所・支所一覧から確認しておきましょう。

ちなみに軽自動車検査協会は土日祝が休みなので手続きは平日のみとなっている点にも注意が必要です。続いて軽自動車協会での手続きについて解説していきます。

当日編:軽自動車検査協会での手続き

ここからは当日の軽自動車協会での手続きについてお伝えしていきます。当日の大まかな流れは下記のとおりです。

  1. 必要書類の入手と作成
  2. ナンバープレートの返却
  3. 書類の提出
  4. 書類の交付
  5. 税事務所へ永久抹消の申告

Step1:必要書類の入手と作成

まずは管轄の軽自動車検査協会にて下記の書類を入手して記入しましょう。

  • 解体届出書(軽第4号様式の3)
  • 軽自動車税申告書

ちなみに「解体届出書」は下記ページよりダウンロード可能です。

解体届出書のダウンロード

Step2:ナンバープレートの返却

続いて、軽自動車検査協会のナンバー窓口に取り外したナンバープレート前後2枚を返却します。

Step3:軽自動車検査協会窓口で書類を提出する

ナンバープレートの返却が終わったら軽自動車検査協会窓口で下記の書類を提出します。

  • 使用済み自動車取引証明書(移動報告番号、解体報告登録日の記入、捺印がされたもの)
  • 解体届出書(軽第4号様式の3)
  • 車検証
  • 軽自動車税申告書

続いて交付書類を受け取ります。

Step4:交付書類の受け取り

先ほど提出した書類に不備がなかった場合は、以下の証明書が交付されます。

  • 軽自動車税申告書

最後に忘れないように自動車税の納付停止の申請を忘れずに行いましょう。

Step5:税事務所へ永久抹消の申告

最後に軽自動車検査協会内の自動車税事務所にある税申告窓口で軽自動車税申告書を提出しましょう。この提出が終われば、翌年から軽自動車税の請求が止まります。

後日編:還付金の手続き

廃車を行うと、自動車重量税・自賠責保険・任意保険が還付されます。ただし軽自動車の場合は税金の支払いが後払いになっているため自動車重量税の還付がありません。

ここでは軽自動車をスクラップする場合の手続きと費用についてみてきました。しかし、実は自分で手続きを行うよりもお得な方法があります。早速みていきましょう。

軽自動車を廃車にするなら、廃車買取業者への依頼がお得

車と電卓とお金

既にお分かりかと思いますが、車の廃車には手間も費用もかかってきます。特に車をスクラップにする場合は、費用の負担が大きいです。

繰り返しになりますが、車の解体を依頼した場合はおよそ2万3,000円~4万円かかるうえ、スクラップ業者は個人からの依頼を断る傾向にあります。

そこでおすすめなのが廃車買取業者への依頼です。廃車買取業者へ依頼すると廃車手続きを全て代行してくれるほか、場合によっては車を買い取ってくれます。

廃車買取業者に依頼するメリットは下記の通りです。

  • 費用0円⇒レッカー代無料・解体費無料
  • 面倒な手続きを無料で代行してくれる
  • 全国どこでも無料出張査定
  • 廃車にするような車でも買取価格がつくケースがある

ちなみに廃車買取業者へ依頼したいけれど、どの業者にすればいいか分からないという方には 「事故車買取ガイド!買取相場の調べ方から業者の口コミまで網羅」の記事がおすすめです。

上記の記事では廃車買取業者の特徴や買取実績、実際に使った方の口コミを解説しているので、ぜひ参考にしてください。最後に軽自動車を廃車にする上での注意点をまとめています。

軽自動車を廃車にする上での注意点

注意の文字が表示されたスマートフォン

ここでは軽自動車を廃車にするにあたっての注意点について解説していきます。

  • 軽自動車は自動車税の還付がない
  • 車の所有権について確認する

では一つずつ解説していきます。

軽自動車は自動車税の還付がない

繰り返しになりますが、普通自動車と異なり軽自動車は自動車税の還付がありません。というのも、軽自動車の場合、自動車税の納入が後払いだからです。

しかし自賠責保険・任意保険の保険料は還付されるので忘れずに手続きを行いましょう。

車の所有権について確認する

車を廃車にする場合、所有権を自分自身にしておく必要があります。そのため、譲り受けた車であったりローン返済中の場合は事前に名義変更が必要です。

ちなみにローンの返済中の場合は、所有者がローン会社またはディーラーになっているので、廃車にする際はローン会社またはディーラーと相談しましょう。

まとめ

この記事では軽自動車を廃車にする際に必要な手続きから費用、廃車にする際の注意点まで詳しく解説してきました。もちろん自分で手続きをすることもできますが、廃車買取業者に依頼すれば、時間もお金もかけずに廃車ができることがお分かりいただけたかと思います。

また廃車買取業者はどんな車でも0円以上の買取価格がつくため、少しでもお得に廃車をしたいという方は、ぜひ廃車買取業者の利用をおすすめします。

査定金額が「0」円の売れない車でも安心

値段がつかない車なら【廃車買取業者】がおすすめ!

