山形県で車の高価買取を実現するためには

温暖な豪雪地帯山形県では、安全とエコが車選びのポイント

山形県は中部地方でも有数の豪雪地帯とされますが、気温も高く、積もった雪が溶けて路面凍結が起きやすい地域です。 雪が積もった道や凍結した道といった悪路を問題なく走行できる車の需要が高いといえるでしょう。

県民の生活の足としても車は必需品とされ、1世帯あたりの普及率は1.678台と全国3位になっています。(平成27年3月末現在) 寒い冬には「外気に身体をさらす時間が短い移動手段」としても使われ、通勤や通学の手段となっているのです。

また、「山形県において自動車は生活に必要不可欠なものである」という理念のもとに「エコ通勤・エコドライブ推進県民運動」や「次世代自動車充電インフラビジョン」といった事業が計画されており、山形県は自家用車への関心が強くなっています。

県自体がエコへの意識が高い車や電気自動車の普及を推進しているので、中古車買取を考える場合にはそういった面も参考にしてみましょう。

山形県で人気の中古車ランキング

ワゴンR(スズキ)

スズキから販売されている軽ワゴンで、軽自動車の弱点である狭さを「高さを高く取る」ことで解消したモデルです。 地面からワンステップの高さに設計してあるため、子供や高齢者が安全に乗り降りできるとしてファミリー層に人気があります。

前方車両との距離をレーダーで察知し、危険だと判断した場合に自動ブレーキがかかる「レーダーブレーキサポート」で、衝突の危険を軽減。

レーダーブレーキサポートは国土交通省とNASVA(独立行政法人自動車事故対策機構)が設定した安全基準をクリアした証である「ASV」を獲得しています。

減速時のエネルギーを利用して発電する「ISG(モーター機能付発電機)」や加速時にエンジンをアシストする「S-エネチャージ」など、スズキの研究したエコロジーなシステムが満載のエコカーは、「エコ通勤・エコドライブ推進県民運動」が行われている山形県で高い人気を誇っています。

ジムニー(スズキ)

ジムニーは、スズキが1970年代から販売している軽のオフロード車。 軽サイズのボディでありながら、タウンからアウトドアまで快適に走行できる大口径のタイヤやリンクリジットサスペンションが特徴的。

ジムニーの伝統であるラダーフレームを受け継ぎ、悪路を走行するときも衝撃をしっかり吸収してくれます。 これにより走行性能や室内の静粛性が高まり、雪道や凍結した道でも快適なドライブが期待できます。

フロントウィンドウとサイドウィンドウの面積が広いジムニーは、ドライバーの視界をさらに広げます。 運転席のアイポイントを高く取ることでより遠くまでを見通せるようになり、安全性を確保。悪天候の日の事故軽減につながります。

ソリオ(スズキ)

ワゴンRの発展形ともいえる、スズキのコンパクトトールワゴンです。 ワゴンRの全長、全幅をひとまわりほど大きくしたモデルであり、ワゴンRの売りの1つであった収納性も受け継いでいます。

使い勝手を考えたインパネボックスやグローブボックスなど、随所の収納にこだわった車種です。 ワゴンRにも搭載されている「レーダーブレーキサポート」のほか、さらなる燃費の向上と小型化、軽量化を追求した「K12デュアルジェットエンジン」を採用。 エンジンの小型化により、室内空間をより広くすることに成功しています。

大荷物でも指先ひとつで開閉できるスライドドアや、バック駐車に役立つ全方位モニターなど、ファミリーみんなに嬉しい機能が満載です。

山形県で車の査定をするときにしておきたい準備

乗用車に対する意識が高く、独特の気候に対応した車やエコロジーな車の人気が高い山形県。 車を売るときは、その車に搭載された機能のこともチェックしてみましょう。

1世帯で車を2台所有していることも多い山形県は、女性ドライバーが中古車を購入すること可能性があります。 バンパーやドアなどの傷はもちろん、シートやハンドルといった内装をきちんとキレイにしてから買取に望むと、高価買取につながるかもしれません。

万全の準備を整えたら、一括査定サイトでたくさんのお店に査定を申し込んでみましょう。せっかくキレイにした車ですから、少しでも高く買い取ってくれる買取店舗を見つけたいものです。