沖縄で中古車を売却したい

沖縄では自動車が必要不可欠

沖縄の交通手段は、自家用車がメインとなっています。本島の那覇市や浦添市、宜野湾市や沖縄市には国道58号線や国道330号線といった主要道路が通っており、交通量が多いことで有名です。

渋滞率は、全国ワースト5位に入るといわれています。なお、沖縄の道路ではアスファルトに石灰石が使用されていることが多く、滑りやすいのが特徴です。雨の日は一層滑りやすくなるため注意が必要です。

そのため、沖縄の自動車の多くにはABS(アンチロック・ブレーキシステム)が装備されており、車両の進行方向やハンドル操作の安定性が保たれています。

よって、沖縄の中古車市場ではABSが装備されている車両のニーズが高く、高額査定へ繋がりやすいという特徴があります。 なお、沖縄は高速道路におけるETCの普及率が低い傾向にあり、高速の料金所では清算による混雑・渋滞が多く見かけられます。

そのため、近年ではETCが装備されている中古車の需要が高く、高価買い取りを期待することができます。

沖縄で人気の中古車ランキング

沖縄の中古車市場で人気の高い3つの車種を紹介します。

ワゴンR(スズキ)

スズキ最量販の軽自動車であるワゴンRは、1998年に登場して依頼、絶大な人気を誇っている車種のひとつです。93年式は潔く新鮮な直線基調の外観が特徴的。軽自動車とは思えない広々した室内と機能的なリヤシートで、乗り心地や使い勝手も抜群です。

2008年式の4代目ではホイールベースが2400mmに拡大され、走行性や乗り心地にさらなる安定感が加わりました。2012年式の5代目ではアイドリングストップ機能の改良などによって燃費性能が向上し、JC08モード燃費で28.8km/Lを実現。

燃費性、居住性、積載性など、あらゆる分野に偏りのない使い勝手の良い車といえます。そんなワゴンRの買い取り相場は、約1万円から218万円です。年式の古いものと新しいもので買い取り価格に大きな差がつきます。また、オプション装備や走行距離なども査定額に大きく影響します。

インプレッサXV(スバル)

インプレッサXVは、スバルを代表する車種・インプレッサのスポーツモデルをベースに2010年に登場した5ドアハッチバックです。

SUV車風の外観ながら全高は1550mmに抑えられており、立体駐車場への駐車も可能。そのため、都心部のユーザーも難なく乗りこなすことができます。2012年に登場した2代目にはスバルならではの水平対向4気筒2リッターエンジンが搭載されており、パワフルな動力性能が魅力です。

また、アイサイト機能が搭載されており、衝突事故の危険が迫ると警報を発し、回避操作が行われないときには自動的にブレーキが作動します。適度な車間距離を保つクルーズコントロール機能も搭載されているので、衝突事故の多い沖縄でも安全運転が可能です。

そんなインプレッサXVの買い取り相場は、約60万円から297万円です。査定に大きく影響するのはオプション設備や走行距離。

オプションが充実している上に10,000km以内の走行距離であれば、200万円以上の高額査定が期待できます。2014年式のハイブリッド車も高価買い取りの対象となります。

ムーブ(ダイハツ)

ダイハツのムーブは、ミニバンスタイルを取り入れた人気の軽自動車です。1995年の登場以降、絶大な人気を誇っています。4代目となる2006年式は、ワンボックスカーのような開放的なデザインが特徴的。

全てのグレードにFFと4WDの駆動輪が用意されています。軽自動車とは思えない居住性や乗り心地の良さから、年式を問わず中古車市場で人気があります。

買い取り相場は約10万円から185万円で、年式が新しいほど買い取り価格がアップします。また、走行距離やETCやカーナビなどのオプション装備でも、査定額が数十万円以上変動します。

2010年式や2011年式といった比較的古いモデルでも、素行距離が10,000km未満であったりオプション装備が充実していれば、100万円以上の買い取り価格を期待することも可能です。

沖縄で軽自動車が人気の理由

前項での結果を見てわかる通り、沖縄では軽自動車の需要が高くなっています。沖縄で軽自動車が人気の理由としては、「税金が安く済む」「燃費が良い」といったものだけでなく、「沖縄の道が狭い傾向にある」「沖縄には軽自動車専用の駐車場が普及している」といった沖縄ならではの理由も挙げられます。

沖縄で中古車を売却する方法

沖縄で中古車を売却する際には、一括査定サイトの利用がおすすめです。

一括査定サイトを利用すれば短時間で複数の買い取り業者に買い取り査定をしてもらうことが可能です。自分の目で買い取り相場を把握できる上に、最も査定価格の高い買い取り業者に車を売却することができます。