2015

16

Nov

車査定の基礎知識

更新日: 2020-05-28

他社メーカーの車でもディーラー下取りOK!注意点と高く売る方法

OKしている女性

この記事のポイント

  • 他社メーカーの車でも下取りしてもらえる
  • 他社メーカーの車を下取りに出したからといって著しく条件が不利になることはない
  • 車を高く売りたいなら一括査定がおすすめ

車を買い替えるときに、現在乗っている車と異なるメーカーの車を検討する方もいらっしゃると思います。

しかしそんな時に「他社メーカーの車でも下取りしてくれるの?」という疑問がふと湧いてくるのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、ディーラーは他社メーカーの車でも下取りしてくれます。

というのも、ディーラーは下取りした車を自社販売するだけでなく、業者間オークションに出品し現金化するルートをもっているからです。

そのため他社メーカーの車であっても買い取ってもらうことができます。

この記事では「ディーラーが他社メーカーの車の下取りを行ってくれる」ことを前提として「他社メーカーの車をディーラーで下取りしてもらう上でのメリット・注意点」を紹介していきます。

また下取りよりもさらに車を高く売る方法についてもお伝えしていきますので、車を売却したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

一括査定で車を高く売る

目次

他社メーカーの車をディーラーで下取りしてもらうメリット

車を購入する場合、必ずしも同じメーカーでの乗り換えばかりではないかもしれません。そうした場合「下取りをしてもらえるのか?」という疑問をもたれるのは当然だと思います。

先ほどお伝えしたとおり、他社メーカーの車でもディーラーで下取りをしてもらうことができます。

ここでは他社メーカーで車を下取りしてもらう上でのメリットについて解説していきます。まずメリットは下記2点です。

  • 対策金が出ることがある
  • 下取りの価格が上がる場合もある

一つずつ解説していきます。

対策金が出ることがある

実は(新車購入時などは特に)他社メーカーの車を下取りに出すメリットがある場合もあります。

車種によりますが、メーカーから「○○からの乗り換え対策強化」と銘打って車種限定で下取り強化の対策金が出る場合も少なくないそうです。

これはライバルメーカーのライバル車種からの乗り換えを促すことで、自社の売上シェアを伸ばすことができるのを見据えてのことです。

積極的な施策ですが、購入検討中の人からすれば非常に心強いサポートに違いありません。

もちろん自社の車の既存ユーザーを囲い込むための値引きの上乗せ枠の設定も同様に行われています。

こういった事情を見ても、下取りは「商談を進める上での条件提示、値引きの一部」という面を強く感じることができるのではないでしょうか。

下取りの価格が上がる場合もある

他社メーカーの車を下取りに出した場合、条件的に著しく不利になるのではないかという不安を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、他社メーカーの車だからといって買取価格が下がるというわけではありません。というのも、下取り額を出す際にはどのメーカーもオークションの価格を基準に決定しているからです。

そのため、オートオークションで売れるであろう査定金額を算出して顧客に提示します。反対に、自社の顧客を増やすために下取り価格を上げるケースもあります。

ディーラーは通常メーカーから販売ノルマを提示されており、それをクリアすることで報奨金が出ます。そのため、少し下取り価格を上げてでも報奨金を獲得した方が利益につながるという実情もあります。

他社メーカーの車を購入する際の注意点

他社メーカー系列のディーラーに下取りに出すことにはメリットもありますが、注意点もあります。

他社メーカーに下取りに出すということは、いままで乗っていたメーカーの車とは異なるメーカーの車に乗ることになります。これまでと異なるメーカーの車を購入・乗るうえで注意しておきたいことは次の2点です。

