2017

31

Jan

車査定の基礎知識

更新日: 2020-05-28

外車・輸入車の買取価格を上げたい方必見!高く売る方法と相場の調べ方

外車の前で笑っている男女

この記事のポイント

  • 外車を売るなら、専門業者がおすすめ
  • 外車の買取相場の調べ方をレクチャー
  • 外車の買取価格が安い理由も紹介

外車を手放さなければいけなくなった際に、少しでも高く売りたいと考える方が多いのではないでしょうか。

しかし、外車の買取価格は国産車に比べて安い傾向にあります。そのため、「せっかく大切に乗ってきた外車なのに……」と残念に思われるかもしれません。

ただ、一般的には買取価格が低くなる外車であっても、高く買い取ってもらえる専門店を選び、適切な売り方をすれば、満足できる査定額が出る可能性がグッと高まります。

この記事では「外車の買取価格が安くなる理由」をおさえたうえで、「外車の買取相場の調べ方」や「外車ならではの査定基準」を解説します。

どこに売れば外車・輸入車を高く売ることができるのか、具体的な業者も挙げているので、ぜひ参考にしてください。

一括査定で車を高く売る

目次

外車・輸入車の買取価格が安い理由

日本車に比べ、販売価格の高い外車。当然、売却においても高価買取を期待してしまうでしょう。

しかし、実は外車の買取価格は思っているほど高くありません。

なかには、日本車よりも安い価格で買い取られてしまうケースや、買取不可というケースもあります。

外車の買取価格が安くなってしまう理由は以下の通りです。

  • 外車の需要が少ない
  • 維持費がかかる

ここでは、外車の買取価格が安い理由について解説します。

外車の需要が少ない

外車の買取価格が予想以上に安い理由として、まず需要が少ないことが挙げられます。

そもそも日本国内の新車販売における外車の比率は小さいのが現状です。

さらにそのうちの約6割を、メルセデスベンツやフォルクスワーゲン、アウディ、BMW等のドイツ勢が占めています。

そのため珍しい外車の場合は、買取相場自体が存在していないこともあります。ここから、いかに外車の需要が少ないかがお分かりいただけると思います。

維持費がかかる

国産車と比較して、外車はどうしても維持費がかかってしまいます。

例えば故障をした際はパーツを海外から取り寄せなければならなかったり、専門の修理工場に出向かなければならないなど、どうしても費用と手間がかかる傾向にあります。

さらに実際に「外車=故障が多い」というネガティブなイメージを持っている方も多いため、どうしても外車は敬遠されてしまいます。

結果として維持費が高く燃費の悪い外車は、一部のマニアックなユーザーにしか支持されないという状況になっているのが現状です。

そのため、いくら1,000万円を超える高級外車や希少価値の高い外車であっても、需要が低いことから高値での買取は期待しにくいといえます。

外車の買取価格が購入時の価格とかけ離れた値段であるのは、こういった理由からです。

外車・輸入車の買取相場の調べ方

ここまでで外車は国産車と比べて買取価格が低い傾向にあるというのがお分かりいただけたかと思います。

ここからは、実際に外車の買取相場の調べ方について紹介していきます。ここでは「BMW 3シリーズセダン」を例に見ていきましょう。

まずはナビクルのメーカーごとの相場ページに移動します。

そして愛車のメーカーを選択します。

メーカーごとの相場ページ

次に、車種を選択します。

車種

すると、「現在の買取相場価格」と「買取相場と下取り相場の推移」を見ることができます。買取価格は日々変わるので、必ず現在の価格を確認しましょう。

「現在の買取相場価格」と「買取相場と下取り相場の推移」

買取と下取りの違いについては、下記を参考にしてください。

  • 買取:買取業者や販売店に、新車の購入とは関係なく車を売却して現金を得ること
  • 下取り:販売店で車を購入する際に車を引き取ってもらい、車の購入に充てること

ここまでは「外車の買取価格が安い傾向にあること」と「外車の買取価格の調べ方」についてご紹介してきました。 次は外車を高く売るための方法についてご紹介していきます。

外車・輸入車を高く売る方法

ここからは外車を高く売るための以下の3つの方法について、おすすめの順番で詳しく解説していきます。

  • 輸入車専門の買取業者に売る
  • 一括査定サービスを利用する
  • 一般の車買取業者に売る

これ以外にもディーラーに下取りに出すという方法がありますが、こちらはおすすめできません。というのも、ディーラーの下取りは一般的に買取価格が安くなってしまうからです。

これは国産車だけでなく、輸入車に対しても同様です。

例えば次に購入する車として国産車を考えており、かつ下取りを希望しているケースでは、国産車を取り扱っているディーラーに持ち込まなければなりません。

しかし、国産車を取り扱っているディーラーは輸入車専門店と違って買取価格が安くなりやすいというデメリットがあります。

そのため、車を少しでも高く売りたい場合は「輸入車専門の買取業者に依頼する」か「一括査定サービスの利用」がおすすめです。

輸入車専門の買取業者に売る

結論からお伝えすると、最もおすすめの方法は外車を豊富に取り扱う輸入車専門の買取業者に売ることです。輸入車専門の買取業者は一般的な買取業者と異なり、輸入車の整備に必要な専門工具や設備を備えています。

