「見積書」は契約前に必ずチェックしましょう。

見積書の確認は欠かさずに

車売却で損をしない為には、見積書を確認することが重要です。車の買取り査定は、見積書の内容をもとに行われます。見積書の内容によって、買取り金額が決定されると言っても過言ではありません。

そもそも見積書とは、車の買取査定額を算出する為に作成する書類のことです。一般的に、見積り査定が行われる際には、営業マンやディーラーが見積書を提示してくれます。提示された見積書の内容をもとに、車売却の契約をするか、契約をやめるかを決定することが出来るのです。

しかし、中には見積書を提示してくれない営業マンやディーラーもいます。そのような営業マンやディーラーの多くは、口頭で買取査定額を提示してきたりします。

この時、予想外の高価買取り額を提示されれば、つい契約を承諾してしまいがちです。でも、決して口頭で述べられた金額だけで契約を決めてはいけません。

車売却で契約を行う前には、必ず業者側に見積り書を提示してもらい、きちんと目を通すようにしましょう。

見積書を確認する意味とは

見積書の内容には、買取査定額を算出するにあたっての内訳が記されています。そのため、見積書を見れば、何故この買取査定額が提示されたのかを知ることが出来ます。内訳を知ることが出来れば、業者とユーザー間で納得のいく取引が成立しやすいと言えます。

また、見積書は、複数の業者に見積り依頼を行っている場合にも役立ちます。別の業者に提示してもらった見積書を他の業者に提示すれば、価格交渉などに応じてもらいやすくなるのです。

さらに、見積書を確認することで、業者の良し悪しを判別することも出来ます。業者の中には、見積書の内容の金額と実際の買取り金額が大きく異なる所もあります。そのような業者は、大抵、見積り書の提示を拒んでくるものです。

仮にそのような業者との取引で見積書に目を通さず契約してしまえば、見積書の内容よりも安い価格で車を売却してしまうことにもなりかねません。

そうならない為にも、必ず契約の前には見積書に記載された金額を確認しましょう。実際の買取り価格と見積書に記載された金額に差があれば、その業者との取引は避けた方が良いと言えます。

内訳内容をチェックしよう

業者に車の見積書を提示してもらったら、各内訳の金額をチェックしていきましょう。そして、どのような基準で算出した金額なのかなど、少しでも疑問に思った点は業者に確認するようにしましょう。

例えば、車の内層部を徹底的に掃除したにも関わらず、低い査定評価がついていたのであれば、そこは業者側に確認したいポイントですよね。確認することで、マイナス点をプラス点へと変更してくれる業者もいるようです。よって、買取査定額がアップする可能性もあるというわけです。

価格に響きそうな点は、納得がいくまで業者へ確認を行うようにしましょう。そうすることで、業者とユーザーに疑問や不満の残らない納得度の高い取引を成立させることが出来ます。

法定費用について

見積書でチェックするべきポイントの中に、法定費用というものがあります。
法定費用とは、諸費用として発生する税金や保険料のことです。
見積書に記載されている法定費用として、以下が挙げられます。
・自動車税…都道府県税として課税されるものです。排気量ごとに課税されます。
見積書には、登録月の翌月から年末月までの金額が記載されています。
・自動車重量税…車の重量ごとに課税される国税のことです。
車検の期間までの金額を事前に支払う必要があります。
・自動車所得税…車の所得に課税される都道府県税のことです。
取得費用のうち、軽自動車は3%、その他の自動車は5%の金額を課税しなくてはなりません。
・自賠責保険料…加入必須の保険です。車検の際、次回の車検までの保険料を支払う必要があります。
・消費税…2014年7月現在では、取得費用の8%の金額を納めなければなりません。

見積書の内容には、車の買取査定額だけではなく、上記の法定費用も記載されています。
買取査定額は、法定費用を踏まえた上で算出されているのです。

販売手数料について

見積書には、法定費用の他に、販売手数料も記載されています。
販売手数料とは、いわば業者の利益に当たる費用のことです。
販売手数料の主な内訳として、以下が挙げられます。
・納車費用…車売却の際、業者に車を取りに来てもらうことが出来ます。その際に発生する費用のことです。
自分で業者に車を届ければ、納車費用は発生しません。
・納車費…登録代行費用…車売却に伴う手続きを代行してもらう際に必要となる費用です。
車売却の手続きには、手間や時間がかかる為、代行で手続きを依頼するユーザーは多いようです。
・整備費用…買取り後に車を整備する為の費用です。中には、整備費用の掛からない業者もいます。
・車庫証明代行費用…車庫証明代行費用とは、業者が車を保持する為に必要になる費用です。
いわば、車を保管する為の登録費用と言えます。

なお、販売手数料は、業者によって内訳や金額が大きく異なります。
よって、事前に各業者の販売手数料を調べておくことをオススメします。

車両本体価格以外にも

車売却を行う際、私達は車の車両本体価格にこだわりがちです。しかし、実際の車売却には、車両本体価格のみならず、法定費用や販売手数料が発生してしまうことを理解しておきましょう。

見積書に目を通すことで、その金額を把握することが出来ます。なお、販売手数料の中には、削減出来るものも多く存在します。自分で出来ることがあれば、進んで行うようにしましょう。そうすることが、高額買取査定額を提示してもらう為の秘訣と言えます。