カンタンにまとめると!

  • AT車が主流の現在では、AT車の方が査定に有利!
  • スポーツカーなど「例外の車種」はMT車の方が高値がつく
  • AT限定の免許取得者が増え続ける限り、今後ますますMT車の需要は低くなる

シフトの違いが査定に響くの?!

車にはマニュアル車(MT車)とオートマチック車(AT車)といった種類がありますが、ほとんどの人がAT車なのでは?と言えるほど、日本の車市場はAT車が主流となっています。さて、このシフトの違いは、車を査定に出す場合に何か差が生じるのでしょうか。

AT車とMT車。シフトの違いは査定に影響するのでしょうか

市場は圧倒的にAT車に需要があります

1991年11月にAT限定免許の取得が可能になってから、日本国内では徐々にAT車志向が高まりを見せ、今では新車登録の約95%以上がAT車と言われています。これは世界一のパーセンテージとなっているようです。新車を購入する人は、ほぼAT車を選択しているということになります。また、新たに免許を取得する人も、仕事などに差し支えがない限りは多くの人がAT限定免許を選択しているようです。

この傾向は、中古車市場においても同じことが言えます。買取業者は買い取ったあとにより売れる車に高値をつけますので、AT車とMT車のどちらが査定に有利かとなるといえば、当然のごとくAT車ということになります。
ただし、一部の車種においては、例外ともいうべき傾向が存在しています。

スポーツカーはMT車が人気!

その例外にあたる車種がいわゆる「スポーツカー」です。スカイラインGT-Rやインプレッサ、ランサーエボリューションなどといったスポーツタイプの車は、MT車のほうが人気が高く、査定額においてもMT車の方が高値がつきます。車種によっては、その差は何十万円にのぼることもあるようです。

スポーツカーを好んで乗る人は、走りや車の操作そのものに満足感を求める人が多いようです。車との一体感や疾走感など、スポーツ性能を思う存分堪能するためにはAT車よりMT車のほうが秀でて優れているため、MT車が好まれるということです。

しかし近年は、スポーツタイプであってもマニュアルモード付きAT車が多くみられるようになりました。この先、3ペダルのMT車がますます減少する事が予想されます。需要に対し供給がほぼなくなれば、車の状態によっては購入時の価格を上回る査定額がつくかもしれないとさえ言われています。

ファミリーカーやセダンはやっぱりAT車が人気

ミニバンやワンボックス、セダンなどといったスポーツカータイプ以外の車種については、冒頭でも示したように、現在では圧倒的にAT車に需要があります。そのため、中古車としての査定額も必然的にAT車のほうが高くなり、MT車は売れない傾向からどうしても査定額は低くなってしまいます。

ファミリーカーとして毎日の街乗りに使用する場合の運転のしやすさや、機械操作に苦手意識のある女性や若者の多くがAT限定免許を取得するようになってきたことが、AT車の需要を後押ししているといえるでしょう。中には、若い頃からMT車しか乗ってこなかったからというこだわりでMT車を好むシニア世代もいるようですが、そのようなケースもごく少数といえるでしょう。

AT車が主流の今、需要はAT車の方が圧倒的に多いです

軽自動車の場合は?!

軽自動車についても同じ同様で、走っている軽自動車のほとんどがAT車という状況です。特に、女性をターゲットとした車種や女性からの支持の高い車種については、そもそもMT車の設定がないものも見られるほどです。しかし軽自動車の中でもスポーツタイプの車種においては、スポーツカーの入門用として若い人にも支持され、MT車が人気となっています。

このように、AT車が人気をほぼ独占している時代になりましたが、車種や求める性能によってはMT車の方が人気を獲得していることがわかります。しかしMT車を運転できる人はAT車も運転可能ですが、AT限定免許の人はMT車の運転ができないことを考えると、限定免許の取得を選ぶ人が増える限り、ますますMT車は必要とされなくなっていくのかもしれません。