また輸入車の専門知識をもったスタッフが在籍しているほか、豊富な販売ルートをもっているので適切な価格で買い取ってもらうことができます。

車というのは置いておくだけでもスペースを取りますし、メンテナンスなどの維持費も必要です。つまり買取業者にとっては、仕入れた車はできるだけ早く売りたいわけです。

輸入車専門店は一般的な買取業者と異なり、輸入車に特化した多様な販売ルートを抱えています。そのため、在庫を抱えて困るというケースがありません。

結果として、輸入車専門の買取業者は一般的な買取業者と比較して高価買取が期待できるという仕組みです。

ここでは代表的な輸入車専門店とその特徴をおすすめ順にご紹介します。

買取業者 おすすめ度 おすすめポイント 査定依頼・相談
外車王 ★★★★★
  • 豊富な査定実績
  • 中間マージンカットで高価買取
  • 高級車、スポーツカー、特殊なモデル、希少車から改造車まで幅広く買い取り
  • 店舗査定
  • 出張査定
  • WEB査定
  • 電話相談
ユニバース ★★★
  • 輸入車在庫台数は北陸でNo.1
  • 店舗での査定だけでなく、WEBやLINEでも査定OK
  • 店舗査定
  • WEB査定
  • LINE査定
  • 電話相談
リベラーラ ★★
  • 全国に店舗展開
  • 限定車、稀少車、多数オプション付き、ワンオーナー、低走行車両の高価買取が期待できる
  • 電話相談

外車王【おすすめ度:★★★★★】

外車王は査定件数年間15,000件以上と多数の実績があり、国内最大級のネットワークを誇っている輸入車・外車専門買取店です。

一般的な外車のほか、高級車、スポーツカー、特殊なモデル、希少車から改造車まで幅広く買い取りを行っています。

また中間マージンを極限までカットしているため、高価買取を期待できます。

さらに二重査定(査定金額の変更)が無いのも安心できるポイントの一つです。

「買取価格納得度」「また利用したい外車買取サービス」「紹介したい外車買取サービス」で1位を獲得しているので、どの買取業者にしようか迷っている方は、外車王をおすすめします。

ユニバース【おすすめ度:★★★】

ユニバースは中古車買取などを手掛けるネクステージが運営している正規輸入車専門店です。

輸入車在庫台数は北陸でNo.1を誇っているほか、圧倒的な販売力も特徴です。実際に日本全国にある車種別の専門店で、年間5万台以上を販売(輸入車も含む)しています。

店舗は北陸を中心に展開されていますが、店舗査定のほかWebやLINEでも査定を行っているため、近くに店舗がなくても外車を売ることができます。

特にLINE査定は「車名、グレード、年式、カラー、走行距離、事故歴の有無、お住まいのエリア、アピールポイント」の情報と「内装・外装の写真(なくても可)」を送るだけで、査定の概算額が分かります。

そのため「近所に店舗がない」「忙しくて査定の時間がなかなか取れない」という方におすすめです。

リベラーラ【おすすめ度:★★】

リベラーラは自動車業界最大手のガリバーが展開している輸入車専門店です。

全国に店舗展開しており、外車だけでなく国産車の買取も行っています。

最大の特徴は豊富な販路で、全国ネットを使って店舗でお客様に直接販売しています。そのため中間マージンを大幅にカットすることができ、高価買取が実現できます。

「近所に店舗がある」「できるだけ高く輸入車を売りたい」という方におすすめです。

しかし、実際には「時間がない」「手間も時間もかけずに車を高く売りたい」という方も少なくないのではないでしょうか。

次はそういった方におすすめの一括査定サービスを紹介していきます。

一括査定サービスを利用する

一括査定サービスの特徴は、たった一度の情報入力で複数の業者に車の査定を依頼できる点です。

車を少しでも高く売るためには複数の業者に査定を依頼することが大切ですが、それぞれの業者に査定を申し込むと時間も手間もかかってしまいます。

シェアNo.1の一括査定サービス「ナビクル」を使えば、最大10社に車の査定を依頼できます。

そのため、「忙しくてなかなか時間が取れない」「面倒なことは避けたい」という方におすすめのサービスです。

ぜひ利用してみてください。

ナビクルを使って車を高く売る

一括査定サービスの詳しい内容については、「一括査定サービスを使って車の高額売却を実現!利用の流れや注意点を紹介」で解説しているので参考にしてください。

一般の車買取業者に売る

次に乗る車として国産車を検討している場合、一般の車買取業者に外車を売ることを考えられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、輸入車専門の買取業者と比較して、一般の車買取業者は輸入車については詳しくないため、査定額が低くなってしまうこともあります。