完全無料!引取り代、レッカー代など料金は一切かかりません
手間がかかる廃車の手続きをぜんぶお任せ!楽に車を処分できます
事故車や故障車、走行距離が極端に長い車、車検切れでも【0円以上の買取保証】
自動車税などの還付金の受け取りも簡単!
壊れている車、動かない車、20万キロ以上乗っている車など、値段がつかない車を処分するなら、専門の廃車買取業者の利用が絶対におすすめです。

一括査定で複数社の見積りをカンタン比較!
愛車の最高額を今すぐチェック!

フォームステップ1 入力

ビッグモーター ガリバー カーチス カーセブン ネクステージ
シーボーイ ユーポス Car-bb.com オートベル カーズネット

一括査定なら、愛車の査定額が平均17万円もお得に!
申込み後すぐに相場額をお知らせいたします。
※複数社査定されたお客様の、査定最高額と査定最低額の差額平均額を算出
(当社実施アンケートより 2019年2月回答145件)

車種情報入力

45秒入力で、カンタン査定依頼。査定額を比べて、最高額で売ろう!

メーカー名

車種名

年式不明の場合はだいたいでOKです。

走行距離不明の場合はだいたいでOKです。

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

お名前

姓: 名:

お住まいの地域によって査定額が異なる場合がございます

郵便番号

〒番号検索

住所

郵便番号入力後、住所が自動入力されます  

早めの売却をご予定ですか?(2ヶ月以内)

お客様情報入力

もうすぐ!査定額がわかる!比較して最高額で売ろう!

希望連絡先(電話番号)

いたずら、なりすまし防止のために利用します。正しい番号をご入力ください。

メールアドレス

key icon

当サイトのご利用により、個人情報が許可無く公開されることは一切ございません。

株式会社エイチームライフスタイル

株式会社エイチームライフスタイルは、株式会社エイチーム(東証一部上場)のグループ企業です。
証券コード:3662

フォームステップ2 確認

一括査定なら、平均14万円もお得!

SMS認証

入力内容に問題がなければ
認証コードを入力してください

の電話番号に4桁の数字(認証コード)を送信しました。
携帯電話のメッセージアプリに届いている4桁の数字(認証コード)を
以下のフォームにご入力ください。

認証コード(4ケタ)

電話番号を修正する

※2分以内にSMSが届かない場合、通信エラーの可能性があります。

こちらから再送してください

再送可能まであと

利用規約プライバシーポリシーに同意の上

電話認証

認証が確認できました。

まだ申し込みは完了しておりません。
入力内容に問題がなければ、
「【無料】査定を依頼する」ボタンを
押してください

利用規約プライバシーポリシーに同意の上

査定依頼先

    もうすぐ  の相場がわかる!!

    ???万円

    ご利用規約 プライバシーポリシーに同意の上

    入力情報確認

    車種情報

    メーカー名

    車種名

    年式

    走行距離

    お客様情報

    お名前

    電話番号

    郵便番号

    住所

    早めの売却をご予定ですか?(2ヶ月以内)

    メールアドレス

    アンケート

    入力情報を修正する

    ご利用規約 プライバシーポリシーに同意の上

    SMS認証とは

    いたずら、なりすまし防止のために携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)を利用して、個人認証する方法です。

    次の「入力内容の確認ページ」に移動すると、携帯電話に4桁の数字(認証コード)が送信されます。メッセージアプリを開いて、届いている4桁の数字を確認して頂き、その数字を「認証コード(4ケタ)」のフォームに入力してください。

    カスタマーサポート

    SMSについてのご不明点は、カスタマーサポートにて承りますので、お気軽にお問い合わせください。

    無料

    0120-39-7296

    月~金 10:00~19:00

    ※本件システムは株式会社メディア4uの提供するSMS送信システムを利用しています。

    SMSが届かない場合

    SMSが届かない場合の詳細

    携帯電話のメッセージアプリに届いている4桁の数字(認証コード)をご確認ください。確認ができたら「認証コード(4ケタ)」のフォームにご入力ください

    カスタマーサポート

    SMSについてのご不明点は、カスタマーサポートにて承りますので、お気軽にお問い合わせください。

    無料

    0120-39-7296

    月~金 10:00~19:00

    ※本件システムは株式会社メディア4uの提供するSMS送信システムを利用しています。

    電話認証

    指定電話番号への発信による認証を行います。
    登録した電話番号から、下記の番号へ電話をおかけください。
    認証完了ガイダンスが流れたら[認証確認]を押してください。
    ※通話料かかります

    認証確認中

    Now Loading...