  • サポート体制が異なる
  • メーカーによって操作性に違いがある

一つずつ解説していきます。

サポート体制が異なる

他社メーカーで下取りしてもらう上で、意外と見逃しがちなのが各メーカーによってサポート体制が異なる点です。

いずれのディーラーも充実したサポートを提供していますが、他社メーカーの車に乗り換えたあとで後悔しないようにあらかじめしっかりと確認しておきましょう。

主なメーカーとそれぞれのサポートは下記の通りです。

トヨタ
  • エンジンなど特別保証部品を5年または10万Kmのいずれか早い方まで長期保証
    ※その他一般部品でも3年または6万kmのいずれか早い方まで保証適用されます
  • メーカー保証終了後、万が一の故障でも無料で修理が受けられる「保証がつくしプラン」
  • メンテナンス情報などをネットワーク管理できる「トヨタサービスカード」
ホンダ
  • 無料6ヵ月点検(登録日から6ヵ月後
    (6ヵ月以内に走行距離が5,000kmを超える場合は5,000km時点)に無料で実施する点検)
  • 半年に1回ごとにプロが点検・整備、そしてエンジンオイル交換等を行ってくれる「まかせチャオ」
  • メーカー保証終了後も同程度の保証を2年間受けることができる「延長保証マモル」
日産
  • 電子診断機「コンサルト」を使用して故障診断を行う「コンピュータ診断」
  • テクニカルスタッフが、6か月ごとにEV診断・点検・整備を実施する「NISSAN EV あんしんプラス」
  • メンテナンスを一定期間おトクな料金で受けられる「メンテプロパック」
  • メーカー保証終了後でも保証を2年間受けられる「グッドプラス保証」

メーカーによって操作性に違いがある

当然のことですが、車のメーカーが異なると操作性も違ってきます。

例えば車の外観や内装・グレードが似ていたとしても、メーカーが違うだけで全く操作性が異なってきます。

購入後に「操作性や乗り心地が全く違う!」と後悔しないように、初めて乗り換えるメーカーの場合はまず試乗することがおすすめです。

車を高く売りたいなら、下取りよりも買取がおすすめ

ここまでで「他社の車であってもディーラーで下取りをしてもらえる」ということと、「それぞれのメリット・注意点」がお分かりいただけたのではないでしょうか。

ここからは車を高く売る方法についてご紹介していきます。というのも売却方法について知っているか知らないかで売却金額に大きく差が出てくるからです。

車を売る際には大きく分けて以下の3つの方法があります。

  • 下取り:新たに車を購入する際に、今乗っている車に値段をつけて引き取ってもらうこと
  • 買取:車買取業者に車を買い取ってもらうこと
  • 一括査定:複数の車買取業者に見積もりを出すこと

そのほかにも個人売買やオークションへの出品という方法がありますが、トラブルが多く、車の売買手続きに詳しい方向けの方法ですので、一般の方にはおすすめできません。

一般的に車の売却金額は一括査定>買取>下取りとなっています。

一括査定の売却金額>買取の売却金額>下取りの売却金額

そのため、できるだけ車を高く売りたいなら、ディーラーで下取りを行うよりも車買取業者に車を売却し、ディーラーで新車を購入する方がお得です。

その中でも複数の業者に査定を依頼し、最も高い査定額を出してくれる買取業者に売却するのが最も賢い方法です。

しかし、いくつもの業者に連絡して車の情報や売却予定時期などを伝えるのは、手間も時間も掛かってしまいます。そこでおすすめなのが一括査定サービスの利用です。

一括査定サービスを利用すると、たった一回情報を入力するだけで複数の業者に見積もりを依頼でき、車の高額売却を実現できます。

一括査定で車を高く売る

まとめ

この記事では、「ディーラーが他社メーカーの車の下取りを行ってくれる」ことを前提として、「他社メーカーの車を下取りをしてもらう上でのメリット・注意点」や「車をより高く売る方法」を紹介してきました。

他社メーカーで車を下取りして貰う場合は、メリットだけでなく新しく買う車の「サポート体制が異なること」「操作性が異なること」をしっかり頭に入れておきましょう。

また先ほど紹介したとおり、車を高く売りたいなら時間も手間も掛からない一括査定サービスもおすすめですので、ぜひ利用してみましょう。

ナビクル推奨!

買取相場価格より30万円以上高く車を売る方法

車の売却ディーラー下取りを選ぶのは失敗のもと!
車の売り方が車の売却額を決める!
複数の買取業者に競い合わせることが、高額買取の近道!
車買取業者は安く車を仕入れれば、それだけ利益を確保することができます。車を安く手放してしまわないためには「車を売りたい」と思ったらまず一括査定サービスを利用して、車の買取価格を複数業者に競わせることが重要。納得できる価格を引き出しましょう。
一括査定サービスを利用することで、平均相場価格より30万円~60万円高い査定額がでることもあります。時間がたつと車の買取相場が下がっていってしまうので、売りたいと思ったときには、すぐに価格を調べることをおすすめします。