長崎県の中古車高価買取のポイント

離島でも車は重要な移動手段!長崎県の車事情

長崎県には大小さまざまな離島があり、そのすべての島々が長崎県に属するため、見た目以上の面積を誇ります。 本土だけでなく、そういった離島に暮らす人々の生活の足としても、車は欠かせないものとなっているのです。

長崎県の1世帯あたりの乗用車普及台数は1.087 台、県全体での保有台数は682,675 台(平成27年3月末現在)となっており、全国平均を上回っています。 都市部では道路が発達し、バスや車で移動することが多い県でもあるのです。

警視庁とJAFが平成26年10月に行った「シートベルト着用率の」調査では、長崎県のドライバーの着用率が99.5%と全国1位に輝きました。 車での移動が身近になっており、安全意識も高い長崎県では、事故を未然に防ぎ安全運転をアシストするような車種に人気が集まっています。

長崎県中古車人気ランキング

ワゴンR(スズキ)

扱いやすく小回りがきくワゴンRは、長崎県でも人気の車種です。 騒音を抑えた設計のR06A型エンジンや、アイドリングストップ中もエアコンの涼しさをキープする「エコクール」で走行中や停止中の快適性をアップしています。

また、室内の安全性をより高めるために新軽量衝撃吸収ボディー「テクト」を採用し、事故の際に予測される衝撃を緩和。 ドライバーのみならず、助手席や後部座席の安全にもこだわっています。

また、ピラーやルーフサイドの内側に衝撃吸収材を内蔵することで、頭部への衝撃を和らげる「頭部衝撃軽減構造インテリア」やチャイルドシート固定用のアンカーを標準装備。 大切な家族を乗せるための車として、安全意識の高い長崎県で人気です。

マークX(トヨタ)

トヨタから販売されている4ドアセダン型乗用車です。 同社から販売されていた「マークⅡ」の後継車種として登場し、流線形のX型のロゴをフロントグリルにあしらったデザインが伝統となっています。

スムーズな変速でドライバーのフィーリングを走りに投影できる「スーパーインテリジェント6速オートマチック」を採用。 走行モード制御スイッチと併せて、どんな道でも快適に走ることを追求した車種といえるでしょう。

スポーツセダンとして原点回帰を行ったともされ、「大人の楽しみとしての車」として人気です。 エンジンやブレーキ、ステアリングなどをシステムとして統合制御し、不測の事態を未然に防ぐシステム「VDIM」が、ドライバーも予測できない車の動きを精密に制御してくれます。

ムーヴ(ダイハツ)

ダイハツ工業から販売されている軽トールワゴンです。 ムーヴにはいくつかの派生車種がありますが、長崎県ではスタンダードなタイプのムーヴに人気が集まっているようです。 スズキのワゴンRと並んで軽ワゴンの人気車種であり、豊富なカラーリングで女性層からも支持を得ています。

軽ならではのコンパクトさを感じさせない室内インテリアには、ドライバーに嬉しいこだわりが満載。 前方の車両を感知する「衝突回避支援ブレーキ機能」や、歩行者の動きも認識して知らせてくれる「衝突警報機能」など、事故を未然に防ぐためのアシスト機能もしっかり装備。

最小回転半径4.4メートルの小回りで、狭い駐車場での駐車や車庫入れがスムーズに行えます。 観光施設や温泉が多く、駐車場に車を停める機会が多い長崎県では需要が高まっているのかもしれません。

長崎県で高価買取につながる車は?

本土でも離島でも、安全性能が高く小回りの利く車種が人気を集めているようです。 長崎県で高価買取につながる車種は、軽自動車や軽ワゴンなど小さめの車なのかもしれませんね。

軽自動車は女性や高齢者にも扱いやすく、ドライバーの年齢層が広くなっている現代では中古車の需要も大きくなっています。 一括査定サイトでたくさんのショップの査定額をチェックして、納得できる買取を目指しましょう。