そのため、乗り換えの車として国産車を考えている方でも一般の車買取業者に売ることはおすすめしません。

ここからは、外車ならではの査定基準について紹介していきます。

外車ならではの査定基準

通常、車は年式や車種、グレード、走行距離などによって買取価格が決まってきますが、実は外車ならではの査定基準があります。

  • 走行距離
  • 傷やへこみ

走行距離

例えば走行距離を例に取って見てみましょう。

「JAAI」(日本自動車査定協会)の査定基準によると、年式ごとに「標準走行キロ」が定められており、初年度登録からの年数×1万kmを基準にそれより走行距離が長ければマイナス、短ければプラス査定になります。

しかし、価格が安いクラスの外車は標準走行距離が短く設定されるので注意が必要です。

ただし、フェラーリなど超高級外車の場合は国産車に比べて走行距離が少し長いだけでも大幅なマイナス査定になるので、少しでも高く売りたい場合は、早めの売却がおすすめです。

ナビクルを使って車を高く売る

傷やへこみ

傷やへこみに関しては、国産車と比較すると同じくらいの価格帯の車種よりも1.2~2倍程度マイナスになる傾向にあります。

ただしこちらも走行距離と同様に超高級車の場合は大幅に査定額が減額されるので、普段から傷やへこみには気を付けておきましょう。

特に外車はそれぞれの車によって査定額が大きく異なるため、詳しい査定額を知りたい方はナビクルの相場ページで検索するのがおすすめです。

高く売れる車(リセールバリューが高い車)については「車のリセールバリューが落ちる瞬間は?ベストタイミングで売るコツ」でも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

ここからは、外車で買取額アップを狙えるオプションについて紹介しています。

外車で買取額アップを狙えるオプション

外車に乗っている方は特に車好きが多く、「フルオプション」を希望している方も少なくありません。

ここでは実際にどのようなオプションが買取額アップに繋がるのか、具体的なオプションを取り上げながら紹介していきます。

  • カーナビ
  • オーディオ
  • サンルーフ
  • 本革シート

カーナビ

外車の純正カーナビは国産車と違って規格サイズになっていないことが多いです。

また、エアコン操作や走行モードの設定などと一体になっていることもあります。

そのため、市販のカーナビと交換することが難しく、純正カーナビの場合は買取額アップが期待できます。

オーディオ

外車に限らず、そもそもオーディオが付いていない場合は査定額が下がってしまいます。

もちろんオーディオが付いているからといって査定額が大幅に跳ね上がるわけではありませんが、高級車の場合は数十万円相当のオーディオが付いていることもあります。

こういったケースではもちろん査定にプラスに働きます。

サンルーフ

サンルーフに加えてムーンルーフも買取価格アップに繋がります。というのも、後付けができない・解放感が味わえるといった理由から人気があるからです。

本革シート

本革シートも後付けができず、擦れや汚れ、傷がなければ高額査定に繋がりやすいオプションです。

逆にいえば、損傷がある場合は査定にマイナスに働いてしまいます。高級外車の場合はもはや標準装備になっていることも多く、高級感をアップさせる装備品として人気です。

オプションについては「買取額アップの秘訣!車査定で評価されるオプションと賢い売却法」の記事もおすすめです。最後に、外車を売る際の必要書類について解説していきます。

外車を売却する時の必要書類

外車を売る際も、必要書類は国産車と同じです。

  • 自動車検査証
  • 自賠責保険証明書
  • 自動車リサイクル券
  • 振込口座情報
  • 自動車納税証明書
  • 印鑑登録証明書
  • 実印
  • 譲渡証明書
  • 委任状 (任意)
  • メンテナンスノート(任意)

ちなみに「譲渡証明書」と「委任状」については車買取店にあるので、事前に準備する必要はありません。

車を売る際の詳しい書類については「【初心者必見】車売却時の必要書類と賢く売るための事前準備を紹介」で詳しく解説しているので、ぜひ目を通しておいてください。

まとめ

この記事では、「外車の買取価格が安くなる理由」と「外車の買取相場の調べ方」や「外車ならではの査定基準」を解説してきました。

さらにどこに売れば外車・輸入車を高く売ることができるのか、具体的な業者についても挙げています。

外車・輸入車をできるだけ高く売りたい方は、輸入車専門の買取業者の利用がおすすめです。

また一括査定サービスを使えば時間も手間もかからず複数の業者に査定依頼ができるので、そちらも是非利用してみましょう。

ナビクル推奨!

買取相場価格より30万円以上高く車を売る方法

車の売却ディーラー下取りを選ぶのは失敗のもと!
車の売り方が車の売却額を決める!
複数の買取業者に競い合わせることが、高額買取の近道!
車買取業者は安く車を仕入れれば、それだけ利益を確保することができます。車を安く手放してしまわないためには「車を売りたい」と思ったらまず一括査定サービスを利用して、車の買取価格を複数業者に競わせることが重要。納得できる価格を引き出しましょう。
一括査定サービスを利用することで、平均相場価格より30万円~60万円高い査定額がでることもあります。時間がたつと車の買取相場が下がっていってしまうので、売りたいと思ったときには、すぐに価格を調べることをおすすめします。